お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 働き方

場を和ませることが出来るフレーズ集「そういえば私も」「すでにご存知のことでしょうが」

会話をするとき、うまく場を和ませることができるといいですよね。とげとげしい雰囲気の会話は疲れてしまうけれど、和やかな会話はその場にいるみんなをリラックスさせてくれます。

【20代働く女子が会社の中で頼りにしている人って?】

■「そういえば私も」

人は共感してもらえるとうれしい生き物です。自分と同じように感じてくれたり、似たような体験をしていると分かると親近感を感じ、その人に対して好意を抱きやすくなります。

■「こんなことを聞いてもよろしいでしょうか」

人に質問をするときは、いきなりズバっと切り込むよりも、まずはお伺いを立てるようにすると失礼にならずにすみます。相手は自分を尊重してくれたと感じ、答えられる質問ならば喜んで答えてくれるでしょう。

■「すでにご存知のことでしょうが」

これも、相手の自尊心を傷つけることなく会話をスムーズに進めるためのクッション言葉となります。たとえ相手がそのことについて知らなかったとしても、知っているということにしてこちらが詳しく説明をすればいいのです。

■「いつもお世話になっております」

こう言われると、ついつい本当にお世話をしてあげたくなってしまいますよね。たとえ数えるほどしか交流のない相手でも、顔を合わせたり、電話で話したり、メールのやり取りをする機会があれば最初にこの言葉を使い、感謝の気持ちを表すようにしましょう。

■「とりあえずこれで様子をみましょう」

解決しないままの問題。でも、これといってよい解決策も浮かんでこない。こんなときは、いったん考えるのをやめて様子をみることにするのが得策です。実際にこうして言葉に出してみると、その場にほっとした空気が広がります。

■「大丈夫です」

なにか失敗をしてしまった人にかけてあげると救われる言葉です。本当は大丈夫じゃなくても、とりあえずこう声をかけることで本人はいったん落ち着くことができます。その後で、解決に向けてどうしていくべきかを一緒に考えてあげればいいのです。

悩み事があって落ち着かないときにも最適な言葉ですね。

お役立ち情報[PR]