お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

両親へのあいさつ時に発覚! 「ダメンズを見抜いた瞬間」

仕事・恋愛・ライフスタイルなど、「まわりの女子の実態はどうなの?」に迫ったコラムです。働く女子だからこそ気になっているあんなコトやこんなコトを毎日配信中!

恋は盲目と言いますが、夢中になっているときは相手のよいところしか見えませんよね。でも、あるとき、目が覚めたように、「この人ダメだ……!」と気がついてしまう場合も。女子が彼のダメンズぶりに気がついてしまった瞬間について聞いてみました。



■両親へのあいさつ(30歳/制作)
「結婚のあいさつに来てくれた彼。でも、私の父を前にすっかりビビッてしまい、しどろもどろになってしまいました。そんな彼を見て父も結婚に反対したのですが、後日、彼と話をすると自分のことは棚に上げて父の悪口ばっかり。情けない男だなあ、と愛想が尽きました」

ひょっとしたら、お父さんは彼のダメンズっぷりを一瞬にして見抜いたのかも?

■飲み会で……(28歳/不動産)
「彼はそこそこ見た目がいいんですが、ある飲み会に一緒に行ったら、なんと次々と軽いノリで女の子に声をかけてひっかけはじめた。当然その場では、私のことなんて無視。そこで初めてチャラ男なんだと気がつきました」

飲み会のたびに、女の子にそんなことをやっていると思うと気が気じゃありませんよね。

■仕事を失ったときの行動(32歳/団体)
「彼が残業続きだった会社を辞めたのですが、その後、就職活動もせずにしばらくニート生活を送っていました。働くのが嫌になってしまったらしく、それ以来はよくてフリーター、悪いとニートな生活です」

忙しすぎた反動が出てしまったのでしょうか。相手がそんな状態では、結婚はまだまだ先かも?

■貯める貯める詐欺?(27歳/販売)
「2人で一緒にお金を貯めようと言ったのに、口先ばっかりの彼。いざ、結婚しようという段になっても貯まっておらず、最終的には『お前の貯金があるからいいだろ?』と。貯金できない男となんて危なっかしくて付き合えないと思いました」

手元にあればつい使ってしまう、というのが心情。とはいえ、アテにされても困りますよね。

金遣いが荒い、女遊びが派手など、目立ったダメンズっぷりよりも、意外と危険な隠れダメンズも多いよう。結婚を考える相手ならなおさらのこと、しっかり見極めるようにしたいものですね。あなたはダメンズを見抜いたことはありますか?

(ふくだりょうこ+プレスラボ)

お役立ち情報[PR]