お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

面倒見がいい人の心理とは? 長所・短所となる特徴も紹介

moe

「面倒見がいい人」と聞くとどのような人を思い浮かべますか? 優しい、世話好き、ちょっとお節介、など。一口に面倒見がいいといっても、さまざまな特徴があります。この記事では、面倒見がいい人の心理を解説。また、特徴を長所と短所に分けて紹介します。

あなたは「面倒見がいい人」と聞くと、どのような人を思い浮かべますか?

仕事ができて優しい上司や先輩、少しお節介な両親など、そのイメージはさまざまでしょう。

では実際、「面倒見がいい」とはどういうことなのでしょうか? プラスのイメージだけでなくマイナスのイメージもあるのか、気になる人もいるかもしれません。

そこで今回は、面倒見がいい人の心理を解説します。また、特徴を長所と短所に分けてまとめているので、「面倒見がいいと言われるけど、良いことなのか分からない」という人は参考にしてみてください。

併せて、「面倒見のいい人になりたい」という人に向けて、そうなるためのコツも紹介します。

そもそも「面倒見がいい」の意味とは?

まずは、「面倒見がいい」とはどのようなことなのか確認しましょう。

辞書では「面倒見のよい」という表現で、以下のように記載されています。

面倒見のよい
読み方:めんどうみのよい
別表記:面倒見の良い

何かと配慮して人の世話をするのが上手なさま。人をよく庇護し助けるさま。

(出典:『実用日本語表現辞典』)

つまり、「面倒見がいい人」とは「配慮があり、よく人を世話をして助ける人」だといえます。

次ページ:面倒見がいい人の心理

SHARE