お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

ジャーナリングとは? 書く瞑想のやり方と効果

LIB_zine

「ジャーナリング」という言葉の意味をご存じですか? これは「書く瞑想」とも呼ばれ、自分の頭に浮かんだことを紙に書き出していく行為を指します。具体的にはどのように取り組み、どんな効果が期待できるのでしょう。この記事では効果的なやり方について解説します。

ジャーナリングとは「書く瞑想」とも呼ばれ、思いついたことを紙に書き出すマインドフルネスの方法の1つ。

マインドフルネスは「今、この瞬間」に集中することで、ストレスの軽減や集中力アップなどに効果的ともいわれています。

この記事では、ジャーナリングの具体的なやり方とその効果について解説しますので、ぜひ参考にしてみてください。

ジャーナリングとは

ジャーナリングとは、日記や日誌という意味を表す英語の「journal」に由来する言葉。

自分自身が感じたことや考えていること、思いついたことなどをひたすらノートに書き出していく行為を指します。

そうすることで、不安やネガティブな感情を整理し、「今、この瞬間」に集中するマインドフルネスの状態をつくり出すことができるのです。

そのため、ジャーナリングは「書く瞑想」とも呼ばれることがあります。

次のページでは、具体的にジャーナリングのやり方を見ていきましょう。

次ページ:ジャーナリングのやり方

SHARE