お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 エンタメ全般

88.5%が「2D映画」派―映画を見るなら2Dと3D、どっちが好き?

3D映画が映画館で上演されるようになってから久しいですね。みなさんは、映画を見るなら「3D映画」と「2D映画」、どちらが好きですか? 今回は、3D映画を見たことがある働く女性157人に聞きました。

Q.映画を見るなら2Dと3D、どっちが好き?

2D……88.5%
3D……11.5%

■3Dは刺激が強い

・「映像が襲ってくることなく、安心して見られるから」(24歳/その他/秘書・アシスタント職)

・「3Dがダメらしく、観た数分後にパニック発作を起こしたことがあってそれから見られない」(29歳/電機/事務系専門職)

映像が眼前に迫ってくるように感じられる3D。それこそが3D映画の楽しさではあるのですが、人によっては刺激が強すぎてパニック症状を起こしたり、「次の仕掛けはいつ来る?」とソワソワしてしまったりすることもあるようです。2時間近く見続けるには、少し刺激が強すぎる!?

■3Dは見え方が変わる!?

・「3Dの眼鏡に色が付いていると、映像自体が本来通りの色で見れないから。(少し色のトーンが暗くなる気がする)」(29歳/生保・損保/事務系専門職)

・「3D映画は目が疲れてストーリーに集中できなかったから」(24歳/小売店/販売職・サービス系)

3Dだと色のトーンが違って見えたり、目が疲れてストーリーに集中できなかったりと、映画そのものの良さがランクダウンして見えてしまう、という女性もいるよう。

■眼鏡on眼鏡になる

・「3Dは目が疲れるし、眼鏡をかけているので3D眼鏡をさらにかけるのはいや」(30歳/建設・土木/秘書・アシスタント職)

・「眼鏡on眼鏡になるから」(26歳/機械・精密機器/技術職)

「眼鏡on眼鏡」は女性だと、確かにちょっと恥ずかしい!? また3Dがきっかけで目の疲れ、映像酔い、頭痛を感じることがある人も。

■3D映画はややこしい

・「3Dはいつでも3Dではないので、3Dを見逃さないように集中するので疲れる」(27歳/情報・IT/事務系専門職)

・「3Dはややこしすぎて、別に映画なんだし、2Dでいいじゃんと思ってしまう」(30歳/学校・教育関連/営業職)

2Dを3Dに変換した映画の場合、「ここぞ」というシーンだけ集中して3D感を出すものがあり、映画関係者の間では「なんちゃって3D」と呼ぶこともあるのだとか……。

■2Dを見るなら、3Dの方がお得?

・「せっかく映画館に行くなら、なんとなく3Dの方がお得な感じ」(29歳/金融・証券/秘書・アシスタント職)

・「3Dの値段が同じなら、3Dですが、ちょっと高いので、それなら2Dでもいい気も……」(31歳/ホテル・旅行・アミューズメント/事務系専門職)

3Dだと割増料金がかかりますが、それでもせっかく映画館に行くなら3Dを見たほうが、お得感があるという意見もありました。また3Dがバッチリはまる映画に当たれば、儲けモノ!

今回の調査では、9割近い女性が「2D映画」を推す結果に。3D映画が体に合わないという意見が目立ちました。クリスマスに映画デートを考えている男性陣は、念のため相手の女性に好みを聞いておくのが無難かもしれませんね!

※『マイナビウーマン』にて2013年12月にWebアンケート。有効回答数157件(22歳~34歳の働く女性)

(ファナティック)

お役立ち情報[PR]