お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 働き方

働く女子が、副業で挑戦してみたい仕事「自宅開業可能なマッサージ」「英語を生かした翻訳」

ファナティック

アベノミクスで給料アップと言われていますが、まだまだ実感がない方も多いのでは? 収入アップのための比較的手軽な手段となるのが「副業」。本業に影響のない程度で、もうひとつ仕事をすることで、確実な収入アップを目指せます。みんなはどんな副業に興味があるの? 実際に挑戦してみたい副業について、働く女子たちにアンケートを実施しました。


家で作業をしたい

・「パソコンでアンケートの回答を打ち込んでいく仕事。内職で部屋の中が物であふれることもないしよいかな、と思って」(30歳女性/不動産/事務系専門職)
・「マッサージ、自宅開業可能なもの」(27歳女性/金融・証券/秘書・アシスタント職)

空いた時間を有効活用するために、「自宅でできる副業」を望む女性が多いようです。昔ながらの手作業の内職にあこがれる方もいれば、部屋が散らからないパソコン入力作業を希望する方も。自分の望む仕事で自宅開業できればいいですよね。

趣味を仕事にしたい

・「アクセサリーの受託制作。自分には特殊なパソコンスキルがないけど、趣味のアクセサリー作りでワイヤーなどの扱いに慣れていることからやってみたいです」(30歳女性/情報・IT/事務系専門職)
・「ぬいぐるみの洋服を作ってオークションで販売する。趣味で作ったものが売れたらうれしいので」(26歳女性/商社・卸/事務系専門職)

ネットが普及した今、自分の趣味で小銭を稼ぐ手段も、非常に身近になっています。オークションやハンドメイド品販売サイトに登録することで、手軽に副業に挑戦できそう。自分の作った商品が売れたら、病みつきになってしまいそう!?

特殊な世界をのぞいてみたい!

・「モデル。若いときにしかできないと思うから」(26歳女性/情報・IT/技術職)
・「文字おこし。普段聞けない会話を聞けそうで楽しそうだから」(25歳女性/医療・福祉/事務系専門職)
・「株。おもしろそうだから」(29歳女性/食品・飲料/事務系専門職)
・「結婚式の代理出席」(32歳女性/商社・卸/秘書・アシスタント職)

普段はなかなか接する機会のない世界を、副業でのぞいてみたい! という意見も。日常のスパイスとなってくれるのかもしれませんね。もし同僚の副業がモデルだったら……。格好よすぎます! 投資が気になる場合には、まず勉強からしてみては?

スキルを生かしたい

・「英語ができるので、翻訳をしてみたい。一度、友人の論文(英語)の添削をしたが、意外に簡単だったのでできると思った」(31歳女性/医療・福祉/専門職)
・「家でできるイラストの仕事。美大に行っていたので、生かしたい」(26歳女性/ホテル・旅行・アミューズメント/その他)

自分のスキルを生かした副業を! という意見も多数。非常に手堅く、空いた時間をお金に変えられそうです。副業から、新たな道も開けるのかも?

収入重視!

・「アフェリエイト。手軽で、うまく行けば収入になりそうだから」(31歳女性/生保・損保/事務系専門職)

今の生活と両立でき、比較的手軽に多くの収入を得られそうな仕事に魅力を感じているよう。ただ、知識がないと難しいかもしれません。

もし会社で許されているのであれば、気になる副業に挑戦してみるのもオススメ。収入アップはもちろん、生活のハリや新たな世界の発見につながります。自分の未来について、考えるきっかけになるのかも。みなさんは、どんな副業にチャレンジしてみたいと思いますか?

(ファナティック)

※『マイナビウーマン』にて2013年10月にWebアンケート。有効回答数298件(22歳~34歳の働く女性)。

お役立ち情報[PR]