お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

セフレからの脈ありサイン10選。脈あり・脈なしの見極め方

丸山りさ(まる)

セフレの脈あり・脈なしを見極める方法

相手をよく観察していても、脈ありなのか脈なしなのか微妙で分からない……ということもあるでしょう。

最後は、セフレの脈あり・脈なしを見極める方法について紹介します。

(1)2人の関係について聞いてみる

勇気がいる手法ではありますが、単刀直入に「私のことどう思っている?」「私たちってどういう関係?」などと聞いてみるのが手っ取り早いでしょう。

もし相手があなたに脈ありなら、きちんと答えてくれるはずです。

しかし、話をそらしたりはっきりした答えがなかったりする場合は、脈なしの可能性が高いと見極めることができます。

(2)セックスなしのデートに誘ってみる

セックスなしのデートに誘ってみるのも、脈あり・脈なしを見極めるのにおすすめの方法。

2人関係を進展させたいと思っている場合、このように具体的な行動をすることで相手に好意を意識させることができます。

セックスなしのデートも定期的にしてくれるなら脈ありの可能性、何かと理由をつけて断ってくるようなら脈なしの可能性が高いと判断しましょう。

(3)あえて突き放してみる

相手の気持ちを知るために、あえて強気に相手を突き放してみるという方法もあります。

「今日はそんな気分じゃない」「この関係やめない?」など直接的に伝えてみて、相手の反応を見てみましょう。

相手が焦ったり、あなたの話を真剣に聞いてくれたりするようであれば脈ありの可能性があります。

しかし、この手法は相手との駆け引きになるため、やりすぎには注意が必要です。

セフレの脈ありを見極めよう

セフレの場合、元々が割り切った関係なので、思わせぶりな態度をされることはほとんど無いはず。そのため、脈あり・脈なしサインは、比較的判断しやすいかもしれません。

もし、相手との関係を進展させたいと思っているなら、ぜひこの記事を参考に脈ありサインを見極めてみてくださいね。

(丸山りさ)

※画像はイメージです

※この記事は2022年07月19日に公開されたものです

丸山りさ(まる)

キャバ嬢歴6年のアラサーフリーライター。エステティシャン経験もあり、美容にも関心がある。
人に優しく、自分にも優しくがモットー。さまざまな国の男性との交際経験を元に、恋愛コラム、夜遊び系コラムなどを執筆中。

この著者の記事一覧 

SHARE