お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

初デートはどこまで進んでOK? おすすめのスキンシップを紹介

#Lily_magazin

「初デートではどこまでスキンシップをとっていいのか」と悩む人も少なくないのでは? すでに付き合っている場合、交際前の場合など、相手との関係性によっても異なります。そこで今回は、初デートにおけるスキンシップについて解説していきます

初デートではどこまでスキンシップを進めて良いのでしょうか。間違った判断をすることで、相手から嫌われたくないですよね。

この記事では、初デートでどこまでスキンシップを進めて良いか解説していきます。

初デートでどこまで進んでいいの?

初デートがうまくいくかによって、その後の2人の関係が変わるといっても良いほど。

そんな大事な初デートでどこまでスキンシップを進めて良いかは、多くの人が悩むことでしょう。ここからは初デートのスキンシップについて、2人の関係性を交えながら解説していきます。

(1)軽く触れる程度のボディタッチ

軽く腕や肩に触れる程度のボディタッチであれば、初デートでもOKです。

道案内をする際に腕に触れたり、相手の話にリアクションをする際に肩に触れたり、自然なタイミングでボディタッチをするのがおすすめ。

ただし、まだお付き合いをする前であれば、あまりベタベタと相手の体に触ることは控えた方が良いでしょう。

(2)手をつなぐ

手をつなぐことでグッと二人の距離が縮まります。相手に手を差し出してみて、嫌がる様子でなかったら手をつないでも良いでしょう。

お付き合いをしてから初めてのデートという場合は、手をつなぐことで恋人同士になった実感が得られるかもしれません。

まだお付き合いをする前に手をつなぐこともありますが、その際でも恋人つなぎをすることはおすすめしません。交際前に距離を縮められることを嫌がる人もいるためです。相手の様子を見た上でアクションするようにしましょう。

(3)ハグをする

ハグは愛情表現だけでなく、相手への感謝を示したり、喜びを示したりする行動です。デートの別れ際、楽しい時間を過ごさせてくれた相手へハグをしたくなることもあるでしょう。

すでに恋人同士の関係であれば、初デートでハグをしてもOKでしょう。ただし人目の多い場所では控えるなど、相手への配慮が必要です。

(4)キスをする

お付き合いをしてから初めてのデートという場合は、キスまで進めてもOKでしょう。

ただし、スキンシップを進めるスピードは人それぞれで違うもの。

「嫌がってなさそうだったから」「良い雰囲気だと思ったから」といった判断で事を進めるのは危険かもしれません。たとえ恋人同士であっても、きちんと同意を得ることが大切。

また、付き合う前の段階であれば、キスはしない方が良いでしょう。相手に不快な思いをさせてしまう可能性や、「恋人でもないのにキスをする人なのかな」と思われてしまう場合もあるからです。

(5)体の関係

すでに恋人同士である場合でも、初デートで体の関係まで持つのはおすすめしません。遊び目的と思われてしまう可能性が高いためです。初デートがどれだけ楽しかったとしても、その日はきちんと家に帰すことが大切です。

ただしお互い年齢を重ねている場合や、結婚を前提にしたお付き合いである場合はこの限りではありません。そういった場合でもしっかり相手の同意を確認することは忘れないようにしましょう。

次ページ:初デートでのスキンシップのポイント

SHARE