お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 働き方

一緒に仕事をしたい女性「余裕がある」「表情やわらかい」「聞き上手」

働く女子としては、仕事の評価も大切ですが、周りの人からの評価も気になるところ。どうせ働くなら「あの人なら大丈夫」と思われるようになりたいですよね。特に職場の男性たちからの評価が高ければ、仕事の励みになるというもの。

ということで、今回は男性から見た「安心して一緒に仕事ができる女性」像を紹介したいと思います。

■余裕を感じさせる人

毎日遅刻すれすれ、納期に追われてドタバタ……。こんな人は「いつもギリギリで慌てている」という印象を持たれてしまいます。たとえ何か事情があったにしても、ハタから見ればそれは本人の事情。仕事をするならいつも余裕をもって行動をしたいですよね。

時間に余裕のない人は、行動スケジュールが立っていないケースも多いものです。朝一番にその日のスケジュールを大まかに立てる、1週間・1カ月のスケジュールを見据える、などの工夫が必要でしょう。

■表情がやわらかい人

仕事に集中するあまり、みけんにシワを寄せていたり、いつも厳しい表情をしていると男性には近寄り難い印象を与えてしまいます。眼光鋭い人よりも、表情がやわらかい人の方が話しかけやすいですよね。話しやすい人となら、仕事もスムーズに進むというもの。

表情が硬いと職場の雰囲気にも影響してきます。時には少しの気分転換をしたり、周りに目を向けて、気持ちに余裕を持ちましょう。

■聞き上手な人

相手の話を何はともあれキチンと最後まで聞く。意外とこれができない女性は多いかもしれません。話の途中で相手に切り返されても、良い気持ちはしないですよね。また、人としての器が小さい人に見られてしまうこともあるので注意が必要です。

聞き上手な人なら、仕事上の相談がしやすい、一緒に仕事したいと思われること間違いなしです。

これらをまとめると、「心にゆとりのある人」という要素が「安心して仕事ができる」と思わせているようです。

落ち着いていて余裕を感じさせる人は、相手に安心感を与えます。逆に、せかせかした印象の人は「この人に任せて大丈夫かなぁ…」など、不安を感じさせてしまうかも。気持ちにも行動にも、少しのゆとりを持つことが、働く女性としての余裕を生むのです。

安心感を持たれることで、相手にもリラックス効果をもたらし、仕事だけでなく話もしやすい関係を作ることができます。話しやすくなれば、男性からの好感度アップなんていう副産物もあるかも…。

まずは、物理的にも心理的にもしっかりと準備を整え、ゆとりを生みだすことが「安心して一緒に仕事ができる女性」になるためのカギといえるでしょう。

お役立ち情報[PR]