お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

暴露! 言えなくてモヤモヤしている、彼女に直してほしいところ「鼻をすする癖」「友人からのお土産を捨てる」

携帯をさわる女性「ここだけは直してくれないと、これから先が思いやられる……」なんて内心思いながらも、面と向かってはなかなか女性に言えないことが、男性にはたくさんあるようです。そこで「彼女に直してほしい癖、言動」を男性に聞いてみました。最近、彼とあまりうまくいっていない女性も必見です。

【デート中、彼に「ここだけは直して!」と思うこと「音を立ててパスタ」「夢の世界でオナラ」】

■あえて言わないけれど、「片付け」はきちんとしてほしい

・「片づけできないところ。親を呼んで片づけてもらうくらいなので」(29歳/運輸・倉庫/技術職)
・「片付けをなかなかしないところ」(30歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)
・「苦手だからといって一切やらないというのはやめてほしい」(29歳/機械・精密機器/事務系専門職)

片づけ上手、または清潔好きな男性から見ると、我慢ならなくなるのが「彼女の片づけなさ」。彼女の部屋は、結婚したときの家のイメージにもつながります。もし彼氏と結婚を考えているなら、なおさら部屋は片づけておいた方がよさそうです。

■指摘しづらい、こんな癖はやめてほしい……

・「くちゃくちゃ音を立ててご飯を食べる癖」(28歳/運輸・倉庫/技術職)
・「食べているときくらい携帯をいじらないでほしい」(30歳/商社・卸/営業職)
・「鼻をすする癖。気持ち悪い。でも言うと面倒なことになるから、聞こえないように食事のときはテレビを大きくかけたり、車でも音楽をかけるようにしています」(31歳/学校・教育関連/営業職)

食事中に音をたてる癖や、女性らしさが台無しになる癖、マナー違反な行動などは、指摘したくとも「女性が傷つきそう」だと感じ、男性はなかなか言えないのだとか。確かに女性同士でも、こんな癖は指摘しづらいですよね。自分で気づいて直すしかないかも!?

■女性の柔軟すぎる言動は、振り回されるのでやめてほしい

・「曖昧な表現を少し減らしてほしい」(26歳/建設・土木/技術職)
・「意見がコロコロ変わって振り回されること」(27歳/自動車関連/事務系専門職)

女性が何を思っているのか、どうしてほしがっているのか、察したいと思うからこそ、女性の曖昧な表現やコロコロ変わる意見にげんなりしている男性も。彼氏が気を使うタイプなら、こんな柔軟すぎる言動は直した方がいいかもしれません。

■喜怒哀楽が激しいところ、汚い言葉遣いは直してほしい

・「車に乗ったとき、運転マナーが悪い車に対しての言葉遣いが汚い」(31歳/医療・福祉/専門職)
・「喜怒哀楽が激しいところ」(31歳/機械・精密機器/技術職)
・「何気ない普段の会話でもすぐに怒ること」(29歳/商社・卸/事務系専門職)

すべての女性という訳ではありませんが、中には感情が高ぶると抑えられなくなる女性もいます。癒やしを女性に求める男性には、確かにちょっぴりつらいかも!? 直そうと思って、直せるものではないかもしれませんが……。

■失礼な言動を平気でするところを、直してほしい

・「言葉遣いが悪く、何気なく相手に対して失礼なことを言う」(28歳/その他/技術職)
・「友人からのお土産を笑顔でもらっといて、家に帰って捨ててしまうこと」(32歳/運輸・倉庫/販売職・サービス系)

協調性やマナーを大切にする男性には、女性の「失礼な言動」が、時に許せないものに映るようです。天然でどうしてもやってしまう人なら仕方ないかもしれませんが、そうでないなら積極的に直しましょう。

男性が思う「彼女に直してほしいところ」は、意外と常識的なことばかりでした。当たり前のことを当たり前のようにできる女性になれば、ひとまず男性は合格ラインと認めてくれるのかもしれませんね。もし当てはまっていることがあるなら、彼のために積極的に直してあげましょう。

(ファナティック)

※マイナビウーマン調べ(2013年12月にWebアンケート。有効回答数127件。22歳~34歳の社会人男性)

お役立ち情報[PR]