お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

マッチングアプリって何でこんなにめんどくさいの!? 原因と対処法

佐矢りん(sayareen)

マッチングアプリがめんどくさい時の対処法は?

ここからは、マッチングアプリがめんどくさい時の対処法を紹介します。

(1)話が合わない相手への返信をやめる

メッセージのやりとりが苦痛な相手には、思い切って返信をやめてみてください。

メッセージを苦痛だと思っている相手とは、この先デートまでたどり着く可能性も低いです。早めにメッセージをやめて、他の相手に注力しましょう。

優しい人は、なかなかフェードアウトできずに自分がパンクしてしまうのかもしれません。

「他に良い人が見つかって……」のようにやんわりと理由をつけて丁寧にお断りすれば、きっと理解してもらえるはず!(編集部たじー)

(2)自分からデートに誘う

メッセージのやりとりだけでは相手の人柄が分かりません。実際に顔を見たことがない相手とのメッセージが長期に渡って続くと疲れてしまうので、「この人なら大丈夫」と思ったら自分からデートに誘ってみましょう。

受け身の姿勢をやめてみると、デートできる人数が増えて恋活や婚活を楽しめるようになるかもしれません。面倒になる前に、なるべく早くデートの約束をしましょう。

ちなみに私は、

・敬語で返信してくれる
・個人情報をすぐに聞いてこない
・会話を盛り上げる努力をしてくれる

と感じたら、自分からデートに誘っていました! あとは何か合いそうとか、顔がタイプ、とかでもOK。自分なりの基準を作るのがおすすめです。(編集部たじー)

(3)違うマッチングアプリを試す

マッチングアプリの年齢層や目的、出会い方などを比較して、もっと自分に合いそうなアプリを試してみるのも手です。

中には有料登録が必要なものもありますが、多くの場合無料会員のままでもマッチングまでは可能です。まずはダウンロードして、どのような機能があるのかチェックしてみてはいかがでしょうか。

(4)マッチングアプリで恋活・婚活が成功した人と話す

恋活や婚活がうまくいかないと、「もうやりたくない」「でもやらないと一生ひとりぼっち」と感じる沼にハマってしまいがち。

そんなふうに気分が落ち込んだ時は、実際にマッチングアプリで恋活・婚活がうまくいった人と話をしてみましょう。

「アプリにも良い出会いがあるんだ!」と背中を押してもらえたり、具体的なアドバイスをもらえたりする可能性がありますよ。

(5)マッチングアプリ以外の出会いを試す

マッチングアプリに疲れた時は、思い切っていったんやめてみる、休んでみるのも選択肢の1つです。

「恋人が欲しい」と思わなくなったら良い出会いがあった! なんて経験談を耳にしたことがあるかもしれません。

そんなふうに、いったん恋活や婚活から離れることで心が軽くなり、自然体になることですてきな出会いのチャンスがやってくる可能性があります。

とはいえ年齢的な焦りがある、結婚願望が強い場合、全ての活動をやめるのは不安ですよね。そんな時は、女性も有料の婚活アプリに切り替えてみる、街コンや婚活パーティーに行ってみる、結婚相談所を検討してみるなど、他の活動方法を試すのもおすすめですよ。

ちなみに私はマッチングアプリが合わなくて、半ばヤケクソで結婚相談所に入会したら、3カ月で成婚退会できました(泣)!!

特に結婚を意識している人は、マッチングアプリ以外の選択肢も視野に入れてみると良いかもしれません。(編集部たじー)

参考記事はこちら▼

編集部たじーの婚活記はこちらからチェック!

自分次第で良い出会いをつかめる!

マッチングアプリをめんどくさいと感じるのは自然な感情です。誰だって、会ったことがない相手とのやりとりを続けるのは苦痛に感じてしまいます。

しかし、「めんどくさい」を乗り越えたその先には、理想の相手が待っているかもしれません。

乗り越え方は自分次第。いったんやめてみて、1カ月は思いっきり遊んでまた登録してみる。モチベーションを高めてもう少し頑張る。どの選択肢も、自分で選んだものなら大正解です。

また、自分からデートに誘ってみる少しの勇気で、マッチングアプリを楽しめるかもしれませんよ。頑張りましょうね!

(佐矢りん)

※画像はイメージです

※この記事は2022年07月19日に公開されたものです

佐矢りん(sayareen)

国際恋愛中の20代後半女性。メーカーや広告代理店勤務をへて、デジタルノマドに憧れフリーライターに。宗教的な価値観と現代的な生き方の間で悩みながら育ち、今も自分らしい生き方を模索中。高校生の時にジェンダーやセクシュアリティに興味を持ち始め、より深く学ぶため大学時代にアメリカへ留学。フェミニズムと出会う。将来は海外でのんびり暮らしたい。

この著者の記事一覧 

SHARE