お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

7割以上が過去の交際相手と異なるタイプと結婚! 見た目と中身どちらで判断する?

#トレンドニュース

フォルサ

MIYUKIは8月4日、「結婚相手の見極め方」に関する調査の結果を発表しました。調査は6月23日~24日、全国の既婚男女1,013人を対象に行われたものです。

3割が第一印象「好みではなかった」

まず、パートナーとの馴れ初めについて聞いたところ、「同じ職場」が28.5%で最も多く、次いで「友達の紹介」(21.7%)、「婚活サイトやアプリ」(9.9%)、「大学や専門学校」(8.6%)、「小・中・高校」(7.9%)、「会社の上司や同僚の紹介」(5.5%)、「バーや居酒屋」(5.2%)、「お見合い」(3.8%)が続きました。

知り合った際の第一印象について尋ねると、「とても好みだった」が20.9%、「それなりに好みだった」が47.1%、「あまり好みではなかった」が24.2%、「まったく好みではなかった」が7.8%という結果に。3割程度の方は第一印象では好みとは違った事が分かりました。

次に、結婚相手は過去に交際していた人とタイプが違っていたか質問。すると、33.1%が「まったく違った」、44.3%が「やや違った」と回答。合わせて7割以上が、過去の交際相手と違うタイプの人と結婚している事も分かりました。

また、現在の結婚相手と交際するきっかけについて尋ねると、「お互いが好意を持ったから」が53.5%で最も多く、次いで「相手に交際を申し込まれたから」(22.9%)、「いつの間にか交際していた」(21.3%)が続きました。

交際が順調に進むかどうか不安があったかについては、「とてもあった」が16.8%、「ある程度あった」が40.8%、「あまりなかった」が32.7%、「まったくなかった」が9.7%という結果に。

具体的にどのような事が不安だったかも聞いてみると、「価値観が同じか」が51.3%で最も多く、次いで「性格が合うか」(44.8%)、「お互いを理解し合えるか」(31.2%)、「相手と結婚できるか」(28.6%)が続きました。

最後に、結婚する相手は外見よりも中身で判断した方が良いと思うか質問してみました。すると、36.2%が「とてもそう思う」、52.7%が「ある程度そう思う」と回答。合わせて9割近くが中身で判断した方が良いと考えている事が分かりました。

今回の調査結果は共感できるものだったでしょうか、それとも意外と感じる結果だったでしょうか? ぜひ自身の経験や身の回りの人の状況などもアンケート結果と照らし合わせてみてくださいね。

調査概要

<調査期間>6月23日~24日
<調査対象>全国の既婚男女
<調査人数>1,013人
<調査方法>インターネット調査

(フォルサ)

※この記事は2022年08月09日に公開されたものです

フォルサ

ライティング、編集、DTPまで手がける制作グループです。
“フォルサ”はポルトガル語です。「がんばれ!」と応援する言葉ですが、サポートするという意味もあります。女性の為になる情報を間口を広く扱っていきます。

この著者の記事一覧 

BACKNUMBER 「#トレンドニュース」をもっと見る

MORE

SHARE