お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

喧嘩した恋人との仲直り方法3つ。NG行動とさらに仲を深めるコツも紹介

aoi okamoto

仲直りしたい時にやってはいけないこと

恋人と喧嘩をしてしまった時は、これ以上状況を悪化させたくないですよね。そこで、ここからは仲直りしたい時にやってはいけないことを紹介します。

(1)感情的になる

喧嘩をしてイライラしているからといって、感情的になるのは良くありません。

気持ちに任せて怒りをぶつけると、恋人に対して思ってもいないことを口にして傷つけてしまう危険性があるためです。

取り返しがつかないことになる前に、感情的になりそうな時はいったん相手がいない空間に移動し、深呼吸するなどして落ち着きましょう。

(2)過去の話を持ち出す

喧嘩中、関係のない過去の話を持ち出すのはNGです。

ただでさえピリピリしている時に、あなたから「この前○○されたのも嫌だった」などと過去のことまで悪く言われると、恋人の機嫌がさらに悪くなる恐れがあります。

喧嘩をきっかけに「あれも嫌だった」「この前もダメだった」といった不満が込み上げてくることはあるかもしれませんが、早く仲直りしたいなら喧嘩に関係ないことにはいったん目をつぶりましょう。

(3)恋人を無視する

怒っているからといって恋人を無視するのもやめましょう。

無視された恋人は、「私への当てつけ?」とイライラしたり、「僕のこと嫌いになったのかな」と不安になったりするかもしれません。

そうなると、仲直りのために話し合ったり謝ったりするのが難しくなります。

仲直りしやすい雰囲気をつくるためにも、無視するのではなく、なるべく普段通りの態度で恋人に接するようにしましょう。

次ページ:喧嘩後に恋人との仲をさらに深めるコツ

SHARE