お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

#106 「仕事が忙しい彼」との関係を良好にするためのフレーズとは?

#ラブスペル ~恋を叶える魔法のフレーズ~

浅田悠介(浅田さん@令和の魔法使い)

「ラブスペル」とは、意中の彼の心をつかみ恋を叶えるフレーズ。そんなフレーズを、恋愛コラムニストの浅田悠介さんが使い方や効果と併せて紹介します。

ラブスペルとは恋の呪文のこと。恋を叶えるフレーズです。

難しい恋の理屈は置いておいて。ひとまず英会話のように「フレーズから恋を学ぼう」というわけですね。心理学を用いて導き出したものなので強力ですよ。

好きな人の前でラブスペルを唱えてみれば、彼の反応がきっと変わるはず。

さあ、恋の魔法をかけてみない?

恋を叶える魔法のフレーズ

ラブスペルNo.106

「こっちは楽しくやっとくから稼いできなさい」

この言葉の効果

恋人とのパートナーシップを強くすることができるラブスペルです。結婚まで見据えて、付き合ってから長続きする恋になるでしょう。

恋愛適齢期の男性は、仕事適齢期でもあります。

だからこそ「ごめん仕事が……」という事態も起こるはずです。楽しい電話中にそろそろ切らないといけないという時もあれば、デート前日に仕事を理由にキャンセルされる時もあるでしょう。

ここで大切なのは、それは仕方がない、という考え方です。

社会人として、仕事を優先しなくてはいけない時はあるものです。実際問題、働かないことには、貴女とドライブデートする時のガソリン代も捻出できないのですから。

彼が仕事を優先することがあっても、それは仕方がないことなのです。

それに対して「仕事と私とどちらが大切なの?」と問いかけても酷というものです。

特に彼が仕事を自己実現だと捉えているタイプの場合、仕事に対して不満をぶつけると、とたんに関係に亀裂が生じてしまいます。彼が大切にしているものを否定したことになるからです。

そんな時こそ、このラブスペルを唱えて、むしろ背中を押してみましょう。彼がホッとしたように喜んでくれるのを感じるでしょう。必ず、大きな愛を返してくれるはずですから。

ラブスペルの使い方

彼が仕事を理由に持ち出した時に唱えましょう。

電話を早く切らないといけなくなった時でも、デート前日にキャンセルしないといけなくなった時でも、なんなら結婚してから彼を仕事に送り出す時でも使えます。

さっぱりした感じで唱えるのがコツです。

くれぐれも未練がましく唱えてはいけません。彼が罪悪感を覚えなくてもいいように(貴女をひとりにしてしまうという罪悪感です)唱えるのですから。

相手が夢中になっているものを否定しないこと

このラブスペルはくれぐれも「男性が働くべきで、女性は見守るべきだ」という話ではありません。

単に恋人が働くことに生きがいを見出している場合は、それを応援する側に回った方が恋は上手くいくものだという話をしているに過ぎません。仕事が好きな女性も、それに歯痒い思いをしている男性もいるでしょうから、そのまま男女逆のカップルが唱えても成立するでしょう。

また相手が仕事ではなく、趣味や、別の世界に夢中になっている時も同様です。そこに不満をぶつけるのではなく、一度、寄り添ってみるスタンスの方が心を開いてくれるものですよ。

(文:浅田さん@令和の魔法使い、イラスト:塚由叡)

※この記事は2023年11月30日に公開されたものです

浅田悠介(浅田さん@令和の魔法使い) (マジシャン・ライター・催眠心理療法士)

マジシャン&ライター&催眠心理療法士

心理、恋愛、コミュニケーション系を得意とする。多数執筆。なかでもDRESSの連載「読むだけでモテる恋愛小説・わたしは愛される実験をはじめた。」が多くのファンを集めている。

Twitterにて恋愛論やテクニックを発信中。
Twitter:@ASD_ELEGANT

マイナビウーマンにて執筆中の「ラブスペル」が単行本となって発売決定!

『ラブスペル 恋を叶える魔法のフレーズ111』(マガジンハウス)
発売日:2022年10月6日 ※好評発売中
URL:https://amzn.to/3BPpR6U

この著者の記事一覧 

BACKNUMBER 「#ラブスペル ~恋を叶える魔法のフレーズ~」をもっと見る

MORE

SHARE