【医師監修】赤ちゃんの鼻づまり原因と3つの対処法とは?

【医師監修】赤ちゃんの鼻づまり原因と3つの対処法とは?

赤ちゃんの場合、鼻づまりはよくあることですよね。夜眠れなかったり、ミルクが飲み辛らそうだったり、見ていてかわいそうになってしまい、「何かの病気なの?」と心配になってしまいますよね。今回、「なんとかしてあげたい!」と焦るママさんに即役立つ、赤ちゃんの鼻づまりの原因や対処法などをお伝えしていきます。


赤ちゃんの鼻づまりで見られることは?

Getty logo

※画像はイメージです

大人でも辛い鼻づまりですが、赤ちゃんの場合は鼻水が溜まっていることを自分で訴えることが出来ません。では、どうやって鼻づまりを起こしているかを見つけることができるのでしょうか。

それは日頃のちょっとしたことから見つけることができます。一番接しているお母さんや家族が早くに気づいてあげられるとよいですね。以下の点に注意して見てみましょう。

(1)母乳やミルクが飲みにくそう

鼻がつまっていると、おっぱいや哺乳瓶の乳首を咥えてもすぐに離してしまい、泣いてしまうようなことを繰り返すことがあります。乳首を吸っている時は鼻で呼吸をすることになります。しかし、鼻づまりが起きていると、その鼻呼吸ができなくなり、乳首を吸っても苦しくてすぐに離してしまうのです。さらに、お腹が空いているので、何度か乳首を吸っては離すことを繰り返したり、むせ込みながら飲もうとしたりすることになります。乳首を吸っている時に、「ブーブー」「ズーズー」といったような鼻づまりの音が聞こえるのも一つの特徴です。

(2)機嫌が悪く寝つかない

大人でもあることですが、鼻づまりで寝苦しいという状態です。赤ちゃんは自分で鼻をかむことができません。寝ている時に鼻呼吸ができないと、寝つけなかったり、途中で目が覚めてしまうといった状況になります。

そうすると、眠いのに寝られないので機嫌が悪くなり、なんだか今日はずっと泣いている、ぐずっているなどの状態が続きます。

(3)鼻水の状態で判断

赤ちゃんの鼻水が黄色や緑っぽい色だった場合は、細菌などに感染している可能性があります。白血球の死骸が鼻水に混ざり、黄緑色の鼻水になると鼻がつまりやすくなるので、ママは注意してこまめに鼻水をとってあげてください。

赤ちゃんが鼻づまりになる原因は?

秋~冬の時期に多くなってくるのが、風邪を含めた感染症。風邪も赤ちゃんの鼻づまりの原因の1つです。

人間の身体は細菌やウイルスが侵入すると、その病原体がこれ以上侵入してこないように、悪さをしないように熱や鼻水などの一般的な風邪の症状が出現します。特に鼻は身体への入り口でもあるため、細菌やウイルスが鼻の粘膜を攻撃しやすく、炎症を起こし、鼻水が出やすい状況となります。また、鼻水で病原体の侵入をブロックしている役割もあるのです。

また、アレルギーの原因となる花粉やスギ、ハウスダストなどを吸い込むと、アレルギー反応として同じように鼻水が作られ、身体への侵入をブロックするため、鼻がつまってしまうこともあります。

鼻づまりになった赤ちゃんの2つの解消法

(1)加湿して鼻水を出しやすくする

特に冬の鼻水は乾燥によりカチカチに固まっていたり、粘り気があることが多いですよね。それを無理矢理に綿棒や吸引器で取ろうとすると、粘膜を傷つけてしまう可能性があります。

こうした場合、お風呂上がりに鼻の掃除をするのがよいでしょう。浴室の蒸気で鼻水が柔らかく取り出しやすくなります。そのほか、部屋を加湿したり、鼻水を取るときに温かい蒸しタオルを鼻の周りにあてて柔らかくするのも試してみる価値があります。

(2)綿棒や鼻水吸引器を使う

少し大きくなってくると、鼻をかむことができるようになる子もいますが、赤ちゃんの場合はなかなか難しいですよね。特に黄色や緑っぽい色の固まったものを取るのは、暴れて泣かれて一苦労です。そこで、鼻水を取りやすくする方法を紹介します。

一番簡単なのは、細めの綿棒や鼻水吸引器を使うことです。細めの綿棒の場合は、入口付近のものを取るのに適していますが、あまり奥まで入れると鼻の粘膜を傷つけ、鼻血が出てしまったりするので気を付けましょう。もう一つは鼻水吸引器です。しょっちゅう鼻水が出ているのであれば、自宅用に1つ用意しておくと安心かもしれません。口で吸うタイプやスポイトタイプ、電動タイプなどがありますので、それぞれ商品の特徴などを比較して選ぶとよいでしょう。

(1)、(2)を何度か練習させてみるだけでも違ってくると思われます。ぜひ実践してみてください。

<口コミ・体験談>赤ちゃんの鼻づまり

赤ちゃんのころは鼻くそがつまって3、4日取れないことがよくありました。「スピー、スピー」という音を聞いていると、私の方が息苦しくなりそうでした。綿棒で取ろうにも余計に中へ入ってしまいそうで、恐る恐るやっていたから取りきれず。そのままにしていたら自然となくなってました。(31歳/長男4歳/金融/専門職)
生後半年くらいからよく鼻水がたれるようになって、おっぱいを飲むときに苦しそうでした。ティッシュでこまめに拭いていたら、鼻の下が赤くなってしまいました。(36歳/長男3歳/情報/アシスタント)
赤ちゃんのころはよく鼻水を出していました。おきまりのパターンは、1〜2日目が透明→3日目から緑色→それがしばらく続いてから治る、といった感じ。耳鼻科でお薬を出してもらっていました。(35歳/長女2歳/不動産/事務職)
生まれたばかりのころは鼻をフガフガさせていて、つまってるのかと心配していたら、小児科の先生に「赤ちゃんは鼻腔が狭いので、そのせいだよ」と教えてもらいました。保育園に行くようになると、1年の3分の1は鼻水が出てるんじゃないかと思うくらいだったので、吸引力あって楽そうな電動の鼻吸い器を買いました。高かったけれど下の子にも使ってるし、元は取ったかな。(32歳/長男7歳・長女0歳/医療/介護職)

※マイナビウーマン子育て調べ 調査日時:2020年4月1日~4月7日

                   

【医師監修】新生児が鼻をフガフガさせる原因と時期、5つのホームケア

https://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/7441

生後1ヶ月以内の新生児が鼻をフガフガとさせていると、病気ではないかと気になりますね。新生児が鼻をフガフガさせるのはなぜか、よく鼻をフガフガさせる時期はいつか、またおすすめのホームケアを紹介します。

鼻づまりで病院に行く時の目安は?

鼻水が出たからといって、すぐに病院に行かなくてはならない、ということではありません。大人でも季節の変わり目に少し鼻をすする程度のことはありますよね。赤ちゃんの場合も、透明な鼻水が出ているだけの場合は、室温や湿度などに気を付け、しっかり睡眠を取らせる、身体に無理をさせない、という対応で問題ありません。しかし、鼻水以外にも熱が出てきた、咳が続くなどの他の症状が現れたときは、風邪を含めた感染症などの可能性が高まりますので、受診する目安にしましょう。

まとめ

赤ちゃんによくある鼻づまりの症状、病院に行くほどではないけれど、家でどう対処したらよいのかと悩まれる人も多いのではないでしょうか? 鼻づまりは風邪や感染症、アレルギーなどが原因で起こる場合もあります。ママは赤ちゃんの様子の変化など、注意して見てあげましょう。そして、もし鼻が詰まって辛そうなら、今回紹介した解消法を試してみてください。それでも症状が改善されない場合は、かかりつけの小児科や耳鼻科を受診しましょう。

この記事の監修ドクター
向洋こどもクリニック 梶梅 輝之先生
川崎医科大学 卒業後、広島市立 舟入病院小児科部長を経て向洋こどもクリニックを開院。子供の病気の診療や予防はもちろんのこと、心身の健全な発達を支援し、ご家族の皆様と子供の成長をともに喜び合えるクリニックにして行きたいと考えています。
http://www.mndcc.jp/index.html

※この記事は 医療校閲・医師の再監修を経た上で、マイナビウーマン子育て編集部が加筆・修正し掲載しました(2018.08.20)

※記事の修正を行いました(2019.06.07)

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。
※新型コロナウイルス感染症についての最新情報は、[内閣官房][厚生労働省]妊婦に関する情報[日本小児科学会]幼児に関する情報など公的機関等で発表されている情報をご確認ください。

関連する投稿


「ワンワンわんだーらんど」10周年記念DVD特設サイトがオープン

「ワンワンわんだーらんど」10周年記念DVD特設サイトがオープン

NHK Eテレの子ども番組「いないいないばあっ!」のステージ「ワンワンわんだーらんど」は7月8日に、公演開始から10周年を記念したスペシャルパーティーのステージ映像を収録したDVDを、日本コロムビアから発売します。先行してダイジェスト映像の特設サイトが7月1日に、オープンしました。


アドベンチャーワールドが24時間オンラインライブ配信イベント開催

アドベンチャーワールドが24時間オンラインライブ配信イベント開催

和歌山県白浜町のアドベンチャーワールドは、6月27日〜28日の2日間渡り、24時間オンラインライブ配信イベント「アドベンチャーワールド 24Smile LIVE」を開催します。アドベンチャーワールドのスタッフが公式YouTubeチャンネルより、動物たちの生態を描く様々な企画をLIVE配信します。


ファンケルのスキンケア「ベビーケアライン」7月リニューアル発売

ファンケルのスキンケア「ベビーケアライン」7月リニューアル発売

ファンケルは7月16日より、「ベビーケアライン」を通信販売と直営店舗においてリニューアル発売すると発表しました。新生児のデリケートな赤ちゃんの肌にも使える安全性の高い成分と使いやすさにこだわって開発されました。


 こだわり満載! ママ向け夏用・子ども用はらまきが、期間限定で実店舗にて販売

こだわり満載! ママ向け夏用・子ども用はらまきが、期間限定で実店舗にて販売

オーガニックコットン衣料ブランド「プラスニド」から、夏用はらまき「あなたになじむなつのはらまき」と、子ども用「ママがたすかるキッズはらまき」が、期間限定で実店舗にて販売されます。


ママも子どもも一緒に! 「マー&ミー ラッテ」のトリートメント&スタイリング5種が登場

ママも子どもも一緒に! 「マー&ミー ラッテ」のトリートメント&スタイリング5種が登場

おとなと子どもが一緒に使えるヘアケアブランド「mä&më Latte (マー&ミー ラッテ)」から、新シリーズ「洗い流さないトリートメント&スタイリング」が8月28日より発売されます。


最新の投稿


仕事も育児もあきらめたくない。それを叶えたのが「テレワーク」だった 関根麻奈さん #働くママの人生

仕事も育児もあきらめたくない。それを叶えたのが「テレワーク」だった 関根麻奈さん #働くママの人生

赤ちゃんとの生活がスタートして一息ついたと思ったら、保活・職場復帰、仕事との両立などなど、働くママは心も体も忙しい毎日。他のママたちはどんな風に一日を過ごしているのか、どんな考え方で育児をしているのか、夫婦間での分担は?など、働くママが知りたい、リアルな日常をインタビュー。


チルドレン・ファーストがうれしい!「渋谷区」の子供・子育て支援計画

チルドレン・ファーストがうれしい!「渋谷区」の子供・子育て支援計画

渋谷区というと有名なスクランブル交差点がある渋谷駅周辺をはじめ、恵比寿、原宿、代官山など賑やかな街のイメージ。子育て世代が住むには向かないと思う方もいるかもしれません。ですが実際は、繁華街から少し離れた先に閑静な住宅街が広がり、働くママにとって子育てがしやすい街として人気があります。渋谷区の人気の秘密を調査しました。


いつも気負わずニュートラルが大事!新卒から営業職 葛山みずほさん #働くママの人生

いつも気負わずニュートラルが大事!新卒から営業職 葛山みずほさん #働くママの人生

赤ちゃんとの生活がスタートして慣れたと思ったら、保活・職場復帰、仕事との両立などなど、働くママは心も身体も忙しい毎日。他のママたちはどんな風に1日を過ごしているのか、どんな考え方で育児をしているのか、夫婦間での分担は?など、働くママが知りたい、リアルな日常をインタビュー。


「ワンワンわんだーらんど」10周年記念DVD特設サイトがオープン

「ワンワンわんだーらんど」10周年記念DVD特設サイトがオープン

NHK Eテレの子ども番組「いないいないばあっ!」のステージ「ワンワンわんだーらんど」は7月8日に、公演開始から10周年を記念したスペシャルパーティーのステージ映像を収録したDVDを、日本コロムビアから発売します。先行してダイジェスト映像の特設サイトが7月1日に、オープンしました。


中高生になっても地域で育児をサポートする「杉並区」の支援体制

中高生になっても地域で育児をサポートする「杉並区」の支援体制

引っ越しを考えたとき、転居先は何を基準に選びますか? 共働きで子育てをしていくなら、家賃や勤務先へのアクセスだけで選ぶのは少しもったいないですよね。子育てに関する市のサポート体制や、街全体として育児がしやすい雰囲気なのか等も、検討する上で重要ポイントになります。今回は、子育てしやすい街として人気の杉並区を調査しました。