お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

告白の返事を保留にする女性心理。脈あり・脈なしの可能性とは

#Lily_magazin

告白の返事を保留にされると、不安な気持ちになりますよね。脈なしなのでは? と心配になったり、返事待ちの期間中に冷めてしまったり。今回は、告白の返事を保留にする女性心理を脈あり・脈なしの場合に分けて解説します。

「告白してくれてうれしいけれど、返事はちょっと待って」と言われてしまった経験はありませんか?

勇気を出して告白したのに、返事を保留にされてしまうと少し不安になりますよね。

今回は、告白の返事を保留にする女性心理を紹介します。保留にされても脈ありの可能性があるので、ぜひチェックしておいてください。

告白の返事を保留にする女性心理

女性が告白の返事を保留にする理由はさまざまです。今回は、脈ありの場合・脈なしの場合に分けて返事を保留にする心理を紹介します。

告白の返事を保留にする女性心理【脈ありの場合】

まずは、脈ありなのに返事を保留にする理由を紹介します。脈ありなのにすぐにイエスと言わないのには、いろいろな理由が考えられます。

(1)恋愛経験が少なくて戸惑っているから

恋愛経験が少ない女性は、恋人ができることに不安を感じているのかもしれません。

どのように恋愛関係を進めれば良いのか分からず、すぐには答えを出すことが難しいと感じているのかも。

この場合、ゆっくり考える時間を与えてあげる他、いきなり恋人同士にはならなくても、親しい友達のような関係性から築いていくのも1つの手です。

(2)今の関係性を壊したくないから

仕事の同僚や仲の良い友達同士だと、今の関係性を壊したくないという理由で返事を保留にすることもあります。

「もし別れたらどうしよう」と先のことを考え、好意があってもOKするのを躊躇しているのかもしれません。

(3)彼女の友達があなたに好意を寄せているから

彼女の友達や知り合いがあなたに好意を寄せており、それを彼女が知っている場合、告白をされたら戸惑ってしまうもの。

自分の恋愛を優先させたい気持ちもありますが、友達や知り合いの気持ちも大切にしたいと思っていることもあります。

この場合、気持ちの折り合いをつけるのに時間が掛かる可能性があります。

(4)元恋人を忘れられないから

まだ失恋から立ち直っていなかったり、元恋人への未練があったりする場合は、次の恋愛に進む気持ちの準備ができていないのかもしれません。

あなたへの好意があっても、まだ元恋人への思いもある……。そんなもどかしい時期なのかもしれません。

こんな時は、彼女に考える時間を与えてあげることが重要です。

(5)焦らしたいと思っているから

好きだった相手から告白されてうれしいものの、今後の展開を考えて少し焦らそうと思っているパターンです。

駆け引き上手な女性や、小悪魔的な性格の場合、告白の返事を保留にして相手を焦らすというテクニックを使う場合もあるようです。

告白の返事を保留にする女性心理【脈なしの場合】

続いて、脈なしの場合の女性心理を紹介します。脈がないにも関わらず、なぜその場で告白を断れないのでしょうか? それには、さまざまな理由がありそうです。

(1)恋愛対象になるか考えたいから

友達としては良い人だけれど、まだ恋愛対象として見られないパターンです。即答で断るレベルではなくても、恋愛対象になりそうか少し考えたいと思っているのかもしれません。

この場合、今後の言動次第でOKをもらえる確率は上がっていくでしょう。

(2)あなたを悲しませたくないから

「せっかく告白してくれた相手を傷つけたくない」という理由で返事を保留にする女性もいます。

いずれ断ろうとは思っているけれど、どう伝えるべきか、なるべく傷つけない方法を模索しているのかもしれません。

(3)キープしたいと思っているから

本命は別にいるものの、キープの存在も欲しいからという小悪魔的な理由で返事を保留にする人もいます。本命との進展次第では、あなたの告白をOKする可能性がありそうです。

まだそこまでの好意があるわけではなくても、キープとして残しておきたいと考える人も中にはいるのでしょう。

(4)保留にして返事をうやむやにしたいから

本当はすぐに断りたいけれど、直接的に断るのは気まずい……といった理由から、返事を保留にすることでうやむやにしたいと思っているパターンです。

職場などで顔を合わせるため、直接的に断ると関係性にひびが入ることを恐れている場合も考えられます。

次ページ:告白の返事を保留にされている時の過ごし方

SHARE