ママのための悩み解決サイト
【医師取材】赤ちゃんの室温の目安は? 季節別の温度調整ガイド

【医師取材】赤ちゃんの室温の目安は? 季節別の温度調整ガイド

赤ちゃんの体温調節は自分だけではとてもできません。エアコンだけでなく服装も工夫して、春夏秋冬それぞれの季節で赤ちゃんにとって快適な室温を保ちましょう。


この記事の監修ドクター
北浜こどもクリニック 北浜 直 先生
聖マリアンナ医科大学卒業、山王病院新生児科医長を経て、北浜こどもクリニックを設立。
医療機関併設型の病児保育やインフルエンザ等の予防接種、育児相談などお気軽にご相談下さい。
http://www.kitahama-kidsclinic.jp/

赤ちゃんが快適な春の室温は?

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

※画像はイメージです

気温差の激しさに注意

3~4月は季節の変わり目です。地域差はありますが、気温が不安定で変わりやすいため、室内の温度調節に気を配る必要があります。室温に合わせて服を着替えさせたり、汗をかいていたら体を拭いてあげたりなど、赤ちゃんの様子をこまめに見てあげることが大切です。赤ちゃんは体温調節機能が未熟で、発熱など体調不良になることも多いため、気温差が激しい季節・時期では注意が必要です。

室温20~25℃くらいが良い?

東京都福祉保健局が公開している「健康・快適居住環境の指針(平成28年度改訂版)」によると、冬場は室温20~25℃(湿度50-60%)が赤ちゃん(乳幼児)にとって過ごしやすい室温といえます[1]。3月は日中と日没後、あるいは暑い日と寒い日で10℃以上の気温差があることも珍しくありません。気温が高い日でも、20℃前後にしかならないことも多いので、暖房を上手に使って暖かさをキープすると良いでしょう。

暖房をつけるほどでもない時、「スリーパー」が活躍

暖房を上手に使いたい3月ですが、日差しが差し込むなど暖かい陽気の場合には、使わなくても大丈夫です。ただし、肌寒い日には、しっかりと赤ちゃんの体温をキープしなくてはなりません。そんな時に役立つのが「スリーパー」。ガーゼやコットン製のスリーパーは、寝冷え防止などの用途で、1年中使うことができるので便利です。

夏に弱い赤ちゃんを室温調整で守るコツ

大人と赤ちゃんはエアコンの使い方が違う?

大人が考える快適な室温と、赤ちゃんにとっての快適な室温は必ずしも同じではありません。赤ちゃんは外気温の影響を受けやすいので、この点を意識してエアコンを使う必要があります。特に、エアコンや扇風機の風が赤ちゃんに直接当たらないように気をつけてください。

室内でも赤ちゃんは熱中症対策が必要

体温調節が苦手な赤ちゃんは、たとえ室内であっても、以下のような熱中症対策を考えるとよいでしょう。

・エアコンを使って、室温が上がらないようにする
・カーテンで、赤ちゃんに直接太陽光が当たることを避ける
・赤ちゃんのベビーチェアは、直射日光が当たらない場所に
・エアコンだけでなく扇風機も活用する
・ミルクだけでなく、赤ちゃん用のイオン飲料や麦茶、白湯(さゆ)を飲ませる

室温26~28℃(夏場)くらいなら赤ちゃんも心地良い?

夏場の室温としては、25℃を多少超えてしまっても大丈夫。具体的には26~28℃(湿度60%)くらいに保つことを目安にしましょう。最近のエアコンは性能が良いので、室温を下げることは簡単です。しかし、外気温との温度差が大きすぎると外出時に赤ちゃんの体に負担がかかることもありますので注意しましょう。

秋の室温はおよそ何度? 赤ちゃんの寝冷えが心配

寝冷えしやすい秋、赤ちゃんの服装は?

秋が深まり気温が下がってきたら、少し厚手のベビー服を着せましょう。スリーパーを着せてあげると寝冷え防止になります。初秋は残暑が厳しく、かなり気温が高い日もあります。しかし、日が落ちてからはぐっと気温が下がるケースもあります。特に新生児は自分で体温を調整することが難しいので、室温20℃以下にならないように、暖房を使用したり、上着を着せたりして、過ごしやすくしてあげましょう。

秋も室温計をチェックするべき?

室温計の設置は、非常に重要です。秋に限らず、いつでも見られるように1年中設置しておきます。赤ちゃんは多くの時間をお部屋の中で過ごすので、正しい室温を知ることは、赤ちゃんにとって快適な環境を作るうえで不可欠です。

冬の室温を制するポイントは? 赤ちゃんの寒さ対策

赤ちゃんに理想的な冬の室温

冬の室温は20~23℃くらいに設定すると良いでしょう。なお、室温とともに湿度のキープも大切です。約60%の湿度をキープして、快適な環境を作ってあげましょう。

頻繁に布団を蹴るのは赤ちゃんが暑い証拠?

布団を蹴るような動きをすると「赤ちゃんが暑がっているのかな?」と考えてしまいがち。しかし、赤ちゃんは体温調節機能が未発達で、まだ自分で体温をうまく調節することができません。ですから、室温計などで正確に室温を判断しつつ、快適な環境をキープすることが大切となります。

まとめ

春夏秋冬の気温の変化に合わせて、赤ちゃんに合った服装を考え、温度調整を心がけてください。季節ごとに、赤ちゃんにとって快適な室温をキープしましょう。

[1]東京都福祉保健局ホームページ「健康・快適居住環境の指針(平成28年度改訂版)」
http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/allergy/pdf/indoor07.pdf

※この記事は 医療校閲・医師の再監修を経た上で、マイナビウーマン子育て編集部が加筆・修正し掲載しました(2018.06.18)

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください

関連する投稿


家族旅行で行きたい長崎の観光&アミューズメントスポット

家族旅行で行きたい長崎の観光&アミューズメントスポット

国内屈指の観光都市として有名な長崎。ハウステンボスや世界遺産にもなった軍艦島、「1,000万ドルの夜景」と謳われる稲佐山公園展望台からの美しい眺めなど、行けば絶対にはずせないスポットが満載です。中でも、親子で楽しめる家族旅行におすすめのスポットをまとめました。


家族旅行におすすめの鉄道は?乗ってみたい観光列車10選

家族旅行におすすめの鉄道は?乗ってみたい観光列車10選

リゾートやテーマパーク、アミューズメントに自然体験など、家族旅行におすすめのスポットや旅の過ごし方はさまざま。そのうちのひとつに、観光列車での旅もありますよね。子どもと一緒に楽しむのにぴったりの鉄道は? 家族でぜひ一度乗ってみてほしい観光列車をご紹介します。


家族旅行にぴったり!大人も子どもも夢中になれる台湾のスポット

家族旅行にぴったり!大人も子どもも夢中になれる台湾のスポット

家族旅行というとアミューズメント付きの滞在型ホテルでゆっくりというパターンが多いご家庭も少なくないのでは? そんな過ごし方もちょっと飽きちゃったという場合におすすめなのが、台湾。初めての家族旅行にもぴったりな台湾の魅力とおすすめスポットをご紹介します。


家族旅行ならタイ!おすすめの過ごし方とチェックポイント

家族旅行ならタイ!おすすめの過ごし方とチェックポイント

近年、タイが家族旅行の新スポットとして注目されていることをご存じですか? まだ子どもが小さくて海外旅行はちょっと……と悩んでいるご家庭には特におすすめ。滞在先やグルメ、アクテビティなど、家族旅行におすすめの過ごし方と、タイの魅力をお伝えします。


ソウルに家族旅行!親子で楽しむ遊び・グルメ・ショッピング

ソウルに家族旅行!親子で楽しむ遊び・グルメ・ショッピング

韓国は日本から飛行機でおよそ2時間半と、もっとも手軽に行ける海外旅行先のひとつですよね。そんな韓国の首都ソウルには子どもが楽しめるスポットが豊富で、小さなお子様連れの家族旅行にもぴったり。ソウルの魅力とおすすめスポットやグルメをご紹介します。


最新の投稿


映画館に幼児と行くなら!おすすめ映画は?席・時間は?

映画館に幼児と行くなら!おすすめ映画は?席・時間は?

子どもが3歳をすぎると「一緒に映画館へ行きたい」と思うママやパパも多いのではないでしょうか。せっかく行くならおすすめ作品を鑑賞したいですよね。今回、幼児向け人気の映画作品や、幼児連れなら気になる料金や席、マナーについて調査。楽しく過ごすコツについてご紹介します。


映画館に行きたい!1歳・2歳は早い?子連れにおすすめの映画は?

映画館に行きたい!1歳・2歳は早い?子連れにおすすめの映画は?

そろそろ子どもを映画館に連れて行きたい、1歳や2歳になると外出先の候補として考えるママもいるかもしれません。1歳児の映画館デビューは早いのか、料金の有無やマナーについて調査。子ども楽しみやすいディズニーなどのおすすめ映画とあわせ、ご紹介します。


映画館は赤ちゃんNG?子連れで行ける映画館は?

映画館は赤ちゃんNG?子連れで行ける映画館は?

赤ちゃんを連れての映画館、子連れは周りに迷惑をかけてしまうからと避けている方もいるでしょう。入館禁止の有無やいつから映画を楽しめるのか、わからないこともありますよね。今回は子どもが映画を鑑賞しやすい年齢や子連れ向けのサービスなど、親子で映画を楽しむ秘訣についてご紹介します。


年の差兄弟の悩みあるある!メリット・デメリット

年の差兄弟の悩みあるある!メリット・デメリット

上の子どもと下の子どもの年齢が離れている「年の差兄弟・姉妹」。10歳ほど離れていると、一方は小学校高学年、一方は生まれたばかりの赤ちゃんと、置かれた環境が全くちがうものになります。年の差兄弟のメリットやデメリット、子育てのポイントについてまとめました。


子沢山は大変だけど幸せ!兄弟・姉妹が多い家庭の育児のコツ

子沢山は大変だけど幸せ!兄弟・姉妹が多い家庭の育児のコツ

テレビで放映される大家族シリーズや、子沢山の芸能人のニュースなどを見ると、幸せそうだと思いつつも「大変なのでは?」と思ってしまいますよね。毎日の子育てにお金のやりくりなど、子沢山の家族はどうしているのか気になるもの。今回は子沢山の家族のリアルやメリット、子育てのコツをご紹介します。