梁尚弘 先生に関する記事


【医師監修】新生児が泣かない3つの理由と対処法とは?

【医師監修】新生児が泣かない3つの理由と対処法とは?

赤ちゃんはたくさん泣くものと身構えていたのに、新生児があまり泣かない……。泣き声で追い立てられずありがたいと感じる一方で、何か異常があるのではないかと不安に感じている人もいるでしょう。そこで、新生児が泣かないときに考えられる理由と対処法をまとめました。


【医師監修】新生児の抱っこ紐はどう選ぶ? 選び方と使用時の注意点

【医師監修】新生児の抱っこ紐はどう選ぶ? 選び方と使用時の注意点

市販の抱っこ紐には幅広い機能やデザインがあり、選ぶのも迷ってしまいますね。新生児から使いたいと考えているものの、何を基準に選べばいいかわからなかったり、使用時の注意点が知りたい人のために、新生児の抱っこ紐についてまとめました。


【医師監修】赤ちゃんの爪やすり人気3選 | 大事な爪の削り方と使い方

【医師監修】赤ちゃんの爪やすり人気3選 | 大事な爪の削り方と使い方

赤ちゃんの爪は数日で長くなってしまいます。赤ちゃんの爪を整えるアイテムでは爪切りの他、「爪やすり」もよく見かけますね。爪やすりの使い道や爪の長さの目安などの他、人気の赤ちゃん用爪やすりも紹介します。


【医師監修】赤ちゃんのでべそ(臍ヘルニア)の原因・症状・治療について

【医師監修】赤ちゃんのでべそ(臍ヘルニア)の原因・症状・治療について

へその緒を切ったばかりの赤ちゃんの「おへそ」は、ちょっぴり膨らんでいるものです。でも、時間が経ってもおへそが出ていたら、「臍ヘルニア」の可能性もあります。臍ヘルニアになる原因や、普通の「でべそ」との違い、治療などについてお話しします。


【医師監修】風邪の赤ちゃんの過ごし方は? お世話の基本と注意点

【医師監修】風邪の赤ちゃんの過ごし方は? お世話の基本と注意点

赤ちゃんが風邪をひいたら、少しでも早く治るように症状や様子に合わせてお世話してあげましょう。ここでは、風邪のときの環境づくりや症状を楽にする方法、病院を受診する目安についてお話します。


【医師監修】赤ちゃんにマスクは危険⁉ 不要な理由と注意点

【医師監修】赤ちゃんにマスクは危険⁉ 不要な理由と注意点

新型コロナウイルスの流行で感染症対策が気になる昨今ですが、その一方で「赤ちゃんはマスクをしない方が良い」と言われています。赤ちゃんがマスクをするとどんな危険があるのか、またマスクを使う時の注意点などについても解説します。


【医師監修】子供の身長の目安は? 1~6歳の平均身長と伸び方

【医師監修】子供の身長の目安は? 1~6歳の平均身長と伸び方

子供の身長は何歳でどのくらいになるのか、お子さんの身長はこれからどのように伸びていくのか、把握しておきたい親御さんもいるでしょう。ここでは1歳から6歳の平均身長と、子供の身長の伸び方について説明します。


【医師監修】子供のベストな体重は? 1~6歳の平均と肥満の目安

【医師監修】子供のベストな体重は? 1~6歳の平均と肥満の目安

わが子が太りすぎていないか、やせすぎていないか、親としては気になるところですね。そこで、子供のベストな体重はどうやって判断するのか、1歳から6歳の平均体重や肥満・やせの目安の計算方法とともに紹介します。


【医師監修】赤ちゃんの平熱は何℃? 高すぎる・低すぎるときは?

【医師監修】赤ちゃんの平熱は何℃? 高すぎる・低すぎるときは?

赤ちゃんの平熱は大人より高いといわれますが、何℃くらいが正常なのでしょうか。赤ちゃんの平熱について、正常範囲や測り方、発熱の基準を紹介します。発熱したかどうかの目安にもなる平熱について正しく知っておきましょう。


【医師監修】赤ちゃんにニキビが! 病院に連れて行く? 原因と対処法

【医師監修】赤ちゃんにニキビが! 病院に連れて行く? 原因と対処法

昨日までツルツルだった赤ちゃんのおでこやほっぺに、「ブツブツ」ができているのを見つけたらちょっとびっくりするかもしれません。でも、赤ちゃんはよくニキビができるものなんです。ここでは、赤ちゃんにできたニキビの原因と対処法について解説します。


【医師監修】赤ちゃんにおくるみは必要? いつまで使える? 注意点と人気3選

【医師監修】赤ちゃんにおくるみは必要? いつまで使える? 注意点と人気3選

大切な赤ちゃんを包む「おくるみ」。でも、包む方法や、いつからいつまで使えるものなのか、実ははっきりと知らないという人も多いのではないでしょうか。使い始める前に、使用上の注意も知っておましょう。季節ごとのおすすめ素材や人気のおくるみも紹介します。


【医師監修】ベビーローションの選び方・塗り方と人気のベビーローション5選

【医師監修】ベビーローションの選び方・塗り方と人気のベビーローション5選

赤ちゃんの保湿に使うベビーローション。初めて使うときはどんなものを選べばいいのか、どうやって使えばいいのか気になりますね。選び方や使い方の基本を知って、毎日のスキンケアに役立てましょう。人気のベビーローションも紹介します。


【医師監修】赤ちゃんの部屋の安全な暖房方法は? 適温、暖房器具選び

【医師監修】赤ちゃんの部屋の安全な暖房方法は? 適温、暖房器具選び

赤ちゃんは体が小さい分、寒さにも弱いものです。赤ちゃんのいる部屋を暖める時には、温度や湿度を何度くらいにすればいいのでしょうか? 暖房器具選びのポイントや事故を防ぐためにできることとともにお話します。


【医師監修】赤ちゃんの下痢 | 危険な下痢の見分け方と注意点

【医師監修】赤ちゃんの下痢 | 危険な下痢の見分け方と注意点

便の状態は、健康のバロメーターのひとつです。とはいえ、赤ちゃんのうんちは月齢が低いほど大人とは違うので、「この状態が赤ちゃんのふつうなの?」と気になったり、「もしかして、下痢では?」と心配になることもあるかもしれませんね。そこで今回は、赤ちゃんの下痢の原因や症状の見分け方、受診の目安などをご紹介します。


【医師監修】生後4ヶ月の赤ちゃん、ミルクの量は?離乳食準備に果汁はあげる?

【医師監修】生後4ヶ月の赤ちゃん、ミルクの量は?離乳食準備に果汁はあげる?

あやすと笑ったり、欲しいものがあったら手を伸ばすなど、外からの刺激に反応する様子が多く見られる生後4ヶ月の赤ちゃん。成長にともない起きている時間が多くなりますが、育児用ミルク(以下ミルク)の量はどのぐらいが適切なのでしょうか。


【医師監修】赤ちゃんの呼吸はどんなふう?呼吸トラブルのチェック法、SIDS予防法も

【医師監修】赤ちゃんの呼吸はどんなふう?呼吸トラブルのチェック法、SIDS予防法も

赤ちゃんの呼吸は大人よりも早く、鼻の穴も狭くて詰まりやすいので、気になることがあるかもしれません。ここでは、赤ちゃんの呼吸の特徴やどんな呼吸に注意をすればいいか、また乳幼児突然死症候群について説明します。


【医師監修】生後3ヶ月の赤ちゃん、ミルクの量はどうする?混合の場合は?

【医師監修】生後3ヶ月の赤ちゃん、ミルクの量はどうする?混合の場合は?

授乳のリズムがだいぶ整ってくる生後3ヶ月。それでも赤ちゃんの飲む量が少なかったり多かったりすると不安になるものです。今回は目安となる育児用ミルク(以下ミルク)の量や混合栄養の進め方について解説します。


【医師監修】赤ちゃんも水虫になる!? 注意したいポイントと家庭でできる予防法

【医師監修】赤ちゃんも水虫になる!? 注意したいポイントと家庭でできる予防法

水虫には「大人がかかる病気」というイメージがあるかもしれませんが、小さい子供や赤ちゃんがまったくかからないというわけではありません。赤ちゃんが水虫になるとどうなるのか、予防するにはどうしたらよいのかを知っておきましょう。


【医師監修】生後2ヶ月の赤ちゃん、ミルクの量と回数は? 目安と考え方

【医師監修】生後2ヶ月の赤ちゃん、ミルクの量と回数は? 目安と考え方

新生児のころよりも体つきがぷくぷくしてきた生後2ヶ月の赤ちゃん。この時期には育児用ミルク(以下ミルク)をどのぐらいの量、1日何回あげればいいのでしょうか? このころの赤ちゃんの様子とともに、ミルクの量について解説します。


【医師監修】妊婦が牛乳を飲むと赤ちゃんに悪影響はある? アレルギーは?

【医師監修】妊婦が牛乳を飲むと赤ちゃんに悪影響はある? アレルギーは?

日本人の約2人に1人は何かしらのアレルギーを持っていると言われています[*11]。アトピー性皮膚炎や牛乳アレルギーなどは赤ちゃんにも多い病気です。そのためか、「ママが妊娠中に牛乳を飲むと、赤ちゃんがアレルギーになりやすい」という“説”があるようですが、これは本当なのでしょうか?詳しく解説します。