【医師監修】新生児期の泣きやまない問題!注意点と上手な4つの対応

【医師監修】新生児期の泣きやまない問題!注意点と上手な4つの対応

産後、赤ちゃんと暮らし始めて戸惑うことがたくさんあることでしょう。中でもなぜ赤ちゃんが泣いているのかわからなかったり、なかなか泣き止まないことに悩むママやパパは少なくありません。今回は新生児が泣き止まない理由や対処法についてお話します。


新生児の赤ちゃんはなぜ泣くの?

Getty logo

そもそも新生児とは

新生児とは、生まれた日を0日として「生後28日未満の赤ちゃん」のこと。

この時期の赤ちゃんは、何度も起きたり眠ったりを繰り返し、1回3~5時間ずつ、1日で合計15~18時間眠ります。

おしっことうんちも少量ずつ何度も出し、授乳も頻繁で1~3時間おきになることも珍しくありません。

この時期はママの体も出産のダメージから回復中ということもあり、慣れない子育てに疲れたり悩んでいることが珍しくありません。中でも、新生児の赤ちゃんの泣きにどう対処したらいいか、頭を悩ませているママは少なくないのではないでしょうか。

多くの新生児ママが「赤ちゃんの泣き」に困っている

Getty logo

2010年に行われたある調査では、約半数の人が「乳児の泣きで困った時期がある」と答えており、そのうち7割の人がその時期を「生後 2 ヶ月未満」と答えていました。

初産婦によく見られたのが「泣きの原因がわからないから悩んでしまう」という悩み。赤ちゃんが泣いて困ったために「育児がつらい」と答えていた人は、経産婦よりも初産婦の方に多い傾向がありました[*1]。

育児に慣れていなければ慣れていないほど、赤ちゃんの泣きに悩み、つらいと感じるのは当たり前のことなのです。

新生児の情緒は「興奮」だけ

赤ちゃんが泣いていると、何かを求めていたり、つらい、苦しいなどの感情を訴えているように感じる人もいることと思います。

実際には、新生児期の赤ちゃんの情緒は「興奮」だけと言われています。やがて漠然とした不安感や安心感も感じるようになり、生後3ヶ月ごろには快感や不快感、生後6ヶ月ごろからは怒ったり怖がったりなどの情緒も成長とともに育っていきます[*2]。

そのため、新生児は刺激に反応して泣くこともあるのです。

赤ちゃんは理由なく泣くことも

特に赤ちゃんが低月齢のころは、理由もなく泣くこともあります。
これは「パープルクライング」と呼ばれています。この泣きは理由がないだけでなく、なかなか泣き止まないことでも知られています。

理由なく泣くパープルクライングとは?

赤ちゃんの泣きにはピークがあります。一般的には生後2週間ごろから泣く時間が多くなり、生後2ヶ月ごろで泣く時間が最大になります。ただし、この泣きのピークには個人差があり、中には生後3週や8週で泣きのピークを迎える子もいます。

このころは、何をやっても泣き止まない場合も多いこともわかっており、「パープルクライング」と呼ばれています。
ピークを過ぎれば泣きはだんだんと治まっていくのも「パープルクライング」の特徴です[*3] 。

パープルクライング(赤ちゃんの泣き曲線)

パープルクライングの6つの特徴

パープルクライングは次の6つの特徴の頭文字を取って、「パープル(PURPLE)」と名づけられています。

P:泣きのピーク(Peak of Crying)

赤ちゃんは生後2週間ごろから泣き始め、週数が増えるにつれてさらに泣くようになります。生後2ヶ月目でもっともよく泣き、生後3~5ヶ月くらいにこうした泣きは減っていきます。

U:予想外(Unexpected)

泣き続けるうちに泣き止みますが、どちらも原因はわかりません。

R:なだめても抗う(Resists soothing)

どんなふうになだめても泣き止みません。

P:痛そうな表情(Pain-like face)

Getty logo

泣いている最中は、痛みがなくても痛そうに見えることがあります。

L:長く続く(Long lasting)

泣きはトータルで1日に5時間、またはそれ以上続きます。

E:夕方から晩(Evening)

午後遅くや夕方~夜の初めくらいによく泣きます。

新生児の泣きには必ずしも理由があるとは限りません。理由もなく泣き始めて、抱っこしたりあやしたり、授乳などのお世話をしても泣き止まないのはよくあることです。
では、赤ちゃんが泣き始めて、なかなか泣き止まない時にはどうしたらいいのでしょうか? 次の章で紹介します。

泣かれたらどうする?

赤ちゃんが泣いている時に、それが理由のある泣きかどうかはなかなか見分けられないものです。
そのため、泣いたらまずは色々とやってみることがおすすめです。

お世話をする

授乳をし、おむつ替えもしてみましょう。

体の状態を確認する

おむつかぶれがないか、服がきつくないか確認しましょう。
暑かったり寒かったりしないかもチェックします。

あやしてみる

Getty logo

抱っこしてトントンしたり、おくるみで包んでみましょう。お腹の中にいた時を思い出せるように、「シー」という音を聞かせる、ビニールをクシャクシャさせるのもおすすめです。
また、ドライブに行くと心地よい振動で泣き止むこともあります。

泣き止まない時には少し離れて

色々と試してみても、赤ちゃんが泣き止まないことは珍しくありません。「赤ちゃんは泣くのが仕事」という言葉もあるくらいよくあることです。
誰が悪いわけでもありませんが、同時にママやパパがイライラしたりつらくなるのも当たり前のことです。

新生児がどうしても泣き止まず、イライラしたりつらくなってしまったら、赤ちゃんを安全な場所に寝かせて少しだけその場を離れましょう。
少しして気持ちが落ち着いたら、戻って赤ちゃんの様子を確認してくださいね。

やってはいけない泣き止ませ方

赤ちゃんが泣き続けてカッとなったとしても、「赤ちゃんを激しく揺さぶる」ようなことだけはやらないようにしましょう。

赤ちゃんの脳はとても柔らかく、ダメージを受けやすくなっています。また、体に比べて頭も大きいので、激しく揺さぶられると首がしなって、頭の中に大きな回転力がかかります。そのため、脳のまわりの血管や脳の神経が引きちぎられることがあるのです。
これを「乳幼児ゆさぶられ症候群」(揺さぶられっ子症候群)といいます。

「乳幼児ゆさぶられ症候群」は将来的に言語障害や学習障害、歩行困難、失明を起こすことがあり、最悪の場合死に至ることさえもあります[*4]。

病気などの泣きとの見分け方

パープルクライング以外にも、赤ちゃんが病気などの理由で泣き止まないことはあります。
泣いている時にこんな様子が見られたら、病院で診てもらいましょう。

様子を見て診療時間に病院へ

次の症状だけであれば、慌てなくてもまず大丈夫です。

□ 2~3日前からうんちが出ていない。
□ おしりが赤い。


自宅で様子を見て診療時間になったら病院で診てもらいましょう。なお、症状が変わったり、次の章の症状が見られたら急患として受診するのがおすすめです。

至急病院へ!

泣いている時に次の症状が見られたら、診療時間に関わらず急患として病院で診てもらうようにしましょう。

□ 泣いていたのに、急に泣き止みぐったりした。
□ 38度以上の発熱がある。
□ おまた(陰のう、股のつけね)がふくらんでいる。
□ 耳だれがある。
□ 顔色が悪く、不機嫌にしている。
□ 血便や頻回の嘔吐がある。

受診した時には、「いつもと違う泣き方かどうか」「違うとしたら、どんなところが違うか」も医師に伝えましょう。
また、その他にも気になることがあれば気軽にかかりつけの小児科に相談してくださいね。

まとめ

Getty logo

新生児期の赤ちゃんは、理由があって泣くことがあるのはもちろん、理由なく泣く場合もあります。泣き始めたら、まずはあやしたり、お世話をするなど、いろいろ試してみて、体の様子もチェックしましょう。泣くだけでなく気になる症状もある場合は、医療機関で相談するようにしましょう。
なお、何をしても泣き止まず、体調にも変わりがないなら、パープルクライングの可能性があります。泣き止まなくて泣き声がつらくなったりイライラしたら、赤ちゃんを安全な場所に寝かせて、少し離れて落ち着いてもかまいません。
理由ない泣きはどんなママやパパにとってもつらいものですが、やがて成長とともに落ち着いていきます。赤ちゃんが大声で泣けるほど元気に育っているのだと思って、気長に泣きにつきあっていきたいですね。

この記事の監修ドクター
梁 尚弘先生
りょうキッズクリニック(埼玉県所沢市)院長。平成10年順天堂大学卒業後、日本大学小児科研修医、沼津市立病院小児科、横須賀市立市民病院小児科、日本大学小児科助教、瀬戸病院小児科医長を経て現在に至る。小児科専門医。

(文:大崎典子/監修:梁尚弘先生)

※画像はイメージです

参考文献
[*1]「乳児の「泣き」に対する母親の対処行動に関する調査」明治国際医療大学誌 15 号:1-9,2016
http://www.meiji-u.ac.jp/bulletin/2016-15/01_natsuyama.pdf
[*2]「お母さんと子どものコミュニケーションのために -0~3歳までのお子さんのお母さんへのヒント集-」(厚生労働省)
http://rhino.med.yamanashi.ac.jp/sukoyaka/pdf/mama_communi.pdf
[*3]Ronald G.Barr「Why Does My Baby Cry So Much?」
http://purplecrying.info/sub-pages/crying/why-does-my-baby-cry-so-much.php
[*4]「赤ちゃんが泣き止まない 泣きへの理解と対処のために」厚生労働省
https://www.mhlw.go.jp/file/04-Houdouhappyou-11901000-Koyoukintoujidoukateikyoku-Soumuka/0000030731.pdf

※この記事は、マイナビウーマン子育て編集部の企画編集により制作し、医師の監修を経た上で掲載しました

※本記事は子育て中に役立つ情報の提供を目的としているものであり、診療行為ではありません。必要な場合はご自身の判断により適切な医療機関を受診し、主治医に相談、確認してください。本記事により生じたいかなる損害に関しても、当社は責任を負いかねます

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。
※新型コロナウイルス感染症についての最新情報は、[内閣官房][厚生労働省]妊婦に関する情報[日本小児科学会]幼児に関する情報など公的機関等で発表されている情報をご確認ください。

関連する投稿


コンビネクスト「ラップクラッチ」が2020年度日本子育て支援大賞受賞

コンビネクスト「ラップクラッチ」が2020年度日本子育て支援大賞受賞

コンビの子会社でアパレル事業を行っているコンビネクストの製品「ラップクラッチ」は、このほど、「2020年度日本子育て支援大賞」を受賞しました。


母乳育児を快適に! ピジョン「母乳フリーザーパック」リニューアル

母乳育児を快適に! ピジョン「母乳フリーザーパック」リニューアル

ピジョンは8月17日より、「母乳フリーザーパック」を保存パックの口の部分をダブルチャックにリニューアルし、さく乳器「母乳アシスト(R)」に母乳フリーザーパックを直接つないでさく乳できる「母乳フリーザーパックアダプター」を新発売します。


【絵本】おばけだって成長したい! ながおたくま「のほほんべー」

【絵本】おばけだって成長したい! ながおたくま「のほほんべー」

マイナビウーマン子育てと絵本作家のながおたくまさんとのコラボ企画!ながおたくまさんの絵本がKindle電子書籍に登場しました。もっとおばけの成長を描いた絵本「のほほんべー」の魅力をご紹介します。


【絵本】コミカルな展開満載! ながおたくま「ぎっくりごしのサンタクロース」

【絵本】コミカルな展開満載! ながおたくま「ぎっくりごしのサンタクロース」

マイナビウーマン子育てと絵本作家のながおたくまさんとのコラボ企画!ながおたくまさんの絵本がKindle電子書籍に登場しました。おちゃめなサンタさんとトナカイのやり取りが楽しい絵本「ぎっくりごしのサンタクロース」の魅力をご紹介します。


【絵本】遊びからひろがる冒険! ながおたくま「チリンチリンバス」

【絵本】遊びからひろがる冒険! ながおたくま「チリンチリンバス」

マイナビウーマン子育てと絵本作家のながおたくまさんとのコラボ企画!ながおたくまさんの絵本がKindle電子書籍に登場しました。こどもの遊びからひろがる冒険を描いた絵本「チリンチリンバス」の魅力をご紹介します。


最新の投稿


離乳食のツナ缶はいつから?中期・後期・完了期レシピ【管理栄養士監修】

離乳食のツナ缶はいつから?中期・後期・完了期レシピ【管理栄養士監修】

ストックがしやすいツナ缶を常備しているご家庭は多いでしょう。もしツナ缶も離乳食に使えたら便利ですよね。今回は赤ちゃんにツナ缶をいつからあげられるか、汁は捨てた方がいいのか、離乳食ではどんな種類を選べばいいのかなどを解説します。中期・後期・完了期の赤ちゃん喜ぶツナ缶レシピも一緒にチェックしてくださいね。


離乳食のいんげん(さやいんげん)はいつから?離乳食レシピ3つ【管理栄養士監修】

離乳食のいんげん(さやいんげん)はいつから?離乳食レシピ3つ【管理栄養士監修】

鮮やかな緑色のいんげんは、離乳食に彩りを添えてくれます。今回は赤ちゃん喜ぶ3つのいんげん離乳食レシピのほか、「冷凍いんげんはそのまま使っていい?」「うんちにそのまま出てきたけど大丈夫?」などの疑問について解説します。


離乳食のなすはいつから?中期・後期・完了期レシピ【管理栄養士監修】

離乳食のなすはいつから?中期・後期・完了期レシピ【管理栄養士監修】

離乳中期以降にオススメの食材「なす」について、赤ちゃんが喜ぶレシピを3つご紹介します。その他、リニュ食を作る際に知っておきたい下処理のコツ、加熱のコツ、焼くレシピでもアク抜きは必要かなどを解説します。


離乳食の3回食はいつから?始め方や進め方など【管理栄養士監修】

離乳食の3回食はいつから?始め方や進め方など【管理栄養士監修】

2回食が順調に進み、落ち着いたら次は3回食に増やしてみましょう。「いつから3回食を始める?」「1回の量も増やしていくの?」などのママの疑問を解説します。


離乳食で2回食の進め方は?献立表や量、よくある悩み【管理栄養士監修】

離乳食で2回食の進め方は?献立表や量、よくある悩み【管理栄養士監修】

1日1回の離乳食をスムーズに食べてくれるようになったら、次のステップは1日2回食。「どんなタイミングで2回に増やす?」「量はどれくらいになる?」というママの疑問を1日の生活スケジュールを提案しながら解決していきます。