お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

乾燥肌の美容ライターが激推し。この冬マストハブな「保湿アイテム」3選

#ビューティーニュース

井上ハナエ

寒さが深まると同時に湿度が下がり、急激にお肌の乾燥を感じ始めた人も多いのではないでしょうか? とくに20代後半を過ぎると、これまで感じたことのない乾燥に戸惑う人も。本記事では、そんなお悩みを抱えた読者のみなさまに向けて、自身も乾燥に悩まれたと話す、美容ライターの井上ハナエさんがおすすめする「この冬マストハブな保湿アイテム」をご紹介します。

1日中冷え込む季節が到来! 気温や湿度が下がると肌のバリア機能が低下し、乾燥などの外部刺激による肌トラブルが起きやすくなります。過酷な乾燥環境に負けないよう、肌の土台を整えながらうるおいで満たすケアを取り入れたいところ。

そこで今回、乾燥性の皮膚疾患を乗り越えた過去を持つ美容ライターの井上ハナエが、絶対に手放したくない「冬の保湿アイテム」を3つご紹介! 大切なパートナーやご家族とのシェアコスメにもぴったりの逸品をセレクトしました。

肌あれしやすい乾燥肌を立て直す、『カルテHD』の全身用化粧水スプレー

乾燥要因が多い冬の時期。私がとくに悩んでいるのは、浴室と洗面所の湿度のギャップで急激に乾燥してしまうお風呂上がりの時間。湯冷めしないうちに着替えたいけれど、スキンケア、ボディケア、ヘアケア……とやりたいことが山積み。

そんなちょっとした乾燥の隙に、パパッと手軽な保湿ケアを叶えてくれるのが「カルテHD モイスチュア フェイス&ボディスプレー」! 本体を逆さにしても使えるので、全身を縦横無尽にスプレーするだけで一気にうるおいチャージが完了。そのまま済ませるのはもちろん、じっくりお手入れするまでのつなぎ保湿として大活躍なんです♡

ブランドのキー成分である「ヘパリン類似物質HD」は、乾燥性の皮膚疾患治療に長年使用されている医療用薬品「ヒルドイド」を日常のスキンケアとして使えるようにしたもの。過去にアレルギー性皮膚炎を克服&今でも乾燥対策に余念がない私にとって、絶大な信頼を寄せている保水有効成分のひとつ! 肌表面だけでなくベースのうるおい構造(角層ラメラ)にもアプローチして慢性的な乾燥肌の改善を促進する効果があります。

さらに抗炎症作用のあるグリチルリチン酸ジカリウムも配合し、ダブルの有効成分によって乾燥や肌あれを根本から立て直してくれるのです。これらを独自の浸透テクノロジーで肌のすみずみまで届けてくれるため、数あるスプレー式の化粧水の中でも、ずば抜けた保湿キープ力を実感できるはず!

発売日は2024216日と少し先になりますが、朝晩のお手入れには大容量の150gを、日中は持ち運びに便利な60gを取り入れるのがおすすめ。24時間ずっと乾燥の隙を与えず、いつでもどこでもうるおいが続く健やかな肌を目指せます。

・カルテHD モイスチュア フェイス&ボディスプレー[医薬部外品]
60g 990円・150g 1,980円【編集部調べ】(2024年2月16日発売)/コーセー マルホ ファーマ

赤ちゃんのようなふわふわ肌へ導く、「KINS」の高機能乳液

肌のうるおいを保つ上で意識しておきたいのは、皮膚常在菌の一種である「美肌菌」。名前のとおり肌にとって良い作用をもたらしますが、乾燥環境下では正常に働かなくなる性質が……。菌のバランスが乱れるとあらゆる肌トラブルを引き起こす原因につながるため、美肌菌にとって居心地のいい肌環境に整える=肌の角層と表皮のすみずみまでうるおいで満たしておくことが重要なのです。

そのためには、菌ケア(※1)をしながら多彩なうるおい成分で肌を包み込む高機能乳液「KINS MILK」がベストマッチ! 乳液とクリームの中間のようなテクスチャで、乾燥によりキメの乱れた肌をぐんぐん整えてくれます。

注目ポイントは、角層が薄くて不安定ながらも、ふわふわでぷりぷりの肌弾力をキープしている赤ちゃんの肌からヒントを得て作られたところ。優れた美肌菌に守られていると考え、赤ちゃんの肌に多く存在して成人になると減少する皮膚常在菌を培養した発酵エキスを配合。そのほかセラミドに似た働きを持つ成分(※2)&3種類のヒト型セラミド(※3)も配合し、加齢や日々の外的刺激で失われやすいセラミドをデイリーに補える処方設計もありがたい♪

夏から秋にかけて粉をふくレベルで乾燥してしまった私の肌が、表面にツヤが宿るほどのうるおいを取り戻せたのはこのアイテムのおかげ! その後も肌状態がゆらぐことなく、美肌菌にとって快適な肌環境になったと実感しています。もうすぐリピート4個目に突入です♡

KINS MILK 30g 3,480円【編集部調べ】/KINS

おやすみ前に手肌をいたわる、「OSAJI」のハンドセラム&モイストクリーム

(右)リトリート ハンド マッサージ セラム 30mL(左)リトリート ハンド モイスト クリーム 50g

常に動かしている手元は自分や周囲の目に留まりやすく、「年齢は手に現れる」とも言われているパーツ。冬の冷たい外気にさらされるだけでなく、手洗いと手指消毒の頻度が増えたことにより、ハンドクリームだけでは補いきれない乾燥や紫外線ダメージを受けています。

そこでOSAJI」のリトリート ハンドシリーズを使って、1日中がんばり続ける手肌をいたわるケアを取り入れるのはいかがでしょうか? 保湿力もさることながら、天然由来原料を使用したアオモジ、ラベンダー、ゼラニウムをブレンドした穏やかな香りが、おやすみ前のひと時に安らぎをもたらしてくれます。

写真右の「リトリート ハンド マッサージ セラム」は、手肌の修復に必要なうるおいや栄養を与えるハンド美容液。程よいとろみのセラムを手のひらに取り、手の甲や指先までまんべんなく撫でるようにマッサージしながらなじませて使います。手ざわりがすべすべになり、肌になじみきったらマッサージ終了の合図。

さらに保湿力を高めるなら、写真左の「リトリート ハンド モイスト クリーム」を重ねてうるおいを閉じ込めるのがおすすめ。濃厚なクリームに配合された遠赤パウダー(※4)がマッサージ後の温まった手肌から体温を逃さず、冷えと乾燥からしっかりガード。擬似皮脂膜を形成するエモリエント成分(※5)のおかげで、肌と一体化するようになめらかになじむのもうれしいポイント!

両アイテムを使ってハンドケアした翌朝は、しっとりふわふわの手肌でお目覚め♡ 私はすぐに手を洗ってしまうクセがあるので、いつも手元が乾燥してガサガサ&しわしわなのが当たり前でしたが、このハンドケア習慣を始めてからは乾燥しづらくなりました。

・リトリート ハンド マッサージ セラム 30mL 2,750円・リトリート ハンド モイスト クリーム 50g 2,970円【編集部調べ】/OSAJI

悩みの根本にアプローチするアイテム選びを 

年齢とともに肌の水分量と皮脂量が減少し、季節性の乾燥も相まって肌コンディションがしょんぼり落ち込みやすい冬。肌の土台である角層までうるおいを巡らせ、乾燥悩みの根本にアプローチしてくれるアイテムをお届けしました。日頃のケアだけでなく、乾燥による肌トラブルが起きたときにもぜひ活用してみてくださいね!

※1 健康と美しさの維持のために菌と生きるライフスタイルのこと
※2 ジラウロイルグルタミン酸リシン Na
※3 セラミド NP、セラミド AP、セラミド NG
※4 合成フルオロフロゴパイト、酸化チタン、シリカ
※5(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、バチルアルコール、ステアリン酸、レシチン

(井上ハナエ)

※この記事は2023年12月15日に公開されたものです

井上ハナエ

美容・健康ジャンルを中心に幅広いテーマを手がけるフリーランスエディター&ライター。約10年のクラシックバレエ経験で自分の体と向き合うことを、20代前半に勤務していた美容皮膚科で医学的観点から美肌メソッドについて学んだことが、現職のルーツとなっている。「好きなものが多いほど人生は豊かになる」をモットーに、趣味のマンガやアイドル鑑賞では推し増しを繰り返している。

この著者の記事一覧 

BACKNUMBER 「#ビューティーニュース」をもっと見る

MORE

SHARE