お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

【第4話】それは真実? 第2の殺人の犯人

#最愛考察

やまとなでし子

恋愛・婚活コラムニストのやまとなでし子さんが、TBS金曜ドラマ『最愛』を毎週考察&展開予想するコラムです。かつて心を通わせた梨央と大輝が、殺人事件の重要参考人と刑事として再会を遂げるラブサスペンス。犯人は一体誰なのか!?

※このコラムにはドラマ『最愛』第4話までのネタバレが含まれます。

(c)TBS

第4話では、渡辺父(酒向芳)の殺人の真相が明らかに。これで肝となる2つの殺人の大枠が明らかになり、どんどん目が離せない展開になってきました!

そこから浮かんだ疑念について考察していきたいと思います。

情報屋=優が確定

(c)TBS

以前より、情報屋は梨央(吉高由里子)の失踪した弟・優(高橋文哉)ではないか? という線で考察を進めていましたが、今話でそれが確定しました。

大輝(松下洸平)に潜伏先を突き止められ、そこで鉢合わせてしまった優。優は逃亡し、大輝はそれを追いかけるも、結局踏切に阻まれて優を逃すことに。そこで大輝が優に向かって「逃げても無駄だ! 逃げたって何も変わんないぞ!」と叫んだわけですが、この言葉はすでに大輝が情報屋=優であることに気づいていて、そのダブルミーニングだったのでしょうか。

「今この瞬間見つかったことに対する逃走」と「過去から現在まで現実と向き合わずに逃げたこと」この2つの意味が刺さり、実際に優は突き動かされて行動に移すことになるわけです。

第2の殺人の真相と第3の殺人!?

(c)TBS

優は、梨央と大輝に真実の動画を開示しました。それは、第2の殺人が行われたあの日の公園での一部始終を、優が撮影していたものでした。

梨央に対して、渡辺父が土下座、もしくはすがっているような形になり、怒ったように梨央が立ち去った後、それを撮影していた優の存在に気づいた渡辺父が優を襲い、対抗した優が首を絞めた拍子に渡辺父が池に落ちてしまう……といったものでした。

しかし、渡辺父の死因は後頭部の怪我でしたよね。池に落ちた時に岩などにぶつけてしまったということでない場合は、彼にとどめを刺した第三者がいる可能性があります。

第1の殺人、渡辺康介(浅井大智)の時の証拠動画も、今回の優の動画も、完全にとどめを刺した瞬間は映っていないんです。両方とも、優がきっかけを作ったことは紛れもない事実ですが、決定打は優であってほしくない、という一縷の望みを込めたい……。姉弟が不幸になる鬱エンドは見たくないのです。

しかし、この2つの殺人の大枠が分かり、梨央が手を下していないのがはっきりしたとなると、第1話で梨央が警察に連行されていた姿にますます疑問符が浮かびますね。

顔に血がついていたように思うのですが、さらなる大きな事件、もしかすると第3の殺人がこれから起こる可能性も?

500万円の出どころはやっぱり真田梓?

(c)TBS

今回、真田ウェルネスを陥れる内容の週刊誌のゲラが撒かれ、真田梓(薬師丸ひろ子)もそれを目にすることとなりましたが、その見出しが「渡辺父の持っていた500万円の出どころが真田関係からでは?」といった内容でした。

梓の元に記事が渡った時、一瞥しただけで読むこともせず、ため息をついたんですよね。会社を中傷する内容であれば、ある程度は内容確認しませんか? 見出しを一瞥してため息、というのはやはり500万円の真実について知っているような印象を受けました。

(c)TBS

また、役員会で上記の記事から500万円について事実確認を行うために社内調査を行うような話が出ましたが、弁護士・加瀬(井浦新)もあえてそれを避けさせるような論調で話を流していました。

常に梨央を守り、彼女が無関係であることを知る彼であれば、調べさせてその潔白を裏づけることをした方が、今社内で置かれている梨央のつらい立場も少しは改善すると思うのです。

しかしそれをあえてさせなかったということは、やはり社内に500万円の出どころがあり、それがバレてはならない、守りたい立場の人がいる? となるとやはりそれは梓しかいないように感じます。

本当は朝宮でいたかった? 優の気持ちが隠れたパスワード

(c)TBS

昔は、いつも携帯電話と一緒にメモ帳を首から下げていた優。記憶を失ってしまう特性を補うために、そこに記録を取っていたのでしょう。

今はいつも耳につけているイヤホンが実はカメラで、常に自分の視点を録画して、その特性を補う役目を担っているのでしょうか。渡辺父と争った時の映像も、撮影の視点が目線と同じくらいでしたよね。争ってもカメラを落とすこともなかったですし。

また、現在は改名して生田誠として生活をしていることが発覚した優。以前、梨央の前から消えた際に「朝宮優であることも、姉弟であることも捨てたい」と言っていましたが、今回の動画のパスワードは“YA55”。そう、YUU ASAMIYAのイニシャルを取ったものでした。

まだ朝宮であることも、梨央との関係も捨てたくない気持ちがどこかに残っていたのでしょうか。

フリーライター橘に浮かんだ疑惑

(c)TBS

今回もブランドづくしで決めまくってくれた梨央社長。バッグはフェンディのアイコンバッグである「ピーカブー」。

そして、宝飾品はオールカルティエでばっちり決まっておりました。指輪とネックレスはカルティエを代表する「トリニティ」でそろえ、時計は「ベニュワール」、その反対の腕には「ジュスト アン クル ブレスレット」。いやー、庶民的なせんべろ系飲み屋とのギャップがすごかった。

また、フリーライターの橘(田中みな実)の経歴が今回明かされましたが、ちょうど休学をしていた2006年はまさに第1の事件、渡辺康介の失踪事件が起きた年なんです。橘が執拗に真田ウェルネスを追っているのは、何か事件と関係がある人物だからという可能性も出てきました。

次回はどんな謎が明らかになるのか、さらに視聴者を謎の渦に落としてくれそうで期待が高まりますね。

(やまとなでし子)

※この記事は2021年11月11日に公開されたものです

やまとなでし子

大和撫子とは対極にいるアラサーJK(女子会社員)。合コン、婚活、過去出会った世にも不思議な男性たちや日常についての備忘録をTwitterとブログで綴っている。

Twitter:@yamatonadeshi5
ブログ:男性見聞録

この著者の記事一覧 

SHARE