お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

AB型と相性のいい血液型は? 恋愛・仕事の相性ランキング【血液型占い】

紅たき(占い師・コラムニスト)

AB型の人は、どの血液型の人と相性が良いのでしょうか? 占い師の紅たきさんに、AB型の性格の傾向と、恋愛・仕事における相性のいい血液型を解説してもらいます。

血液型によって、それぞれの傾向があるといわれる血液型占い。

どのような性質や傾向があるかを知ることで、あなた自身や気になる相手の本質をより詳しく見極められます。

そして、お互いの相性を理解していれば、スムーズなコミュニケーションができるはずです。

今回は、血液型占いにおけるAB型と相性のいい血液型について、恋愛面と仕事面をランキング形式で解説します。

もちろん、同じ血液型だとしても性格は人それぞれ。大まかな傾向として、相性を知るヒントにしてくださいね。

AB型と相性のいい相手とは?

AB型は、クールな一面がありプライベートを大切にするタイプ。恋人とはお互いの自由を認め合えるような、スマートな付き合いが理想だと考えています。

そのため、あまりベタベタせず、自立した相手との相性がいいでしょう。

とはいえ、AB型は人づきあいが苦手なわけではありません。心を開いた相手にはよくしゃべり、面白い一面を見せてくれます。

AB型と相性のいい血液型ランキング【恋愛編】

では、AB型と恋愛面で相性がいい血液型は何型なのでしょうか。

知的でクールなAB型と相思相愛になれるのは誰なのか? ランキング形式でひも解いていきましょう。

第1位:A型

気配り上手なA型は、AB型にとってホッとできる存在。まさに「かゆいところに手が届く」といったA型の心遣いに、きっとAB型は安心できるでしょう。

一方、A型もいつもは人に対して遠慮がちですが、AB型にはたっぷり甘えることができる相性。マメで繊細なAB型は、A型の良き理解者になるはずです。

ただし、AB型は束縛されるのが苦手なので、A型はそのあたりをよく理解し、依存しすぎないよう意識することが長続きの秘訣です。

それさえ注意していれば、爽やかで風通しのいい恋人同士になれるでしょう。

第2位:AB型

AB型は、人に対してなかなか本音を言わず淡々としているため、「何かを考えているのか分からない」と思われてしまうことがあります。

しかしAB型同士なら、お互いの行動や心の内が分かるため、深く理解し合える関係になるでしょう。

広く浅い付き合いをあまり好まない2人だからこそ、「あなたしかいない」と絆が深くなるはず。AB型同士の場合、恋愛よりも結婚の方が向いている相性かもしれません。

ただし理屈っぽい一面があるため、一度口論になると平行戦が続きそう。

お互いに心を開いて、じっくり話し合う努力を怠らないことが、うまくやっていく秘訣でしょう。

第3位:B型

オープンで開放的なB型と、どこかミステリアスなAB型。会ってすぐに意気投合する相性ではないかもしれません。

どちらかが片思いをして、ゆっくりと愛を育んでいくような展開になりそうです。

最初のうちは、AB型の謎めいた部分にどんどんひかれていくB型ですが、なかなか自分の気持ちを伝えてくれないAB型にやきもきしてしまうかも。

そしてAB型は、B型のマイペースさに戸惑ってしまう可能性があります。

しかし、そこを乗り越えていけば、適度な距離を保って協力し合えるバランスのいいカップルになれるでしょう。何があっても好きでいられるかがカギです。

第4位:O型

残念ながら、相性ワースト1位はO型です。

知的でクールなAB型は、恋愛をする時も相手を冷静に観察して、自分にとってベストな相手かをチェックしています。

しかし、そんなAB型に対してO型は、どうやって距離を近づければ良いのか悩むかもしれません。

2人がうまくやっていくには、O型が自分の気持ちを押しつけすぎず、常に対話形式で進めていくことが大切。

AB型に対して「どう思う?」「何がしたい?」と意向を引き出すことで、程良い距離感を築くことができるでしょう。

次ページ:AB型と相性のいい血液型ランキング【仕事編】

SHARE