お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 エンタメ全般

子どものころハマった男性アイドルは? 30代女性は「光GENJI」「SMAP」

仕事・恋愛・ライフスタイルなど、「まわりの女子の実態はどうなの?」に迫ったコラムです。働く女子だからこそ気になっているあんなコトやこんなコトを毎日配信中!

女性らを魅了する男性アイドル。テレビ番組で胸を射抜かれコンサートへ足を運んだという人もいるのでは。前回は20代女性たちの「昔ハマっていた男性アイドル」を紹介しましたが、もうひとつ上の世代となる“30代の女性”たちは、どのようなアイドルにハマっていたのでしょうか? 30代の女性のみなさんに、子どものころにハマった男性アイドルについて聞きました。

■光GENJI

「小学校から中学校くらいにかけてずっと大好きで、CDは今でも全部持ってます! 友だちと『誰が好き?』という話題で毎日のように盛り上がってました。毎回同じ話題なのになんで飽きなかったんだろうと今でも不思議」(39歳/教育)

“光GENJI”としての活動期間は1987~1995年。驚異的人気を誇ったスーパーアイドルグループとして今も語り継がれています。当時を知らない人でも、『パラダイス銀河』や『勇気100%』などの曲は知っている人も多いかも?

■男闘呼組

「好きだった時期でいうとほんの一瞬だった気がしますが、本当に本当にハマりました。とくに岡本健一さんのファンで切り抜きは今でも大事にとってあります。息子さんがジャニーズでデビューしたって聞いたときは、自分の年齢も忘れてつい追っかけしそうになりました。旦那に止められて断念しましたけど(笑)」(38歳/飲食)

前田耕陽さんら4人で結成、1985年にデビューしたグループ。当時のアイドルとしてはとくに珍しくバンド形態で活動し、『TIME ZONE』などのヒット曲を生み出しました。

■SMAP

「中学校になると、親と一緒によく東京へコンサートを見に行っていました。なかでも慎吾ちゃんが好きで、当時はテレビ番組も全部録画していたので、実家にはVHSが山のようにあります。今はそこまで狂愛してはいないものの、出演番組は常にチェックしています」(34歳/飲食)

現在は国民的アイドルグループとして不動の人気を確立。今回の調査でも「昔も今も変わらずに好き」という声が特に多く聞かれたグループでした。

■TOKIO

「何気なく見ていたアニメのオープニング曲が、TOKIOのデビューシングル『LOVE YOU ONLY』で、それをキッカケにハマりました。素人目なのでアレですが、シングルの枚数を重ねるたびどんどんバンドとしての一体感や技量が上がってる気がして、ワクワクできました」(31歳/出版)

前述の男闘呼組が解散した翌年、新たに誕生したバンド形態のアイドルグループ。『ザ!鉄腕!DASH!!』での素朴な姿など、ほかのアイドルとは一風変わった魅力を見せていることでも人気です。

ほかにも、忍者、CHA-CHA、V6などの声も挙がりました。また、特筆すべきはKinKi Kids。20代編に続き、30代でも一定の票数を獲得しており、主に20代後半から30代前半という幅広い世代の女性を虜にしていたことがわかりました。みなさんは子どものころ、どんなアイドルにハマりましたか?

(佐藤真由+プレスラボ)

お役立ち情報[PR]