お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 働き方

最も多くの人が持っているタブレット端末は●●だった!-エルネット調べ

大阪ガスグループのマーケティング会社「エルネット」は、同社が運営するオンラインストレージサービス「宅ふぁいる便」ユーザー571名を対象に、「タブレット端末に関するアンケート」を実施した。調査期間は2月1日~2月28日まで。

●タブレット端末の所持割合、年代が上がるにつれ増加

「タブレット端末(スマートフォンを除外)を所持しているか」をたずねたところ、全体では、タブレット端末を「持っている(はい)」が23.3%、「持っていない(いいえ)」が76.7%となった。

また、女性よりも男性、そして年代が高くなるほど所有割合が高くなっており、仕事形態別では、「外勤と内勤が半々(31.7%)」が、全体的にやや高い値となっている。

●「iPad、iPad mini」の所持率は約6割にのぼる

「タブレット端末を持っている」と回答した人に、所持している端末種類をすべてを選んでもらったところ、結果は「iPad、iPad mini」が59.4%、「iPad、iPad mini以外のタブレット」が33.8%、「電子手帳」6.0%だった。なお、アマゾン・キンドルは4.5%と、電子手帳を下回る値となっている。

●所持していない人の過半数が、タブレット端末に興味あり

「タブレット端末を所持していない」人に、タブレット端末に対する興味の有無を聞いたところ、1位が「やや興味がある(40.6%)」、2位が「興味がある(24.4%)」、3位が「あまり興味がない(24.2%)」、4位が「興味がない(10.7%)」。「興味がある」「やや興味がある」と回答した人を合わせると65.0%にのぼり、過半数の人がタブレット端末に興味を持っていることがわかった。

「タブレットに興味を持っている」と回答した人に、どんな点に興味を持っているのか聞いたところ、「どこでも使える(59.6%)」が最多で、次いで「持ち運びに便利(52.3%)」、「ノートパソコンを持ち歩かなくていい(33.7%)」があげられている。なお、「タブレットに興味がない」と回答した人の理由として最も多かったのは「ノートパソコンで十分(41.2%)」だった。

詳細な調査結果は、「宅ふぁいる便 週刊マーケターリサーチ」に掲載されている。

お役立ち情報[PR]