お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

相手への印象は3回で決まる!スリーセット理論で、私を売り込む心理テク

気になる相手がいると、何とか仲良くなって、距離を縮められる方法はないかと考えてしまう方もいるのではないでしょうか。そこで今回は『スリーセット理論』を使った恋愛のすすめ方をご紹介。早速実践して、彼に良い印象を与えてみましょう。

相手への印象は3回で決まる

『スリーセット理論』とは、3回出会うことで相手の印象や評価を固定するという考え方です。特に男性はこの理論にあった考え方をする傾向が強いので、意中の彼に対しては3回会うまでにしっかりと自分の印象を伝えておくことが大事です。

1回目の出会いは「第一印象」を優先

初めてあったときの相手の「第一印象」は、その後も大きく脳裏に焼き付きます。あなたという「イメージ像」がつくられる大事なタイミングなので、外見を重視してよい評価をしてもらえるように力を入れましょう。メークや服装、小物なども自分らしいものを。

直接会わない場合は、お見合い写真や面接の写真などをイメージしてみるとわかりやすいでしょう。写真の印象がよければ、会って積極的に話をしてみたいと感じるはずです。この時点で失敗してしまうと、次回がない可能性もありますからご注意を!

2回目の出会いは「内面」を優先

見た目の印象は1回目でわかっているので、それほど重要ではありません。1回目で自分らしくしていたのであれば、それをそのまま2回目以降も継続しましょう。むしろ今回は性格など、内面的な部分が重視されます。積極的に会話を行い、考え方や性格を知ってもらいましょう。

見た目と内面的なギャップが激しい場合は、この時点で1回目の評価が覆される可能性があるものの、まれなケースです。通常は1回目の評価に加点するようなかたちとなり、好印象になることでしょう。

3回目の出会いは「チェック」のみ

先の出会いで大体のことはわかったので、3回目はその確認になります。この時点で相手が好印象であれば二人の距離はグッと近くなることでしょう。ちなみにこれ以上会っても印象は変わりませんので、早々に仲良くなりたいのであれば、このタイミングがベスト! 相手の様子をうかがい、思い切って告白してみるのも良いでしょう。

お役立ち情報[PR]