お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
化石女の恋
renai-novel-60

化石女の美佳は、さわやかイケメンな
青山先輩に片思い中。そんななか、突然
超イケメン後輩の面倒を見ることに
なったが、これがかなりの曲者で……

化石女の美佳は、さわやかイケメンな 青山先輩に片思い中。そんななか、突然 超イケメン後輩の面倒を見ることに なったが、これがかなりの曲者で……
月曜日~金曜日の平日更新(更新ボタンを押して、最新の情報に更新してご覧ください)

最新の話を読む第8話 苦行のはじまり

Update : 2016.03.09

登場人物

小林美佳(32) 入社10年目のSE。仕事熱心で根性はあるが、女子力が低い。その枯れた生活ぶりから「干物女」以下の「化石女」と呼ばれている。年齢的にもそろそろ恋がしたいが現実は厳しい。

佐伯祐介(27) 大学院卒業後、2年の留学を経て入社。眉目秀麗、頭脳明晰。何事もスマートにこなすが、性格にやや難あり。メンターの美佳に何かと反発してくる。

青山弘人(34) 美佳の先輩。誰にでもわけ隔てなく接するイイ人。入社直後のOJTで美佳のメンターとして指導してくれた関係で、10年経った今でも優しく接してくれる。美佳のあこがれの存在。

遠山優香(29) 総務系の事務職員。恋愛上手でファッションや流行りの話題にも詳しい。いわゆる「女子力」の高い女性。ズバズバ言うが裏表がなくサッパリとした性格。

「化石女の恋」の新着記事

お役立ち情報[PR]