お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

幻想的。カップルにおすすめの施設「NIFREL」に光を使った新作アート登場!

#トレンドニュース

エボル

大阪府吹田市、万博記念公園内「EXPOCITY」の生きているミュージアム「NIFREL(ニフレル)」は、光のアートを手がけるアーティスト松尾高弘さんによる新作、新「WONDER MOMENTS(ワンダーモーメンツ)」を2023年3月1日より公開しました。

「NIFREL」は、世界最大級の水族館「海遊館」が初プロデュースした、まったく新しいタイプの“生きているミュージアム”。「感性にふれる」をコンセプトに、これまでにない展示手法でまるでアートを楽しむかのように、生きものや自然の魅力を直感的に楽しめる工夫を凝らしています。

360度の球体型プロジェクション映像によるダイナミックな体験型インスタレーション

新作が公開された「WONDER MOMENTS」は、「NIFREL」の8つのゾーンに分かれる内の4つ目に展示されている、ダイナミックなアート空間。

2015年11月に誕生して以来、16の映像作品を展開。今回、新「WONDER MOMENTS」として9つの新作を追加し、合計25種類のシーンを公開をしています。

この数年間、様々な社会情勢や地球環境の変化などから、より一層多様性や自然とのつながり、体験の重要性を考えるきっかけとなりました。

そんな中から生まれた想いは、「世界はワンダーであふれている」ということ。今作品では、水の動きや月の表面、魚が遊泳しているシーンなど自然や生き物から抽出したリアルな現象を中心に、普遍的でプリミティブな作品へと進化させました。

会場は、浮かんでいるような直径約5メートルの球体型プロジェクション映像と約8メートルのフロア映像とがシンクロし合い、幻想的な音と光の映像が降り注ぎます。さらに、フロアに映る映像は、ランダムに来場者の動きに合わせてインタラクティブに変化します。

今回、新「WONDER MOMENTS」の公開を記念し、館内カフェやミュージアムショップでオリジナルドリンクや特別企画アイテムを販売中のほか、夏に向けて自然の香りをテーマとした、香水調香体験イベントも開催します。

アナログとデジタル、自然と生命、時間と空間を横断しながらリアルとイマジネーションの境界を超えた、空間アートが堪能できます。

※2023年4月時点、ルーセントデザイン調べ

新たに加わった9つのシーン

「AEQUOREA」カブトクラゲのプリズム反射

「TRANS」透明な魚、グラスキャットの鱗の反射色

「STAR WATER」水中の有機物による光群

「LIQUID」太陽光と水の屈折

「PHENOMENON」風や火、太陽や重力などの自然現象を抽象化

「SUN」太陽とコロナのダイナミクス

「MOON」月の満ち欠けと夜の海の波

「SMOKE」霧のように拡散する光

「BLOOM」風に吹かれる花びらの浮遊

ぜひ、パートナーや友達と遊びに行ってみてはいかがでしょうか?

施設概要

NIFREL(ニフレル)
所在地:吹田市千里万博公園2-1 EXPOCITY内ニフレル
営業時間:平日10:00~18:00(最終入館は17:00)土・日・祝 9:30~19:00(最終入館は18:00)
休館日:年中無休 ※年に1回設備点検のための臨時休館日があります。

公式ホームページ:https://www.nifrel.jp

(エボル)

※この記事は2023年07月06日に公開されたものです

エボル

ネットを中心にさまざまなサービスやビジネスを創造する企業。特にコンテンツ開発分野においては、さまざまな分野で活躍する多彩なライター陣と経験豊かなエディターを中心に各ネットメディア向けて最適化された、品質の高いコンテンツを企画制作しています。マイナビウーマンではニュース記事を担当。
https://e-vol.co.jp
https://pro-web.jp

この著者の記事一覧 

BACKNUMBER 「#トレンドニュース」をもっと見る

MORE

SHARE