お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 生活

楽しいはずの新婚旅行でケンカした原因「先に寝てしまった」「道に迷った」

大変な結婚式を終えて、新たな家族となったふたりが、最初の思い出を作る「新婚旅行」。式よりも旅行に、お金を掛けるカップルも増えているようですね。しかし、慣れない土地で慣れないふたりが一緒に過ごせば、起こるのがケンカ! 働く女性の「新婚旅行でのケンカエピソード」を聞きました。

■慣れない土地で

・「道に迷ってしまって観光ができなかった」(28歳/生保・損保/事務系専門職)

・「時間が限られる中で、ローマで道に迷い、行きたいお店にたどり着けず、地図をもって道を指示していた旦那さんに対して怒ってしまった。それからお互い口数が少なかったけれど、おいしいご飯にたどり着き、自然と仲直りしました」(29歳/医薬品・化粧品/事務系専門職)

慣れない土地でのお約束!? 道に迷ってイライラ……。焦る気持ちを、つい身近な人にぶつけてしまいがちです。迷ったときの対策を、きちんと考えておくことで、ケンカの種を減らせるのかもしれませんね。

■疲労度マックス

・「旦那がまったく語学ができず、しかも毎日ダラダラとして朝起きない。昼過ぎ起床。……結果行きたいところに行けなくなった」(28歳/金融・証券/事務系専門職)

・「私が先に寝てしまい旦那がそれ以降怒ってしゃべらなくなった。ダイヤモンドヘッドに登るツアーに申し込みしていたが、ひとりで登った」(27歳/金融・証券/営業職)

慣れない旅先で、疲労度マックス!? 「寝たい気持ち」と「遊びたい気持ち」、どちらを優先させるかで、夫婦の間に亀裂が入ることも。大切なのはふたりの思い出を作ること。余裕のある計画を立てましょう。

■どう満喫?

・「元夫と出掛けたときに、彼は街に繰り出して出掛けたいタイプだったが、私はのんびりしたいタイプだったので、最終日は別行動にした」(27歳/団体・公益法人・官公庁/技術職)

・「前の旦那さんがカジノに夢中になっていたのでケンカになった。残りも微妙な感じ」(31歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

同じ旅行先でも、「どう楽しむのか」によって、その内容は大きく変わります。ふたりの楽しみ方が一致していればよいのですが、必ずしもそうではないことも……。お互いの理解を深めるきっかけにできたらいいですね。

■新婚旅行で!?

・「ごはんのこと」(26歳/建設・土木/事務系専門職)

・「元カノの話で」(26歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

とても、新婚旅行でのケンカの原因とは思えないような意見も……。なぜ新婚旅行にまで来て、元カノの話になってしまうのか、理解に苦しみます。ケンカになるのも当たり前! 気遣いのなさに、ガッカリしてしまいそう。

慣れない旅行先でのケンカエピソードは、決して珍しいものではないようです。「楽しいことばかりだった!」という、100点満点の新婚旅行が理想ですが、現実にはなかなか難しいのかもしれませんね。ケンカをしても、きちんと仲直りできれば、それでOK。かえって思い出深い旅行になるのかも?

(ファナティック)

※『マイナビウーマン』にて2013年11月にWebアンケート。有効回答数296件(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]