お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

その一言にウンザリ! 男性が女性に自慢されてイラッときたこと「恋愛自慢」「収入自慢」「寝てない自慢」

社会人ともなると、ビジネスシーンでもプライベートでもなにかと異性と会話する機会も増えがち。しかし話の内容によっては価値観の違いもあり、思わずイラッときてしまうこともあるのではないでしょうか。そこで今回は社会人男性にアンケートをとり、女性に自慢されてイラッときた話を教えてもらいました!

【モテ自慢? 幸せ自慢? 「女友だちの恋愛話で嫉妬すること」】

■自分のことじゃない自慢

・「彼氏の話」(29歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

・「実家が資産家で、不動産をたくさん所有しているという話を聞かされたとき」(33歳/建設・土木/技術職)

・「友人のすごさ。決して、本人はすごくない」(28歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

自分に近い存在の良いところを自慢したくなるのは、女性だけならず男性でもありえるかもしれませんね。「彼氏の自慢」という回答は結構多かったので、同じ男性でしかも同年代となるとライバル意識を持ってしまい、イラッときてしまうのかも。

■今、幸せですか?

・「収入の自慢」(29歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

・「自分の就職先自慢」(28歳/運輸・倉庫/技術職)

・「友達多い自慢」(27歳/情報・IT/技術職)

「私ってすごいのよ!」といわんばかりの自慢ですが、自分よりも収入や学歴の良い女性だと、男性はとっつきにくいと感じてしまうかもしれません。ビジネスシーンでの付き合いはよくても、恋愛相手としては難しいかも。

■ふーん、そうなんだ

・「寝てない自慢」(31歳/電機/技術職)

・「英語がペラペラな事を自慢された。でも、中身もペラペラで自慢になっていなかった」(30歳/食品・飲料/技術職)

・「海外旅行自慢」(29歳/商社・卸/事務系専門職)

話を返しづらい自慢だと、聞いているほうも困ってしまうもの。話を誰かに聞いてもらいたいという、女性の行動の表れかもしれません。

■それは新手の誘い方?

・「自分の恋愛遍歴、豊富さを自慢されてなんだかいら立った」(32歳/学校・教育関連/専門職)

・「貢がれまくっていること」(25歳/医薬品・化粧品/技術職)

・「元彼の人数を自慢されて、なんでそんなことを言い出したのかよくわからなかったのでイラッとした」(31歳/小売店/事務系専門職)

・「私、男見る目あるんだけど、あなたはダメそうね」(32歳/機械・精密機器/技術職)

男性相手にそれをいうということは、何か期待しているのかなと思わず疑いたくなるような自慢も、言い方次第ではイラッとする原因に。誘おうとしているのであれば逆効果になることもありますから注意が必要ですね。

今回の結果では、恋愛経験や彼氏の話などに関する回答が多く目立ちました。同性の話をされると、自分と比較されているような気がしてしまうのかもしれませんね。もしあなたが男性に対してこれらの自慢話をついついしてしまっているのなら、今後は避けるように心がけてみてくださいね。

(ファナティック)

※マイナビウーマン調べ(2013年12月にWebアンケート。有効回答数154件。21歳~33歳の社会人男性)

お役立ち情報[PR]