お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

ネットで見る「チー牛」とは? 意味や元ネタを解説

ino

「チー牛」とは、元々「チーズ牛丼」の略称です。ですが、ネットスラングでは「陰キャラ」の意味を持つことをご存じでしょうか。この記事ではそんな「チー牛」について、意味や使い方を解説。知らなかった方もこの機会に覚えてみてください。

「チー牛」とは、「チーズ牛丼」の略称です。しかし、ネットスラングとしてはそれ以外の意味もあるとご存じでしょうか。

ネットのみならず、実際の会話でも「チー牛」という言葉を聞いたことがある方もいるでしょう。

そこで本記事では、「チー牛」について意味や使い方を解説していきます。

「チー牛」とは? 意味と語源

「チー牛」とは、元々は「チーズ牛丼」の略称です。ただし、ネットスラングでは「牛丼屋でチーズ牛丼を頼んでいそうな、地味な陰キャラ」といった意味で使われる場合もあります。

かなり偏見が詰まった言葉ではありますが、2019年頃から流行り始め、今ではネットスラングとして定着しています。

「陰キャラ(陰キャ)」は、陰気・根暗といった性格の要素のみを含む言葉なのに対し、「チー牛」は、顔立ちが幼い、年齢に見合っていないという外見のステレオタイプも含む言葉であるのが特徴です。

「チー牛」は、本来の「チーズ牛丼」の意味からかなり逸脱した言葉だということを覚えておきましょう。

「チー牛」の語源


「チー牛」の語源は、ある1枚のイラストから来ているといわれています。めがねをかけた大人しそうな男性がチーズ牛丼を頼んでいる場面であり、そのイラストがインターネット上で話題になりました。

その結果、大人しそう、幼いといった見た目をやゆして「チー牛」「チー牛みたいな顔」と言われるようになったのではと考えられます。

次ページ:「チー牛」の使い方

SHARE