お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 恋愛全般

あ~ちっさ! ケチとは付き合いたくないと思った瞬間4選

ファナティック

男性と付き合うかどうかの線引きをする中で、お金の使い方は大切な要素のひとつとなりそうですよね。あまりにもセコすぎると、付き合ったあとも苦労しそうです。そこで今回は、ケチとは付き合いたくないと思った瞬間について、社会人女性にお話を聞いてみました。

<ケチとは付き合いたくないと思った瞬間>

■割り勘が細かい

・「割り勘で1円単位でこだわる。うっとうしいから」(27歳/その他/秘書・アシスタント職)

・「一緒に食事に行ったときに割り勘ならともかく、食べた量まで計算して1円単位でわけられたとき」(25歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

・「割り勘をきっちりされたとき。割り勘自体が嫌というよりは、すべてのことを損得で判断しそうで、少し嫌だなと思った」(27歳/学校・教育関連/事務系専門職)

男性におごってほしいという気持ちはあっても、割り勘は仕方がないと考える女性は多いですよね。ですが、その割り勘が1円単位まできっちりと割られてしまうと、嫌な気持ちになることがあるみたい。

■おごってくれない

・「ケチでおごってくれないと思った瞬間です」(28歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

・「向こうから誘ってきたのにおごってくれないどころか、おつりも向こうがもらう」(25歳/その他/事務系専門職)

・「ホテル代やごはん代をおごってくれなかったという経験があります」(31歳/運輸・倉庫/技術職)

男性に対して、やさしくしてほしい、大切にしてほしいと思う女性は多いですよね。デート代の支払いもそのひとつではないでしょうか。一度もおごってもらえないと、大切にされていないような気持ちになるようです。

■遊びに行く場所が制限される

・「お金を使うのを極端に嫌い、なんでもケチるので行動しにくいし、遊びにでかけても楽しくないから」(28歳/電力・ガス・石油/事務系専門職)

・「あまりお金を使わないので、行ける場所が限られてくるのが嫌だと思ったことがある」(26歳/アパレル・繊維/クリエイティブ職)

・「お金を使う遊びを嫌うので、どこへも遊びに行けないのでめんどうだったことがあった」(30歳/小売店/販売職・サービス系)

たまのデートくらいは、ケチケチせずにお金を使ってほしいと思う女性も多いのではないでしょうか。理由があって節約しているのであればいいけれど、毎回お金のかからないデートになると、気持ちも冷めてしまいそうですね。

■高い店に行けない

・「デートでの食事が安いチェーン店に限られると言われたとき」(27歳/情報・IT/事務系専門職)

・「飲食店選びのとき、味ではなく安さで選ぶ人。この人とは、食の楽しみを共有できないと思った」(33歳/食品・飲料/事務系専門職)

・「おいしいと思うものを勧めたのに、高いからという理由だけで却下されたとき」(27歳/医療・福祉/専門職)

毎日のことになると、食費も考えなければなりません。ですがデートであれば、お金を気にせずおいしいものを食べたいと思いますよね。

<まとめ>

お金がないから、節約して結婚資金を貯めているというのであれば、女性も納得できますよね。ですが、たまにはお金を気にせずにデートをしたいときもあります。毎回毎回、制限付きのデートとなると、デートそのものも楽しめなくなってしまいそう。メリハリのあるお金の使い方ができるといいですよね!

(ファナティック)

※画像はイメージです

マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年8月24日~2016年8月29日
調査人数:102人(22~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]

おすすめコンテンツ