お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

「バズる」の意味は? 語源や類語を解説

レン

SNSなどでよく見聞きする「バズる」という言葉。その意味をよく分からないまま使用していませんか? 認識が曖昧なまま使うより、言葉の意味をチェックして正しく使いましょう。今回は「バズる」の意味や語源、類語を紹介します。

SNSやWebの記事などで見かける機会がある「バズる」という言葉。「正直なところ意味がよく分からない」と感じていませんか。

そこで「バズる」の意味や語源、類語などについて分かりやすく解説します。ぜひ内容をチェックしてみてくださいね。

「バズる」の意味と語源

まずは「バズる」の意味と語源を見ていきましょう。

意味は「短期間で話題になること」

「バズる」とは、SNSなどを通じて短期間で多数シェアされて大きな話題となり、大勢の注目を集めている状態を意味する言葉です。

バズる・バズった・バズっている、というふうに活用できます。

Twitterで「RT」や「いいね」が多い状態の時に使われる例が顕著です。

ただし対象となるSNSはTwitterに限りません。InstagramやFacebookなどのSNSでもバズる例は多々あります。

語源は「buzz」

「バズる」の語源は、英語の「buzz」だと考えられます。「buzz」とは「人のざわめき・噂話・評判」などの意味がある言葉です。

うわさ話で人々が騒ぐ、という意味合いがあるため、SNSで騒がれているという状況に合致します。

また、「バズマーケティング」という用語も、「バズる」という言葉の語源だとされるものの1つです。バズマーケティングとは口コミで拡散を誘導するというマーケティングの手法のこと。

どちらも「バズる」という状況に合った内容だと考えられます。

次ページ:「バズる」の基準は?

SHARE