お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

エコバッグのたたみ方とは? 簡単コンパクトにたたむコツ

moeka

小さくたためず、カバンの中でかさばってしまうエコバッグ。どんなたたみ方をすれば、綺麗にしまえるのでしょうか。写真つきでエコバッグをコンパクトにたたむコツを解説します。また、ゴムなどを使ってほどけにくくたたむ応用も併せて紹介します。

レジ袋の有料化により、エコバッグを持ち歩くようになった人は多いはず。カバンの中に1枚入れておくだけで、買った物をたくさん入れられるエコバッグはとても便利ですよね。

しかし、うまくたためず、かさばってしまう悩みを持つ人もいるでしょう。購入当初はとても小さく折りたたまれていたのに、自分でたたもうと思うと小さくできなかったという経験はありませんか?

今回は、エコバッグを小さく折りたたむ方法を写真つきで解説します。

エコバッグの基本的なたたみ方

さっそく、エコバッグをコンパクトに折りたたむ方法をチェックしていきましょう。

さまざまな種類のエコバッグに適したこのたたみ方。以下のような手順で折りたたむことで小さく持ち運ぶことができます。

今回は、一般的なレジ袋型のエコバッグを例にたたみ方を紹介します。

1.3分の1を 内側に折ります。

エコバッグのたたみ方

2.反対側も3分の1 を内側に折ります。すると、左右の折った部分が写真のように重なります。

エコバッグのたたみ方

3.持ち手部分を下に折ります。

エコバッグのたたみ方

4.上から4分の1 程度を 下に折ります。

エコバッグのたたみ方

5.続いて、下から4分の1 程度 を上に折ります。

エコバッグのたたみ方

6.先ほど折った下の部分と持ち手部分を、上の隙間に入れ込みます。

エコバッグのたたみ方

7.完成です。

エコバッグのたたみ方

特別なポケットや、丸めるためのゴムなどがなくとも、このように小さく折りたたむことが可能です。

また、上の部分の隙間に下の部分入れ込んでいるため、カバンの中に入れていてもエコバッグがほどけにくいのがポイント。かさばらないので、持ち運びに便利でしょう。

ゴムを使った応用のたたみ方は?

ほどけにくいエコバッグのたたみ方

先ほどのたたみ方だけだと不安な場合は、ゴムバンドやひもで留めるのがほどけにくくする1つの手段です。

基本的には先ほどのたたみ方と同じで、完成したら写真のようにゴムなどで留めておきます。万が一たたみ方がラフだったとしても、カバンの中で広がる心配がありません。

エコバッグを留められそうなものが手元にあるならば、こちらも試してみてくださいね。

次ページ:そもそもエコバッグとは?

SHARE