お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 エンタメ全般

70年代に発表された白泉社の人気マンガは?⇒断トツで『ガラスの仮面』!

今まで気にはなっていたけれど、“詳しくは知らない”、“どんな内容なの?”と疑問に思っていたさまざまなエンタメ情報をご紹介! スキマ時間に読んで、女子会や飲み会での話題にも♪

『花とゆめ』、『LaLa』などでおなじみの出版社・白泉社が創立40周年を記念した特設Webサイト「白泉社40周年記念WEBサイト」を現在公開中。特設Webサイトでは、歴代の人気マンガが試し読みできるコンテンツもあり、懐かしの作品に思わずワクワクしちゃいます! そこで今回は、白泉社のマンガ作品の中で、一番好きな70年代の作品を、働く女子に聞いてみました。

<断トツ人気! 『ガラスの仮面』(美内すずえ著)>

1976年、『花とゆめ』で連載を開始した『ガラスの仮面』は、現在も連載を続けている長寿作品。平凡な主人公・北島マヤが演劇の才能を開花させ、幻の作品「紅天女」を演じるために成長していく姿が描かれています。印象的なシーンが多く、いつまでも記憶に残る作品です。アンケートでも『ガラスの仮面』について熱く語る人がたくさん! その感想を一部ご紹介します。

◆主人公・北島マヤの魅力
・「一生懸命生きている感じが好き」(28歳/電機/事務系専門職)
・「就活中、元気をもらったほど前向きになる話」(26歳/電機/事務系専門職)

さまざまな苦難に遭遇しながらも、持ち前の明るさと前向きさで乗り越えていくマヤの姿は、私たちにも元気を与えてくれますね。

◆マヤを支える、紫のバラの人
・「紫のバラの人と主人公の関係にドキドキしながら読んでいた」(30歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)
・「マヤと速水さんがかなり年の差恋愛だと思っていましたが、今では親子ほど離れた年の差婚も普通になっていて、時代が変化したなぁと思います」(30歳/学校・教育関連/事務系専門職)

匿名でマヤを援助し続ける「紫のバラの人」、速水真澄。この2人、最後には結ばれるのか気になりますよね!

◆ずっと応援しています
・「小学生のときから読んでいるのに、マヤたちはあまり年をとっていなくてうらやましい」(33歳/運輸・倉庫/事務系専門職)
・「母が創刊時から『花とゆめ』を購読しています」(24歳/機械・精密機器/事務系専門職)

『ガラスの仮面』は親子で楽しめる作品ですね。まだまだ連載は続きそうなので、3世代で読む人も出てきそうです。

◆結末はいつ?
・「早く完結してほしい(早くハッピーエンドを描いてほしい)」(33歳/小売店/販売職・サービス系)
・「最新刊が延期の延期でまだ出ない! 待ち遠しい!」(26歳/電機/技術職)

待ち遠しい50巻、発売日が延期になる、なかなか完結しない……。それでもやめられないのが『ガラスの仮面』の魅力ですね。作者の美内すずえさんは現在62歳。これからも現役で描き続けてもらいたいですね。

そのほか、『ガラスの仮面』以外の70年代作品を挙げる回答もご紹介。

<単なるギャグマンガではない『パタリロ!』(魔夜峰央著)>

・「主人公の表情がコロコロ変わるところがおもしろいと思います」(30歳/ソフトウェア/事務系専門職)
・「絵が独特で一度見たら忘れられません。小学校時代に初めて絵を見たとき、びっくりして衝撃をうけました」(30歳/金融・証券/事務系専門職)
・「とにかくギャグがおもしろい。マンガを読んでいて声を出して笑ったのはこの作品が初めて。ミステリーやハードボイルドな部分があるのもいい」(31歳/団体・公益法人・官公庁/技術職)

1978年『花とゆめ』で連載を開始した『パタリロ!』は、既刊91巻(2014年1月現在)にもなる長寿ギャグマンガ。主人公のパタリロや側近の玉ねぎ隊は、一度見たら忘れられないほど印象的なキャラクターですね。

<花の24年組、木原敏江が描く名作『摩利と新吾』(木原敏江著)>

・「母が好きで持っていた。子どものころ読んでとても印象深い」(26歳/医薬品・化粧品/販売職・サービス系)

『摩利と新吾』は旧制高等学校を舞台とした、仲間たちとのかけがえのない青春や、摩利の新吾に対する友情を超えた想いを描く作品です。木原敏江さんが描く、まつげが長くて大きな瞳の男性は、中性的で美しいですね。

今読んでもおもしろいと思う70年代のマンガ作品はたくさんあります。「実はまだ読んだことがない……」という人は、一度ぜひ読んでみてはいかがでしょうか?

さらに、現在「白泉社40周年記念WEBサイト」では、40作コミックス、246冊が当たるキャンペーンを実施中。アンケートでも登場した『ガラスの仮面』の著者・美内すずえさんの作品『白ゆりの騎士 美内すずえ傑作選3』などもプレゼントの作品に含まれていますよ。応募締め切りは1月20日(月)までなので、お早めに!

○白泉社40周年記念WEBサイト
http://www.hakusensha.co.jp/40th/

(Mina/OFFICE-SANGA)

※『マイナビウーマン』調べ。2013年12月にwebアンケート。有効回答数277件(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]