お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 働き方

テスト前に!数倍楽に覚えられる記憶術

学生時代のテスト勉強から、仕事のデータの確認まで……。「記憶」に関する悩みを身近に感じている方は、多いのではないでしょうか。今回は、記憶を3倍楽にする方法を紹介します! 簡単に、しかも確実に何かを記憶する方法を身に付けて、出来る人を目指しましょう!

【相手の記憶に残るための方法】

■通常の記憶とは……

通常、何かを覚えようとする時、あなたならどうしますか? 覚えなければならない内容を書き出し、何度も反復して確認し、少しずつ頭の中に入れていく方法をとるのではないでしょうか。しかし、この方法には「時間がかかる」というデメリットが存在します。

また、一度にたくさんの情報を詰め込みすぎてしまうと、自由に引き出すことは難しくなります。「覚えたはずなのに、肝心な時に思い出せない!」という失敗をするのは、このためなのです。

■イメージ記憶って?

短時間で効果的に! しかも確実に何かを記憶する。そんな方法があるとしたら、ぜひ実践したい!と思いますよね。実は、そんな方法があるんです。それは「イメージ記憶」と呼ばれる方法。覚えたい事柄を、イメージに変換して頭に入れていく方法です。

実はこのイメージ記憶、人間なら誰でも使っている記憶法なのです。例えば、旅行先の思い出を誰かに話す時、その情景を頭の中に思い浮かべて、誰かに伝えようとするでしょう。この時の「記憶」は、たった一度の印象で、確実に作られています。

いつでも引き出すことができ、なかなか忘れることはありません。

こんなイメージ記憶を、いつでも自分の好きな時に使えたら……。より簡単に、確実な記憶が出来そうですね。

■勉強への活用法

イメージ記憶を「勉強」に活用するためには、少しコツが必要です。まずは覚えたい「言葉」を、自分なりの「イメージ」へと変換しましょう。これは、「自分なりのイメージ」で構いません。自分の中で、両者を結び付けることができるのであれば、必ずしも正しい情報でなくても大丈夫です。

ビジネスでは、人の名前を覚える機会も多いことでしょう。その人の名前、自分が感じた印象、その時の場面などを、一つのイメージとして記憶してください。たったこれだけで、より確実な記憶へと変化させられます。最初は難しく感じるかもしれません。

しかし、毎日のトレーニングをすることで、イメージ記憶を習慣づけることも可能です。

イメージ記憶は、「自分のイメージで記憶する方法」です。どんなイメージだと記憶しやすいのかは、人それぞれ。ぜひ、自分に合った「イメージ記憶術」を探してみてください。より楽に、そして確実に記憶し、仕事に勉強に生かしてみては?

お役立ち情報[PR]