【助産師監修】新生児が母乳をうまく飲めてない!?4つのケースと対策

【助産師監修】新生児が母乳をうまく飲めてない!?4つのケースと対策

新生児の赤ちゃんはまだ母乳をうまく飲めない子もいますが、その理由はさまざまです。今回は「赤ちゃん、母乳をうまく飲めてない?」と思われるケース別に対処法を考えます。


<ケース1>吸う力が弱い?

吸う力が弱く、赤ちゃんがおっぱいに吸い付いていられないケースがあります。おっぱいを吸う時は密閉して口の中を陰圧にする必要がありますが、とくに小さく生まれた赤ちゃんだと、ほっぺの肉は少なく、吸い付くのが難しくなってしまいます。

<対処法>ママが顎を支えてあげよう!

ダンサーハンドポジション

参考:水野克己ほか「これでナットク母乳育児」(へるす出版)

赤ちゃんの吸い付く力だけでは十分でない場合は、ママの指で赤ちゃんの顎を支えて上げましょう。そうすることによって、吸いやすくなります。
具体的には、親指と人差し指で赤ちゃんの頬を支え、親指・人差し指の付け根で顎を挟むようにしてアシストします。これはダンサー・ハンド・ポジションと言って、赤ちゃんが吸い付きやすくする授乳方法のひとつです。試してみてください。

<ケース2>授乳時間が長い?

Lazy dummy

新生児のママから「毎回1時間ぐらい授乳し続けてます」という話をよく聞きます。授乳にかかる時間は平均して15〜20分程度(左右それぞれを10分程度)。母乳が足りていても1時間程度授乳することはありますが、毎回1時間かかるとなると、赤ちゃんが母乳をうまく飲めていない可能性があります。

<対処法>姿勢と吸着の見直しをしよう!

授乳姿勢(ポジショニング)と吸着(ラッチオン)が適切でないと、十分に母乳を飲み取れず、時間がかかることがあります。
ママの姿勢、赤ちゃんの位置、くわえさせ方などを今一度見直してみましょう。

●ポジショニングとラッチオンについては以下の記事を参考にしてください。

【助産師解説】写真で学ぶ授乳姿勢!パターン別授乳姿勢と4つのポイント

https://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/3509

授乳姿勢が正しくないと赤ちゃんがうまく飲めないだけでなく、乳腺炎などのリスクも高くなります。主な6つのポジショニングとNGパターン、正しい姿勢をとれているかを確認できる4つのチェックポイントをお伝えします。

<ケース3>母乳が出過ぎている?

Lazy dummy

母乳は赤ちゃんが飲む量に合わせて作られますが、産後しばらくの間は作られる量と飲む量のバランスが取れず、飲む量を大幅に超える母乳が作られてしまうことがあります。そうすると、授乳するときに勢いよく出すぎて赤ちゃんがむせてしまったりします。

人によっては母乳量の調整に時間がかかることもあります。一般的に張りが落ち着いてくるといわれる2~4週間を過ぎても母乳量が安定しなかったとしても、焦らずもう少しだけ様子を見るようにしましょう。

<対処法>少し搾乳してから授乳しよう!

赤ちゃんが授乳のときにむせやすい場合は、少しだけ母乳を搾ってから授乳をするようにしましょう。また、授乳姿勢を工夫することで飲みやすくなることもあります。縦抱きで、ママが後ろにもたれかかるような姿勢をとると、母乳の流れをコントロールしやすくなります。

産後早期には、出すぎるからと言って片側だけ授乳して減らさなくて大丈夫。多くの場合、新生児期を過ぎれば母乳量が安定してきて、おっぱいが張りすぎることもなくなってくるので、焦らず対処してくださいね。

<ケース4>寝てしまう?

Lazy dummy

授乳中に十分な量を飲む前に赤ちゃんが眠ってしまうこともあります。そうなると、またすぐにお腹が空いて目覚めてしまい、結果必要以上に頻回に授乳が必要になってしまいます。

<対処法>縦抱きで授乳してみよう!

横抱き授乳で眠ってしまいがちなのであれば、縦抱き授乳に挑戦してみましょう。横抱きより起きていてくれやすくなります。首がすわらないうちは不安に思うかもしれませんが、頭と首をしっかり支えれば新生児期から縦抱きは可能です。

●縦抱き授乳については以下の記事を参考にしてください。

【助産師解説】新生児からOK! 縦抱き授乳のやり方 メリットって?

https://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/8147

授乳というと横抱きのイメージですが、縦抱きでも授乳はできます。でも、生まれたばかりの赤ちゃんはとても小さくて柔らか。首も腰も据わらずふにゃふにゃしているので、抱っこをするのにもドキドキしてしまいますね。そんな月齢が低い赤ちゃんでも縦抱きで授乳しても大丈夫なのか、どんな場合に向いているかなどを解説します。

赤ちゃんがなかなか起きてくれないときは、おむつを替えたり、優しく刺激をして起こしてみましょう。肌着を脱がせたり、薄着にしたりするのも効果的です。

まとめ

まだ上手におっぱいを飲めない新生児の赤ちゃんも、成長するにつれ上手に飲めるようになってきます。試行錯誤が必要な時期でママも大変ですが、状況に応じた対策を試し、どうにか乗り切ってくださいね。そのほかにも赤ちゃんの授乳について悩みがあれば、母乳外来や新生児訪問で相談してみましょう。

この記事を解説してくれた先生
坂田 陽子先生
看護師、助産師、国際認定ラクテーションコンサルタント。葛飾赤十字産院、愛育病院、聖母病院のNICU・産婦人科に勤務し、延べ3000人以上の母児のケアを行う。その後、都内の産婦人科病院で師長を経験。現在は東京で「すみれ出張助産院」を開業している。
HP:https://sumire-josanin.com/

(文:マイナビウーマン子育て編集部/監修:坂田陽子先生)


※画像はイメージです

※この記事は、マイナビウーマン子育て編集部の企画編集により制作し、助産師の監修を経た上で掲載しました

※本記事は子育て中に役立つ情報の提供を目的としているものであり、診療行為ではありません。必要な場合はご自身の判断により適切な医療機関を受診し、主治医に相談、確認してください。本記事により生じたいかなる損害に関しても、当社は責任を負いかねます

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。
※新型コロナウイルス感染症についての最新情報は、[内閣官房][厚生労働省]妊婦に関する情報[日本小児科学会]幼児に関する情報など公的機関等で発表されている情報をご確認ください。

関連する投稿


母乳育児を快適に! ピジョン「母乳フリーザーパック」リニューアル

母乳育児を快適に! ピジョン「母乳フリーザーパック」リニューアル

ピジョンは8月17日より、「母乳フリーザーパック」を保存パックの口の部分をダブルチャックにリニューアルし、さく乳器「母乳アシスト(R)」に母乳フリーザーパックを直接つないでさく乳できる「母乳フリーザーパックアダプター」を新発売します。


【医師監修】授乳中は貧血になるの? 鉄分不足の原因と改善方法

【医師監修】授乳中は貧血になるの? 鉄分不足の原因と改善方法

産後、授乳している時期に、貧血がなかなか治らず困っているママもいることと思います。授乳と貧血は関係しているのでしょうか? 今回は授乳期の貧血の原因や、貧血を改善するためにできること、赤ちゃんの貧血についてもお話します。


【医師監修】赤ちゃんの便秘と母乳との関係性とは?

【医師監修】赤ちゃんの便秘と母乳との関係性とは?

赤ちゃんの便秘と母乳には関係があるのでしょうか? そもそも赤ちゃんの便秘はどんなものなのでしょうか? 今回は、赤ちゃんが便秘かどうかの見分け方や、便秘になった時のケア、便秘を起こす病気についても説明します。


【医師監修】赤ちゃんに水道水っていいの? ミルク用にも大丈夫?

【医師監修】赤ちゃんに水道水っていいの? ミルク用にも大丈夫?

赤ちゃんのミルクや離乳食などに、水道水を使っても大丈夫かどうか気になったことはありませんか? 今回は、日本の水道水の安全性や、臭いなどがした時の対策方法、水道水を使ったミルクの作り方についてお話します。


【助産師監修】ニップルシールド(乳頭保護器)って何? 授乳の乳首痛で使えるの?

【助産師監修】ニップルシールド(乳頭保護器)って何? 授乳の乳首痛で使えるの?

「ニップルシールド(乳頭保護器)」は、母乳育児がうまくいかないときのお助けアイテムのひとつ。市販されていて誰でも購入できますが、使用にはいくつか注意点があります。特に痛みがあるときの使用については、よく確認した方がよさそうです。ニップルシールドの利点とリスク、使うときの注意点を紹介します。


最新の投稿


【医師監修】3歳児の理想的な睡眠時間は? 睡眠不足の影響と対処法

【医師監修】3歳児の理想的な睡眠時間は? 睡眠不足の影響と対処法

「寝る子は育つ」という言葉があるように、子供の成長にとって睡眠はとても大切。3歳の子供の理想の睡眠時間は10~13時間、最低でも8~9時間はとる必要があるといわれます。今回は、3歳児の睡眠の特徴や就寝・起床時間、睡眠不足のリスク、睡眠改善のコツなどを解説します。


離乳食の完了期(1歳~1歳半ごろ)の進め方は?パクパク期のおやつのあげ方など

離乳食の完了期(1歳~1歳半ごろ)の進め方は?パクパク期のおやつのあげ方など

栄養のほとんどを食事からとるようになる離乳完了期、通称“パクパク期”。前歯でかじり取って、奥歯や歯ぐきで上手にパクパク食べられるようになってきます。大人の食事に近づくこの時期の進め方のポイントをお伝えします。調理の手間をはぶくコツや、母乳・ミルクとのバランスなど、このころによくある悩みも要チェック!


【医師監修】赤ちゃんの爪やすり人気3選 | 大事な爪の削り方と使い方

【医師監修】赤ちゃんの爪やすり人気3選 | 大事な爪の削り方と使い方

赤ちゃんの爪は数日で長くなってしまいます。赤ちゃんの爪を整えるアイテムでは爪切りの他、「爪やすり」もよく見かけますね。爪やすりの使い道や爪の長さの目安などの他、人気の赤ちゃん用爪やすりも紹介します。


離乳食の作り方。知っておきたい6つの基本【管理栄養士監修】

離乳食の作り方。知っておきたい6つの基本【管理栄養士監修】

離乳食は大人の食事とは異なるもの。離乳初期・中期・後期・完了期の発達段階によって適したかたさや調理方法が違ってきます。慣れない離乳食作りに悩むママ・パパに向けて、料理の専門家が離乳食作りの基本をお伝えします。


【医師監修】赤ちゃんのでべそ(臍ヘルニア)の原因・症状・治療について

【医師監修】赤ちゃんのでべそ(臍ヘルニア)の原因・症状・治療について

へその緒を切ったばかりの赤ちゃんの「おへそ」は、ちょっぴり膨らんでいるものです。でも、時間が経ってもおへそが出ていたら、「臍ヘルニア」の可能性もあります。臍ヘルニアになる原因や、普通の「でべそ」との違い、治療などについてお話しします。