梁尚弘 先生

梁尚弘 先生

小児科医/りょうキッズクリニック院長。
平成10年順天堂大学卒業後、日本大学小児科研修医、沼津市立病院小児科、横須賀市立市民病院小児科、日本大学小児科助教、瀬戸病院小児科医長を経て現在に至る。小児科専門医。

https://www.ryou-kids.com/

所属団体

日本小児科学会認定 小児科専門医

梁尚弘 先生に関する記事


【医師監修】赤ちゃんの匂いの正体とは? ママの匂いも関係ある?

【医師監修】赤ちゃんの匂いの正体とは? ママの匂いも関係ある?

赤ちゃんからは大人にはない、少し甘くて独特な匂いがします。赤ちゃんはなぜこんな匂いがするのでしょうか? 赤ちゃんの匂いの効果やみんなが嗅ぎたくなる理由、よく嗅がれる場所、さらに病気の可能性がある匂いについても説明します。


【医師監修】魔乳とは?新生児から母乳が出る原因と対処法

【医師監修】魔乳とは?新生児から母乳が出る原因と対処法

新生児の赤ちゃんの胸からお乳が出ることがあります。ここでは、どんなふうにお乳が出るのか、原因は何か、どう対処すればいいのかなどを説明します。また、同じような原因で新生児の女の子の性器から出血する「新生児月経」も紹介します。


【医師監修】新生児月経とは?なぜ起こる?いつまで続く?なかったときも大丈夫?

【医師監修】新生児月経とは?なぜ起こる?いつまで続く?なかったときも大丈夫?

生まれて間もない女の赤ちゃんは、性器から出血する「新生児月経」を起こすことがあります。ここでは新生児月経とはどんなものなのか、その原因や対処法、ほかの病気の可能性などについて説明します。


【医師監修】赤ちゃんでも勃起する! おちんちんが立つ原因やケア方法

【医師監修】赤ちゃんでも勃起する! おちんちんが立つ原因やケア方法

赤ちゃんのおちんちんが立っていると、ちょっとびっくりしてしまうかもしれませんね。また、日ごろからおちんちんをどう扱えばいいかわからず、戸惑っているママもいることでしょう。そこで今回は、赤ちゃんの勃起とおちんちんのケア方法についてまとめました。


【医師監修】蚊取り線香、赤ちゃんには大丈夫? 考えられる影響や注意点

【医師監修】蚊取り線香、赤ちゃんには大丈夫? 考えられる影響や注意点

赤ちゃんが蚊に刺されるのはかわいそうだけれど、赤ちゃんのいる部屋で蚊取り線香を使っても大丈夫かどうか気になる……。そんな悩みを持つママやパパのために、赤ちゃんへの蚊取り線香の影響や使う時の注意点をお伝えします。


【医師監修】離乳食に牛乳、いつから、どうやって与えればいい?

【医師監修】離乳食に牛乳、いつから、どうやって与えればいい?

赤ちゃんが生後5~6ヶ月ごろから始めることが多い離乳食。いろいろな食材がある中で、牛乳はいつから、どのように与えれば良いのかご存じでしょうか。意外と知られていない、離乳食に牛乳を使うときのポイントや注意点についてまとめました。


【医師監修】低出生体重児はどうしてなるの?原因と発達・発育の特徴、育児の注意点とQ&A

【医師監修】低出生体重児はどうしてなるの?原因と発達・発育の特徴、育児の注意点とQ&A

赤ちゃんが元気に生まれてきてくれても、体が小さめだと気になることが多いかもしれませんね。特に低出生体重児の場合は、育て方や今後の成長などに不安を感じることもあると思います。そこで今回は、「低出生体重児」とはどのようなものか、その原因や成長のしかた、育てるうえで気を付けたいことなどについて説明します。


【医師監修】新生児期の泣きやまない問題!注意点と上手な4つの対応

【医師監修】新生児期の泣きやまない問題!注意点と上手な4つの対応

産後、赤ちゃんと暮らし始めて戸惑うことがたくさんあることでしょう。中でもなぜ赤ちゃんが泣いているのかわからなかったり、なかなか泣き止まないことに悩むママやパパは少なくありません。今回は新生児が泣き止まない理由や対処法についてお話します。


【医師監修】新生児の身長はどれぐらい?発育の目安と注意したいポイント

【医師監修】新生児の身長はどれぐらい?発育の目安と注意したいポイント

お腹にいる間は「元気に生まれてきてくれればそれでいい」と思っていても産んだ途端、他人との違いが気になってしまうもの。わが子はほかの子と比べて大きい?小さい? 新生児の体の大きさの目安や発達の注意点などをご紹介します。


【医師監修】3〜4ヶ月健診でチェックする内容と目的

【医師監修】3〜4ヶ月健診でチェックする内容と目的

多くの自治体で行われている3~4ヶ月健診。この時期に検査を行う目的や意義、主な検査内容などについてお伝えします。費用や持ち物など、気になる情報についてもチェックしてみてください。


【医師監修】赤ちゃんの保湿ケアはなぜ大事?正しい手順とやり方、保湿剤選びの目安

【医師監修】赤ちゃんの保湿ケアはなぜ大事?正しい手順とやり方、保湿剤選びの目安

赤ちゃんの肌は大人よりも薄くデリケートです。肌の状態に合わせた保湿で、すべすべ肌を守ってあげたいですね。ここでは赤ちゃんに保湿ケアが必要な理由や正しい手順・つけ方、保湿剤選びなどについて説明します。


【医師監修】生後3ヶ月の赤ちゃん、ミルクの量はどうする?混合の場合は?

【医師監修】生後3ヶ月の赤ちゃん、ミルクの量はどうする?混合の場合は?

授乳のリズムがだいぶ整ってくる生後3ヶ月。それでも赤ちゃんの飲む量が少なかったり多かったりすると不安になるものです。今回は目安となる育児用ミルク(以下ミルク)の量や混合栄養の進め方について解説します。


【医師監修】ハンドリガードとは?見られる時期と理由、しないときの対応

【医師監修】ハンドリガードとは?見られる時期と理由、しないときの対応

発達の過程で見られる赤ちゃん特有の仕草、ハンドリガードについて、助産師が詳しく解説します。見られやすい時期、しないときの原因や対応など、気になる疑問についてお答えしています。


【医師監修】ハイハイはいつから? 気になる発達の目安と注意点 

【医師監修】ハイハイはいつから? 気になる発達の目安と注意点 

赤ちゃんがお座りできるようになると、次はいつ「はいはい」をするのか気になりますね。同じ月齢の子が始めていて焦ることもあれば、予想より早く始めて驚くこともあるでしょう。そこで「はいはい」の始まる時期と注意点をご紹介します。


【医師監修】赤ちゃんにおくるみは必要? いつまで使える? 注意点と人気3選

【医師監修】赤ちゃんにおくるみは必要? いつまで使える? 注意点と人気3選

大切な赤ちゃんを包む「おくるみ」。でも、包む方法や、いつからいつまで使えるものなのか、実ははっきりと知らないという人も多いのではないでしょうか。使い始める前に、使用上の注意も知っておましょう。季節ごとのおすすめ素材や人気のおくるみも紹介します。


【医師監修】つかまり立ちはいつから?練習する時の注意と便利なグッズ、事故防止について

【医師監修】つかまり立ちはいつから?練習する時の注意と便利なグッズ、事故防止について

赤ちゃんが寝返りやお座りをマスターしたら、次はつかまり立ちする日が楽しみになってきますね。ここでは、つかまり立ちができるようになる時期や練習してもいいかどうか、事故防止について説明します。


【医師監修】赤ちゃんのうつぶせ練習はしなきゃだめ?腹ばいにさせる際の注意点

【医師監修】赤ちゃんのうつぶせ練習はしなきゃだめ?腹ばいにさせる際の注意点

月齢が低いころや眠るときは基本「あおむけ姿勢」の赤ちゃんですが、うつぶせ・腹ばいの姿勢は練習させる必要があるのでしょうか? 小児科専門医にお聞きしました。


【医師監修】赤ちゃんが白目になるのはなぜ? 何か病気や異常があるの?

【医師監修】赤ちゃんが白目になるのはなぜ? 何か病気や異常があるの?

赤ちゃんはウトウトしているときなどに白目になることがあります。斜視なのでは? 薄目を開けて寝ていて大丈夫? と気になるものですね。赤ちゃんが白目になる理由や気になる対応方法について解説します。


【医師監修】子供のベストな体重は? 1~6歳の平均と肥満の目安

【医師監修】子供のベストな体重は? 1~6歳の平均と肥満の目安

わが子が太りすぎていないか、やせすぎていないか、親としては気になるところですね。そこで、子供のベストな体重はどうやって判断するのか、1歳から6歳の平均体重や肥満・やせの目安の計算方法とともに紹介します。


【医師監修】生後4ヶ月の赤ちゃん、ミルクの量は?離乳食準備に果汁はあげる?

【医師監修】生後4ヶ月の赤ちゃん、ミルクの量は?離乳食準備に果汁はあげる?

あやすと笑ったり、欲しいものがあったら手を伸ばすなど、外からの刺激に反応する様子が多く見られる生後4ヶ月の赤ちゃん。成長にともない起きている時間が多くなりますが、育児用ミルク(以下ミルク)の量はどのぐらいが適切なのでしょうか。