お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

あなたの初恋の人はどんな人?「中学校の理科の先生」「小学生の同級生。たまに夢で見る」

初恋の相手と言えば幼なじみや転校生、学校の先生といった比較的身近な存在が対象となることが多いもの。たとえ大人になっても、その頃の記憶はいつまでも大切な思い出として残ることもありますよね。そこで今回は社会人の男女にアンケートをとり、自分の初恋の相手を教えてもらいました!

【チャンスがあれば初恋のカレに会いたい?「41%の女性は高校時代の初恋相手に会いたい!」】

■初恋の相手は人気者

・「小学生のときのクラスのマドンナ。運動会のダンスのときに手をつなぎたかった」(43歳男性/食品・飲料/クリエイティブ職)

・「中学校の理科の先生。女子みんなの憧れでした」(31歳女性/医療・福祉/専門職)

・「転校生で、リーダーシップがあって、運動が得意だった人。学級で行うゲームでその人と近くになったとき、すごく緊張した」(23歳女性/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

同級生と言う回答は非常に多かったです。誰からも好かれるような人はクラス内でも目立つので、つい気になってしまうのかも。

■すてきなスポーツマン

・「スポーツ万能のイケメン。見ているだけで幸せだった。かわいい初恋だった」(28歳女性/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

・「野球少年。クラスで一番モテていたので、好きなことを隠し通していた」(24歳女性/小売店/販売職・サービス系)

スポーツがうまい人をあげる回答も多かったです。スポーツ中だと普段とは違った一面も見られて、さらにカッコよくみえるのかもしれませんね。

■思い出は思い出として

・「純粋で優しい人。楽しいときを過ごさせてもらって感謝」(31歳男性/機械・精密機器/技術職)

・「背の低い色白のかわいらしい女の子。恐ろしくて今会う気にはとてもなれない、たぶんおばさんになっていると思うから。小学生のころの思い出は美しいままとっておけばいいのです」(43歳男性/情報・IT/クリエイティブ職)

・「小学生のときの同級生。たまに夢とかで見るといまだにどきどきしてしまう」(37歳男性/情報・IT/技術職)

会ってみたいという気持ちは少なからずあるものの、それで綺麗な思い出が失われてしまうのなら今のままの方が良いという選択も。ひとりで妄想するだけなら、誰にも迷惑はかかりません!

■いつまでも特別な存在

・「保育園の友達。結婚の約束をしてたらしい。お互い別々の人と結婚しましたが今でも親友です」(30歳女性/医療・福祉/専門職)

・「優しく、周囲に対する気配りが行き届いた人。その人以上に好きになれる人がおらず、困っている」(27歳女性/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

初恋の人の存在は、少なからず結婚相手選びに影響しているのかも。思い出に振り回されずにしっかりと現実をみることも重要ですね。

今回の結果では、多くの初恋話を聞くことができました。あなたもたまにはふと初恋の相手のことを思い出して、妄想に浸ってみるのもいいかもしれませんよ。

※『マイナビウーマン』調べ。2014年12月27日~1月6日にWebアンケート。有効回答数542件

お役立ち情報[PR]