お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

同僚女性を目の敵にする女性たち。2/3は同僚女性を尊敬していない

一般的には男性同士よりも女性同士のライバル心や嫉妬に関する問題を耳にする機会の方が多いのではないでしょうか。友人、同僚、嫁姑問題にいたるまで、女性同士が敵対し根深い問題を抱えるケースは決して少なくないように見受けられます。

【「ライバル」的な同僚がいる人7.9%。「少し斜め上の上司」「女性2人のうち1人」】

オーストラリアで働く2,900人を対象とした調査によると、男性は約半数の人々が同僚男性を尊敬していると回答したにも関わらず、なんと2/3の女性は同僚女性を尊敬していない、と答えたことがわかりました。そもそも女性同士の関係は基本的に競争的と言えるようですが、これには職場における男女間の立場の違いも大きく反映されているよう。

ただでさえ、女性は職場において男性と同等なポジションやチャンスに恵まれていないと考えており、そのような逆境の中でキャリアアップを狙うには、男性以上に周囲をライバル視しながら勝ち抜く必要があるのでしょう。

その是非はともかくとしても、時には似たような立場にいる同僚女性のライバルを蹴落として目的のポジションに手を伸ばそうとする人もいるようです。もちろん、チームとしてうまく一緒に仕事を進められる女性も多く、これは性別が問題なのではなく、個人の性格によっても異なり、上司のコントロール能力によって左右されるという見方もあります。

さて、企業で働くみなさんは、職場の同僚女性と生産的なチームワークを築けているでしょうか?

参考: Women ruin fellow females’ careers – Leadership Management Australasia
http://www.news.com.au/finance/work/women-ruin-fellow-females-careers-leadership-management-australasia/story-e6frfm9r-1226780106951

お役立ち情報[PR]