お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

【Ep.1-4】元恋人が目の前で……。グロすぎ恋愛リアリティショー爆誕

#ラブ トランジット考察

やまとなでし子

俳優・プロアスリート・経営者など、華麗な肩書きを持つ10人の男女。でも実は彼ら……全員が誰かの元恋人! 次の恋のお相手は“新たな恋人”か? それとも“忘れられないアノ人”か? 「終わった恋には未練ゼロ! 復縁なんてありえない派」と「もう一度よりを戻したい……未練アリアリ派」が入り混じり、究極の二択に向き合う新感覚恋愛リアリティ番組「ラブ トランジット」を、コラムニスト・やまとなでし子さんが考察します!

※このコラムは「ラブ トランジット」エピソード1〜4のネタバレを含みます。

誰だこんなグロいもん考えたやつは!?

史上最高にグロい恋愛リアリティショーが爆誕しました。その名も「ラブ トランジット」。登場人物、全員元カレ元カノ。悪趣味なアウトレイジ状態。

5組の元カップル同士が集まり、ホテルで共同生活を送る恋愛リアリティショーなんですが、見ているだけであらゆる角度から心が揺さぶられる!

元サヤに戻りたくて元恋人に必死にアプローチをかける人あり、復縁のつもりなど一切なく、新しい恋を始めようとしている人あり。おまけにその元サヤに戻ろうとアプローチしている相手が、目の前で新たな恋を始めている様子を目の当たりにするわけですよ。

恋が終わろうとしている切なさと、新たな恋の始まりのときめきが1つの画面に集約されていて、自分のあらゆる経験とオーバーラップして感情が忙しい!

誰だこんな企画考えたやつ! 人畜非道な人間が考えたとしか思えない、世にも恐ろしい恋愛リアリティショーです(元は韓国の人気恋リアだそう)。

元恋人・Xとバチェラーファン歓喜のBGM

この番組では元恋人はXと呼ばれ、番組内で徐々に明かされていきます。誰と誰が元恋人なのか、予想しながら見るのも面白い! また、イベントの節目ごとに、気になる相手に匿名でメッセージを送りあい、そこでみんなの心の動きが見れるのもワクワクします。

エピソード4までには全員のXが明かされるのですが、そこでまた1から見直すと、「この言葉はあの人に向けられていたのか!」と違った目線で見ることができます。1粒で2度美味しいなんて、アーモンドグリコとこの番組くらいですよ。

それと、「バチェラーの配信までこちらを観てね!」という宣伝をされていただけあって、姉妹番組なのか、ところどころバチェラーのBGMがかかる場面があり、バチェラーファンとしては無条件にBGMでときめいてしまいます。

感情の温度で変わる、生々しいリアクションの残酷さ

復縁を望むメンバーは数人いるのですが、その中でも代表的なのが看護師・えり。3年付き合ったXと別れて11カ月経つけれど、まだXのことを思い続けています。

そんなえりのXがキャンドル空間アーティスト・マサシ。キャンドル・ジュン以来のキャンドルを生業に生きる男の登場に心が沸き立ちます。ジュンにしろ、マサシにしろ、キャンドル系の方はオールバックで後ろに一つで結ぶ髪型が正装なんですか?

そんなキャンドル・マサシは復縁する気など一切なく、初日からアパレルディレクター・あみにグイグイ。元カノ・えりへの塩すぎるローテンションな受け答えと打って変わって、気になっているあみに対しては目の色も声のトーンも全く違うのがまじでリアルすぎてグロい。

ちょっとした会話もそうですし、「俺リアクション苦手で、嘘では喜べない人」と伝えながらあみからのプレゼントはニッコニコで受け取り、Xであるえりからのサプライズラブレターには「わーびっくりだ(棒)」ととんでもない棒リアクションをかまし、「嘘では喜べない」を伏線回収してくるなど、人間のリアルな感情とリアクションの違いが、実に残酷で生々しい。

元カレが新しい女を口説く様子を見せられる精神的拷問

このキラキラしたあみへの視線は、以前は恋人だったえりに向けられていたものだし、あみとマサシがデートに行っている間、えりはどんな気持ちで時が過ぎるのを待っているんだろう、きっと1分1分がとんでもなく長く感じるんだろうな、とか感情移入しすぎて気持ちが常に忙しい!

未練のある元恋人に新しい恋人ができたのを人づてで聞くだけでも苦しいのに、口説いている姿を目の当たりにするなんて、精神的拷問以外の何ものでもない。

もうえりの恋は発展することはないだろう、と視聴者は全てを見知っている中で、えりが「みんなへお土産にパン買ってきたよ!(アレルギーの)マサシくんも食べれるよ」と米粉パンを買ってくる気遣いとかね、もう涙が滲みます。

えりは、Xはもちろん誰からもメッセージが来ることなく、一見人気がないように見えてしまうのですが、これってひたすら一途にXを追い続けすぎて、きっと周囲もそれに気づいているからなんでしょうね。えりは次に行ったほうがいいし、辛い恋を忘れさせてくれるのは新たな恋! 幸せになってほしい!

オシャレベルがチートすぎる、進化前の菅田将暉

渦中のあみのXが美容師・こうへい。菅田将暉への進化2工程前というか、中国の露店で売ってる菅田将暉というか、ジェネリックな菅田将暉的ルックスの金髪青年です。

プロトタイプ将暉はとてもおしゃれ。どれくらいオシャレかというと、麦わら帽子に白トップス、デニムのオーバーオールという、虫取り少年か、カールおじさんくらいにしか着こなせない高難易度ファッションさえも可愛く着こなしてしまう、それくらいおしゃれ。

中身までイケメンすぎる、ジェネリック菅田将暉

そんな彼の人間性が本当に素晴らしい。あみと復縁したいという気持ちを抱えつつ、相手を尊重しながらアプローチしていく姿がとても魅力的なのです。

あみがマサシとデートに行く前、ジェネリック将暉なりにアピールをしたかったのでしょう。「寒いから! これあみ絶対好きだよ」と羽織りを貸すのですが、「ごめんね。マサシのこと(気持ち)考えたら多分嫌かなぁって」とあみが真摯に断るのです。(あみの伝え方も優しくて本当に配慮溢れてて好き)

「そうだね。楽しんで!」と爽やかに受け取り、断ったことに罪悪感を覚えるあみに「ありがとね。気遣ってくれて。一番つらいやんな。気持ちぶつかっちゃうよね」と配慮の塊爆弾をこれでもかと連投するのです。

そして繰り出す渾身の一撃。「俺が一番気持ちがあると思う。でもそれを決めるのはあみだし、それで(マサシとあみが)幸せだったら応援しちゃうかも。でも一番は一緒にいてほしい」

肉食なんだけど、俺が俺が!のゴリゴリじゃない、相手の気持ちを第一に考えた上での推しの強さ。1000000万点のいい男です。25歳の若さでこれ言えるの人生2周目!?

そして復縁の難しさを踏まえた上で「復縁って難しい。でもあみを幸せにしたいから。新しいこうへい、いいなって。まじで惚れさせる」と、ジェネリック菅田将暉こと“ジェネき”の言葉の全てがいい男すぎて、目が離せません。

キャンドルの空間魔法はずるいて……神棚もできるし

一方あみとのデートではマサシのチート炸裂。大量のキャンドルで彩ったムード溢れる素敵空間であみとのディナーを楽しみ、自分の才能と魅力を見せつけまくります。

「どのキャンドルが好き?」と質問して、帰宅後あみの部屋の入り口にこっそりキャンドルを置いてプレゼントするサプライズ付き。女の子の夢見たいな演出。この技で何人の女性を落としてきたのか。まじキャンドルパワーえげつない。

ジェネきの配慮爆発イケメン口説きと、マサシのキャンドル空間魔法の狭間で、あみはどうしていいかわからず心が迷子。

これまで、あみはマサシから「キャンドル」「白い一輪挿し」をもらってますけど、あと榊の木でもプレゼントされたらおしゃれ神棚でもできそうなラインナップですね。

経営者・ダイキがプールバー用に買って余ってた酒をお神酒代わりに備えて、みんなの恋の成就を願う神棚完成させよ。

ウザいお父さんのような絡みでしくじる、女装できないレインボー池田

一方、もう一人強く復縁を望むメンバー、モデル・きょうへい。芸人のレインボー・池田に米津玄師のエキスを注入して、女装の才能を全て取り上げた池田といった風貌。

彼のXはJD・ありさなのですが、ありさは笑えるほど1ミリも復縁する気がないのが態度に出まくっており、花火に興奮して「最高の熱海確定じゃん!」と叫ぶ陽キャ経営者・ダイキといい感じ。

しかし余裕がなく、ちょっと子どもなきょうへいは、みんなで盛り上がっていたり、人が話したりしている「今⁉︎」というタイミングで、自分の気持ちが抑えられず、ありさやダイキを呼び出してタイマンはりがち

そんな感情的的な様子に対し、ありさにも「そういうところが嫌だった」とはっきりぶった斬られる始末。加えて金銭感覚も合わないとサラッと暴露されてましたけど……。

ありさがノースリにシャツを羽織ったファッションをしていた時も「肩寒くない?」と声かけしていたきょうへい。多分、気遣う優しさを見せたかったんだと思いますが、あえてのおしゃれなのにそれに気づかない、おしゃれに無頓着なお父さんのような野暮な絡みで、「寒くなったらシャツ羽織るから!」と反抗期の娘のようにありさにぶった斬られていました。

ありさの拒否感マックスで、不憫や同情というより、もはや漫才のように、バッサバッサ突っ込まれ切られてるのが笑えてきます。

10000%復縁なさすぎて、ここはもう予想する価値もない状況。ファイト!

その他、まだまだ気になるメンバーも

これまでのエピソードで取りあげられたメンバー以外にも、みんなが想像する帰国子女の姿をそのまま具現化したリングアナウンサー・マイや、滑舌悪すぎて基本何言ってんのかわかんねぇ、たこ焼き作り以外空気のプロアメフト選手・よしひと。「よぐぇー?なんかふたっでいゃほんしぇあしてー」のくだりは字幕ないとまじで聞き取れねぇ(訳:よくねぇ? なんか2人でイヤホンシェアして)。

ハーフであること以外の情報がほぼない、スキンケアブランドのマーケティング担当・ルカなど、まだあまりストーリーが取り上げられていないメンバーの今後も気になります。次回の恋の行方も楽しみに待ちましょう!

(やまとなでし子)

Amazon Original『ラブ トランジット』概要

タイトル:『ラブ トランジット』
作品ページ:https://www.amazon.co.jp/dp/B0C5BCV4M9
本予告:https://youtu.be/lGyWTew58-U
配信開始日:2023年6月15日()22時より配信中
※配信内容・スケジュールは予告なく変更になる場合がございます。
話数:本編8話

(C) 2023 Amazon Content Services, LLC or its Affiliates. All Rights Reserved.

※この記事は2023年06月23日に公開されたものです

やまとなでし子 (コラムニスト)

大和撫子とは対極にいるアラサーJK(女子会社員)。バチェラーを始めとした恋愛リアリティ番組、ドラマ、合コン、婚活、過去出会った世にも不思議な男性たちや日常についての備忘録をTwitterとブログで綴っている。インスタでは綺麗めファッションコーデを日々更新。

Twitter:@yamatonadeshi5
Instagram:yamatonadeshi5
ブログ:男性見聞録

この著者の記事一覧 

BACKNUMBER 「#ラブ トランジット考察」をもっと見る

MORE

SHARE