お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

まるでオーナメント。ヒルトン東京、クリスマスケーキ予約開始

#トレンドニュース

エボル

ヒルトン東京1階「ショコラブティック」では10月28日より、クリスマスケーキの予約受付を開始します。

ツリーからこぼれ落ちたクリスマスオーナメントをイメージ

ヒルトン東京 エグゼクティブ・ペストリーシェフの播田修(はりた おさむ)さんが贈る今年のクリスマスケーキのテーマは、「クリスマスオーナメント」。クリスマスツリーを美しく飾る色とりどりのオーナメント達がテーブル上にこぼれ落ちたかのような華やかなケーキ5種類が登場します。

クリスマスショートケーキは3,000円~、台数限定で用意する4種類のクリスマスケーキは7,500円~にて販売します。(要オンライン事前予約・決済)

ブリリアント・グリーン(限定30個):8,500円

直径約18cm、高さ5㎝|6名~8名様用

ヴァローナのダークチョコレートのムースの中にはアーモンドのスポンジが2層で展開され、ミントとタイムで煮詰めた青りんごのガルニチュールと赤スグリのコンポートがそれぞれ配された「ブリリアント・グリーン」。彩り鮮やかなミントグリーンのグラサージュでコーティングされ、繊細なレースのようなホワイトチョコレートのアレンジが美しいクリスマスケーキです。ダークチョコレートの苦みとコクに、青りんごの清涼感がやさしい味わいとなっています。

ピンク・ビジュー(限定40個):8,300円

直径約20cm、高さ10㎝|8名から10名用

「ピンク・ビジュー」は、香ばしい香りとカリッとした食感のアマンド・アメールをベースに、ピンクグレープフルーツのコンポートやカカオパルプのジュレを忍ばせ、シャンパンのムースで包み込んだスイーツ。シャンパンとフルーツの華やかな香りと味わい、そして鮮やかなピンク色が印象的です。

エトワール(限定40個):7,800円

直径約22cm、高さ7㎝|8名から10名用

タヒチ産バニラをほんのり効かせたオレンジコンフィー入りマドレーヌのスポンジを、エチオピア産コーヒー入りデュルセのムースで包み込みこんだ「エトワール」。マンダリンナポレオンで煮詰めたオレンジガルニチュールのコンフィーがアクセントとなった、上質な大人の味わいが魅力です。星の形のホワイトチョコレートが幾重にも配され、まるでクリスマスリースのようなクリスマスケーキとなっています。

クリスマスツリー(限定40個):7,500円

縦約22cm、横12㎝|6名から8名用

「クリスマスツリー」は、パンデピス風味のビスキュイ・ジョコンドのスポンジの上にはブランディに漬けたレーズン、アプリコット、無花果などのドライフルーツとマロンを合わせたフロマージュ・クリュのクリーム、それらをメープルのムースで包んだ濃厚で香り高いケーキ。マロングラッセがトッピングされており、繊細なチョコレートのアレンジがまるでツリーのような仕上がりです。

スノードーム・ショートケーキ(Sサイズ限定40個):3,000円~

Lサイズ 直径約16㎝、高さ8㎝|4~6名用

Sサイズ 直径約10㎝、高さ7㎝|2~3名用

きめ細かいスポンジ、上質な生クリームとたっぷりの苺をケーキの中に忍ばせ、かわいらしいドーム型の「スノードーム・ショートケーキ」は、トップにも苺やスグリが飾られ、洗練された華やかさが目を引きます。

見た目も美しく、味も保証されたヒルトン東京のケーキが、クリスマスの食卓に並んだら、みんなが喜ぶこと間違いなしです。今年のケーキを検討中の方は、ぜひ候補にいかがでしょうか。

概要

会場: 「ショコラブティック」 (ヒルトン東京1F)
期間:【予約受付】10月28日~12月20日【引渡し】12月9日~12月25日
営業時間:毎日 11:00am – 8:00pm
料金:4,000円~
※表示料金には税金が含まれています。
予約方法:ヒルトン東京公式サイト 要オンライン事前予約・決済
ウェブサイト:https://tokyo.hiltonjapan.co.jp/plans/restaurants/takeout/christmas-sweets
※引渡し7日前24時以降のキャンセルについては、100%のキャンセル料が発生します。
※予約は引渡しの4日前24時までとなります。

 

(エボル)

※この記事は2022年10月27日に公開されたものです

エボル

ネットを中心にさまざまなサービスやビジネスを創造する企業。特にコンテンツ開発分野においては、さまざまな分野で活躍する多彩なライター陣と経験豊かなエディターを中心に各ネットメディア向けて最適化された、品質の高いコンテンツを企画制作しています。マイナビウーマンではニュース記事を担当。
https://e-vol.co.jp
https://pro-web.jp

この著者の記事一覧 

BACKNUMBER 「#トレンドニュース」をもっと見る

MORE

SHARE