お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 エンタメ全般

女性が一番ビックリした映画「シックス・センス:ラストに衝撃を受けた」

笑える話、泣ける話、スカッとする話……。映画やドラマには、さまざまなタイプの作品があって面白いですよね。今回は、そんな中でも「人生で一番ビックリ」した映画は何か、働く女性たちに聞いてみました!

■話の内容にビックリ!

・バトル・ロワイアル(2000年)

「クラスメイトで殺し合いをすることに衝撃を受けた」(28歳/学校・教育関連/クリエイティブ職)

・テッド(2012年)

「見た目でファンタジーっぽいのを想像してDVD借りたら、有り得ないくらい下ネタ尽くしで、ビックリ&ひいた」(31歳/医療・福祉/専門職)

・HK 変態仮面(2013年)

「こんなん実写でやっちゃうのかと驚いた」(27歳/学校・教育関連/事務系専門職)

■予想外の展開にビックリ!

・シックス・センス(1999年)

「ラストに衝撃を受けた」(32歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

・アメリカン・ビューティー(1999年)

「きれいに終わると思ったらどんでん返しがあった」(28歳/食品・飲料/秘書・アシスタント職)

■映像にビックリ!

・タイタニック(1997年)

「こんなにスケールが大きくて生々しい映像があるんだとびっくりした」(32歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

・リング(1998年)

「まだ小学生だったから、貞子が井戸から出てくるシーンは怖くてならなかった」(29歳/医療品・化粧品/事務系専門職)

・アバター(2009年)

「人生で初めて3Dを見たから」(32歳・金融・証券/事務系専門職)

・レ・ミゼラブル(2012年)

「喜怒哀楽・壮大さがすごかった」(27歳/金融・証券/秘書・アシスタント職)

■タイトルにビックリ!

・人のセックスを笑うな(2008年)

「どうしても見に行きたくて、大学の友人を誘ったとき、とても恥ずかしかった」(24歳/小売店/販売職・サービス系)

・風俗行ったら人生変わったwww(2013年)

「タイトルがすごいなーと」(31歳/団体・公益法人・官公庁/秘書・アシスタント職)

ラストのどんでん返しがキラリと光る作品が多数集まりました。あなたが今までで一番驚いた映画は、この中にはありましたか?

※『マイナビウーマン』にて2013年12月にWebアンケート。有効回答数200件(22歳~34歳の働く女性)

(ファナティック)

お役立ち情報[PR]