お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

男性がもううんざり!? 重いと思われる女性からのLINE、メール5選「ごめんねメール」「深夜のひとり言メール」

仕事・恋愛・ライフスタイルなど、「まわりの女子の実態はどうなの?」に迫ったコラムです。働く女子だからこそ気になっているあんなコトやこんなコトを毎日配信中!

寂しいとき、想いが募ったとき、片想いの恋をしているとき……つい彼氏や意中の相手に重たいメールを送ってしまっていませんか? 一方的なメールは相手の男性の気持ちを冷めさせてしまうことも。そんな失敗を繰り返さないために、男性のみなさんに「重い」と思われる女性からのLINEやメールの実例を聞いてみました!

■思い込みによる「ごめんね」メール

「知り合ったばかりの女の子と頻繁にメールをしていたとき。ある日仕事で忙しくて1日だけメールを返さなかったら『しつこく送っちゃってゴメン。もうメールしないね……』とメッセージが来ていた」(26歳/広告)

女子から突然送られてくる「○○でゴメン」系のメールには戸惑ってしまうという男性が多いよう。「この子と付き合ったら重そうだなぁ」という印象を与えてしまいます。

■SNSを監視しているメール

「彼女へのメールの返信をつい忘れたまま、フェイスブックに友だちとの写真をアップしたら、それを見て『フェイスブック更新する時間はあるんだね』と彼女からメールがきた。監視されているようでこわい」(23歳/大学院生)

男性にとって「監視されている」と息苦しさを感じさせてしまうメールは、相手に送っても絶対にプラスにはなりません。

■別れるときの長文メール

「別れた彼女から、『今までありがとう……○○との思い出は一生忘れないよ』という内容のメール。思い出の回想シーンがたくさん書かれていて、時系列ごとに5通にわかれていた」(24歳/飲食)

想いがあふれてつい長文になってしまう別れ際のメール。筆者も過去の恋愛で超大作メールを送りつけたことがありますが、返信が来ずに余計傷ついた記憶が……。彼の気持ちがすでに冷めている場合は、残念ながら逆効果となることもあるため要注意です!

■深夜に何通もひとり言メール

「朝起きたら、メール受信マークが30通も。すべて彼女からで、『○○は私のこと本当に好きなのかな?』『きっと私よりいい相手がいるはず』『眠れない……』などというメールが1文1通ずつで送られてきていた。深夜に3時間くらいにわたって送信していたようで、ちょっと引いてしまった」(30歳/銀行)

夜中にひとりで抱え込んだ想いをぶつけてしまうメールは、重さナンバーワン。自分でも翌朝起きて「やっちゃった……」と反省したこと、ありませんか? 起き抜けにメールを見ることになる彼の気持ちも考えて、一度冷静になってみましょう!

■将来への妄想メール

「付き合って間もない彼女から、友だちの結婚式の写真が何枚も送られてきて『すっごい感動しちゃったなー! わたしもいつかこんな日を迎えられるかな』とメールが来た」(33歳/建築)

結婚式でのハッピーな気持ちをシェアしたくて送ってしまっただけかもしれませんが、男性にとっては「結婚を迫られている」と感じて返信に困ってしまうかも。

メールのやりとりは、男女の関係をグッと近づけることもあれば、遠ざけてしまうこともあります。「重たい女の私をそのまま受け止めてほしい!」と思う女子もいるかもしれませんが、なかなかそんなに器の大きな男性はいないのが現実。感情のままに書いてしまったメールは、すぐに送信せず一度時間をおくなど、相手の気持ちを考えてメールを送れるように意識したいですね。あなたは、つい重たいメールを送ってしまったことありますか?

お役立ち情報[PR]