お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

懐かしい!? 両思いになるためのおまじない「消しゴムに名前を書く」「好きな人の靴を履く」

トンガリ帽子小学生や中学生のときに、「恋のおまじない」が流行したことはないですか? 世代によってその内容はいろいろ変化するようですが、たとえば「気になるあの男子と両思いになるためのおまじない」を実行してみたことはありませんか? 今回は「恋のおまじない」について女性に聞いてみました。

【恋愛ベタでも実践できる、恋愛成就のおまじない】

まず「両思いになるためのおまじない」を実行したことがあるかを聞きました。

Q.女性に質問です。小学生や中学生のときに、「両思いになるためのおまじない」をしたことがありますか?

はい……73人(39.7%)
いいえ……111人(60.3%)

約4割の女性がおまじないを実行したことがあるようです。「はい」と答えた女性に、そのおまじないがどんなものだったかを聞きました。回答をご紹介します。

●消しゴムに好きな人の名前を書いて、使い切ると両思いになれる。(青森県/女性/25歳)
最多回答はこのおまじないでした。同回答は31人(42.5%)からありました。

●消しゴムに「緑色のペン」で好きな人の名前を書いて、使い切る。(埼玉県/女性/26歳)
このように、使うペンの色を指定する少し異なったバージョンの回答もありました。

●消しゴムに好きな人と自分の相合い傘を書く。(埼玉県/女性/25歳)
書くのは、好きな人の名前だけではなく、相合い傘という回答も。微妙に細部が異なっている回答もありましたが、この消しゴムを使うおまじないは全国的に知られたもののようです。

他の回答は票が割れましたが、挙げられたおまじないを紹介します。

●緑の紙に、緑色のペンで相手の名前を100回書く。(神奈川県/女性/28歳)
「緑色のペン」は何か霊的な力があることになっているのでしょうか。

●シャーペンの芯を好きな人の名前の文字数だけノックして、それでハートを描き、芯が折れないように黒く塗るというもの。芯を折らないで塗れたら両思いになれる。(茨城県/女性/22歳)
名前が長い男子だと、すぐに芯が折れそうですね。

●花びらに好きな人の名前を刻んで、その人の家の庭に埋めたら両思いになれる。(神奈川県/女性/31歳)
好きな男の子の家の庭に埋めるのが難しそうです。

●枕の下に好きな人の名前を書いた紙を入れて寝る。夢の中でうまくいけば、両思いになれる。(広島県/女性/31歳)
うまく夢を見るのが難しそうですね。

●ミサンガです。自分で編んでいました。ひもが切れる時に両思いになれる。(広島県/女性/30歳)
ミサンガと回答した女性は計3人でした。

●自分の名前と相手の名前を書いた紙を、名前が重なるように折って財布に入れる。(京都府/女性/32歳)
これはすぐできそうです。

●好きな人の靴を履いて3歩歩く。(東京都/女性/28歳)
靴をどうやって入手するかですね!

恋のおまじないには、女子のロマンチックな気持ちが詰まっているようですね。あなたは、「恋のおまじない」をやってみたことはありますか?


※マイナビウーマン調べ。(2013年12月にWebアンケート。有効回答数184件。22歳~34歳の働く女性)

(高橋モータース@dcp)

お役立ち情報[PR]