ママのための悩み解決サイト
赤ちゃんにスリーパーは必要?メリットや夏と冬のおすすめタイプを紹介

赤ちゃんにスリーパーは必要?メリットや夏と冬のおすすめタイプを紹介

赤ちゃんにスリーパーは必要なのか迷っているママに、メリットをご紹介します。2歳頃は寝返りも激しいので一枚あると便利です。最近は大人用も人気がありますが、キッズは何歳まで使えるのでしょう。作り方が簡単な手作りキット、夏や冬のおすすめブランドをピックアップしました。


※記事内の商品を購入した場合、売上の一部がマイナビウーマンに還元されることがあります。

寝返りが激しい2歳児に必須?スリーパーで風邪対策!

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

赤ちゃん用の肌着を一通り揃えたあと、スリーパーも買うべきか迷っているママも多いようです。「必要?」と悩んでいるママのためにメリットや魅力をお伝えします。

使い方が簡単!そもそもスリーパーとは

スリーパーとはベビーやキッズ用の寝具で、ちょうどパジャマと布団の良いところを掛け合わせたような役割を果たします。同じスリーパーでも足元まですっぽり覆って閉じられるタイプ、足が露出するタイプ、袖がついているもの、ついていないものなど色々なタイプがあります。いずれにしても赤ちゃんにかぶせ、ファスナーを閉じるだけなので使い方はとても簡単です。

SIDS予防効果も!布団や毛布にはないメリット

スリーパーは必ず揃えなくてはいけない必須アイテムではありませんが、あるととても重宝するはずです。赤ちゃんや子どもは布団や毛布をかけてもはいでしまいますし、寝ている間に風邪をひいてしまうことも。スリーパーは激しく寝返りを打ってもお腹周りをしっかりガードするので、お腹を冷やさずに済みます。毛布の重みを嫌う赤ちゃんにもぴったりのアイテムです。

また、最近はSIDS(乳幼児突然死症候群)の予防効果もあることが分かり、人気を集めています。その他、おもらしをした時もシーツや布団がうんちやおしっこまみれになるのを防ぐことができるので、おもらし対策に使うケースも。

赤ちゃんからキッズ、大人用まで・・・何歳まで使える?

スリーパーは新生児からキッズまで使えるので、ベビーグッズの中でも長く愛用できるアイテムです。新生児サイズにジャストフィットするサイズを買うより、少し大きめサイズのスリーパーを購入し、長く使うケースが多いようです。5歳以降も使えるので、大きめサイズを選んでおくと安心です。最近は大人用スリーパーも人気で、親子でお揃いのスリーパーもよく売れています。

【PR】詰めておくるだけ!月額250円の収納サービスがとても便利!

手作りは夏向け?暑い時期にぴったりのスリーパー

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

夏に最適なスリーパーの記事やブランド一押し、手作りキットをご紹介します。

暑い時期を涼しく過ごせるスリーパーの生地は?

夏に使うスリーパーは、通気性と吸湿性に優れた生地を選びましょう。お腹を冷えから守り、背中はサラサラに保ってくれるガーゼ素材もぴったりです。ちょっと厚手のガーゼ素材なら年間を通して使うことができるので、コスパもGOOD。汗をしっかり吸い取ってくれるタオル生地も熱がこもりにくいのでおすすめです。

スリーパーの手作りに挑戦するなら夏?

夏はスリーパーの生地が薄くてもOKなので、手縫いする時も楽チンです。

■アモローサマンマ&妖精の森 ガーゼスリーパーとミトン

型紙と材料キットがセットになっているので、手作り初心者にも安心です。いそみきよさんの人気著書「ベビーと過ごす至福の時間」に掲載されている作品を作ることができるキットです。オーガニックガーゼが入っているので、素材にこだわりたいママにも満足度が高いはずです。

4月~8月頃によく売れる人気スリーパー

春夏シーズンに活躍するスリーパーをご紹介します。

■モンヌヌース 6重ガーゼスリーパー(ソレイアード)

コットン100%のガーゼを6重にした優しさ抜群の生地が魅力です。ふわふわした触り心地に赤ちゃんも機嫌良く寝てくれることが多い、と口コミでも評判。品質の高さで定評がある国産のスリーパーです。

ソレイアード SOULEIADO モンヌヌース 6重ガーゼスリーパー ブラウン 4343

¥ 3,899

(2017/11/9 時点)

■ガーゼパイル タオルスリーパー(ミキハウス)

表面はガーゼ、裏面は吸水性に富んだタオル地が使われているので、入浴後のバスローブ代わりにもなるお役立ちウェア。スナップボタンが脇についているので、脱ぎ着も楽ではだけ過ぎることもありません。カラフルな見た目も可愛く機能的な優秀スリーパー。

MIKIHOUSE(ミキハウス)ガーゼパイル タオルスリーパー ---,ピンク(08)

¥ 5,130

(2017/11/9 時点)

■ピーカーブースリーパー(ホットマン)

タオル専門のブランドが開発した高品質なスリーパーで、名前の刺繍を入れることもできます。さらっと肌触りの良いコットン100%のシャーリング生地が使われているので、蒸し暑い日のお昼寝にも役立つでしょう。

エデュテ グロバッグ grobag ピーカーブー Peek a Boo 0~6ヶ月 2.5tog イギリス生まれの赤ちゃん用寝袋 スリーピングバッグ 着る毛布 着る布団 おくるみ

¥ 7,560

(2017/11/9 時点)

■オーガニックコットン6重ガーゼスリーパー(バーニーズニューヨーク)

セレブ御用達ブランド、バーニーズニューヨークのスリーパーは出産祝いとしてプレゼントしても必ず喜ばれるでしょう。オーガニックコットン100%のガーゼを6重に重ね、通気性と保温性を兼ね備えた優秀スリーパーに仕上がっています。

冬のスリーパーを賢く選ぶコツ

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

「赤ちゃんに布団をかけても必ずはいでしまう」とお悩みのママも少なくないはずです。冬場はお腹の冷えが風邪、下痢のきっかけになるので、暖かい素材のスリーパーを準備しておきましょう。

9月から3月の秋冬シーズン!フリースやダウンを使い分けよう

最近は1年中使える季節を問わない素材のスリーパーも人気がありますが、赤ちゃんを冷えから守るためにはフリースやダウン素材が最適です。また、冬は洗濯物が乾きにくいので、速乾性抜群のマイクロファイバーも使い勝手が良い素材です。

首周りが寒くないデザインが便利

冬のスリーパー選びでは素材の保温性はもちろん、首周りや足元など露出部分にも気をつけましょう。いくらフリースなどの暖かい素材でも、首や足が剥き出しになるデザインだと防寒対策は万全とは言えません。温めすぎても寝にくくなりますが、首から冷えることがないよう、デザインにも配慮してスリーパーを選びましょう。

売れ筋ブランドは?寒い時期に最適なスリーパー

袖の長さなど細かい部分は、赤ちゃんの体質によって選びましょう。特に汗の量が多い赤ちゃんの場合、パジャマの上から着せるなら袖なしタイプでも全是問題ありません。

■おくるみスリーパー champignon (ホッペッタ)

袖口と裾を折り返すことができるので、新生児から3歳頃まで長く使えるスリーパー。生地は通気性、吸水性抜群のコットン100%6重織りガーゼなので、暖房の効いた室内で寝る時も汗でベタベタすることがありません。

ホッペッタ Hoppetta champignon おくるみスリーパー 5369

¥ 5,940

(2017/11/9 時点)

■フリーススリーパー (アンナニコラ)

袖があるフリース素材のスリーパーなので、凍える寒さの真冬でも赤ちゃんを冷えからガードしてくれます。速乾性も高く、寝ている間にかいた汗もしっかり吸収してくれます。

Anna Nicola(アンナニコラ) もこもこフリーススリーパー (110-120cm, ベージュ)

¥ 3,580

(2017/11/9 時点)

赤ちゃん本舗やベビザラスはキャラクターデザインが充実

ディズニーやはらぺこあおむし、アンパンマン、となりのトトロ、魔女の宅急便、モンスターズインクなどキャラクターデザインのスリーパーは、赤ちゃん本舗やベビザラスにたくさん揃っています。塔の上のラプンツェルなど、ディズニープリンセスのデザインも人気があります。近くに店舗がない場合、オンラインショップもチェックしてみて下さい。

はらぺこあおむし THE WORLD OF ERIC CARLE フリースベスト かいまき 袢纏 はんてん fo-hpfw03 90cm

¥ 1,080

(2017/11/9 時点)

まとめ

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

赤ちゃんやキッズのスリーパーについて、使うメリットやおすすめブランドをおつたえしました。「何歳まで使えるの?」と疑問に感じるママも多いようですが、寝返りが激しくなる2歳頃はもちろん、5歳頃まで使うケースも珍しくありません。冬と夏で素材を使い分けながら、うまく活用しましょう。

最近は大人用のスリーパーもあるので、親子でお揃いを楽しむこともできます。余裕があれば、とても良い記念になるので手作りの作り方にも挑戦してみて下さい。市販のスリーパーは赤ちゃん本舗やベビザラスでも販売されています。

※表示価格は、時期やサイトによって異なる場合がございます。詳細はリンク先のサイトでご確認くださいませ。

ベビー服に関する記事一覧を読む

#育児グッズについてもっと見る!
#ベビー用家具・寝具も見てみる?

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください

関連するキーワード


育児 育児グッズ ベビー服

関連する投稿


無印良品の福袋は毎年大人気!ベビー用の中身や値段は?

無印良品の福袋は毎年大人気!ベビー用の中身や値段は?

生活雑貨から衣類まで幅広く手掛ける無印良品、ベビー服が詰まった福袋があるのをご存じですか? ネット販売のみですが、子育て中のパパママ世代から根強い人気があるようです。今回は2018年の福袋を参考に、種類や中身、申し込み方法などについて調査しました。


家族旅行で行きたい長崎の観光&アミューズメントスポット

家族旅行で行きたい長崎の観光&アミューズメントスポット

国内屈指の観光都市として有名な長崎。ハウステンボスや世界遺産にもなった軍艦島、「1,000万ドルの夜景」と謳われる稲佐山公園展望台からの美しい眺めなど、行けば絶対にはずせないスポットが満載です。中でも、親子で楽しめる家族旅行におすすめのスポットをまとめました。


家族旅行におすすめの鉄道は?乗ってみたい観光列車10選

家族旅行におすすめの鉄道は?乗ってみたい観光列車10選

リゾートやテーマパーク、アミューズメントに自然体験など、家族旅行におすすめのスポットや旅の過ごし方はさまざま。そのうちのひとつに、観光列車での旅もありますよね。子どもと一緒に楽しむのにぴったりの鉄道は? 家族でぜひ一度乗ってみてほしい観光列車をご紹介します。


家族旅行にぴったり!大人も子どもも夢中になれる台湾のスポット

家族旅行にぴったり!大人も子どもも夢中になれる台湾のスポット

家族旅行というとアミューズメント付きの滞在型ホテルでゆっくりというパターンが多いご家庭も少なくないのでは? そんな過ごし方もちょっと飽きちゃったという場合におすすめなのが、台湾。初めての家族旅行にもぴったりな台湾の魅力とおすすめスポットをご紹介します。


家族旅行ならタイ!おすすめの過ごし方とチェックポイント

家族旅行ならタイ!おすすめの過ごし方とチェックポイント

近年、タイが家族旅行の新スポットとして注目されていることをご存じですか? まだ子どもが小さくて海外旅行はちょっと……と悩んでいるご家庭には特におすすめ。滞在先やグルメ、アクテビティなど、家族旅行におすすめの過ごし方と、タイの魅力をお伝えします。


最新の投稿


映画館に幼児と行くなら!おすすめ映画は?席・時間は?

映画館に幼児と行くなら!おすすめ映画は?席・時間は?

子どもが3歳をすぎると「一緒に映画館へ行きたい」と思うママやパパも多いのではないでしょうか。せっかく行くならおすすめ作品を鑑賞したいですよね。今回、幼児向け人気の映画作品や、幼児連れなら気になる料金や席、マナーについて調査。楽しく過ごすコツについてご紹介します。


映画館に行きたい!1歳・2歳は早い?子連れにおすすめの映画は?

映画館に行きたい!1歳・2歳は早い?子連れにおすすめの映画は?

そろそろ子どもを映画館に連れて行きたい、1歳や2歳になると外出先の候補として考えるママもいるかもしれません。1歳児の映画館デビューは早いのか、料金の有無やマナーについて調査。子ども楽しみやすいディズニーなどのおすすめ映画とあわせ、ご紹介します。


映画館は赤ちゃんNG?子連れで行ける映画館は?

映画館は赤ちゃんNG?子連れで行ける映画館は?

赤ちゃんを連れての映画館、子連れは周りに迷惑をかけてしまうからと避けている方もいるでしょう。入館禁止の有無やいつから映画を楽しめるのか、わからないこともありますよね。今回は子どもが映画を鑑賞しやすい年齢や子連れ向けのサービスなど、親子で映画を楽しむ秘訣についてご紹介します。


年の差兄弟の悩みあるある!メリット・デメリット

年の差兄弟の悩みあるある!メリット・デメリット

上の子どもと下の子どもの年齢が離れている「年の差兄弟・姉妹」。10歳ほど離れていると、一方は小学校高学年、一方は生まれたばかりの赤ちゃんと、置かれた環境が全くちがうものになります。年の差兄弟のメリットやデメリット、子育てのポイントについてまとめました。


子沢山は大変だけど幸せ!兄弟・姉妹が多い家庭の育児のコツ

子沢山は大変だけど幸せ!兄弟・姉妹が多い家庭の育児のコツ

テレビで放映される大家族シリーズや、子沢山の芸能人のニュースなどを見ると、幸せそうだと思いつつも「大変なのでは?」と思ってしまいますよね。毎日の子育てにお金のやりくりなど、子沢山の家族はどうしているのか気になるもの。今回は子沢山の家族のリアルやメリット、子育てのコツをご紹介します。