お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 働き方

職場で男性からの好感度の高い人VS低い人「高い:目立たないことを黙々と実行」

容姿に関係なく、職場で誰からも好かれるタイプの女性っていますよね?「自分もあの人のように好感度の高い女性になりたい」と思っている女性もきっと多いことでしょう。そこで、職場で男性から見た女性の好感度について分析してみましょう。

【初対面の好感度がアップする!表情の作り方】

■ファッションはシンプルに

男性の気を引こうとお化粧や服装にこだわる女性が多いようですが、男性から見るとこれは全く逆効果です。職場では、第一に清潔感があり、なおかつ素朴な外見が好まれるのです。毎日顔を突き合わせて仕事するだけに、ケバケバしく飾り立てる必要はありません。

白を基調としたシンプルなファッションが好感度を高める第一条件といってよいでしょう。

■明るい挨拶ができる人

男性がひかれる女性には、「明るさ」と「挨拶」が重要なポイントです。朝の「おはようございます」から帰りの「お疲れさま」まで、何気ない日常の挨拶を「明るく・元気よく・笑顔で」できる女性は、意外と少ないものです。

誰にでもできることなので、まずは挨拶の仕方から見直してみましょう。

■何気ないしぐさの魅力

男という生き物は、女性の何気ないしぐさに魅力を感じてしまうものです。例えば、書類を手渡すときに両手で丁寧に渡すとかになります。しかもその書類に付箋メモで一言添えてあったりすると、相手への好感度はぐんと急上昇します。

さらに、話しかけた際に、相手の目をじっと見つめ返してくれる女性にも親近感が増すようです。

■目立たないことを黙々と実行

細かいことや誰もが気付かない事柄を率先してやれる女性は、好感度はもちろん職場内での評価が高くなります。例えば、朝早く出勤して掃除をしたり、花瓶の花を変えたり、誰かから指示されたわけでもないのに、目立たないことを黙々と実行できる女性は、優しくて真面目な性格の持ち主との評価を受けることが多いですね。

■意外性も好感度アップの要因

職場で好かれる女性のタイプは、「文字が綺麗・言葉遣いが丁寧・物腰が柔らかい・明るい」などですが、決して堅物ではなく、飲み会などでは下ネタにも応じる意外性がある点も好感度を上げるポイントです。普段とのギャップが逆に女性の魅力をアップする効果があるようです。

お役立ち情報[PR]