お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

おしゃれなハーフアップのやり方! くるりんぱ・お団子などのアレンジまとめ

kido airi

ショートボブ・ボブでも上手に仕上げるコツは?

髪全体の半分だけを結ぶハーフアップは、ショートボブ・ボブなど短い髪の人でもチャレンジしやすい髪型です。

ただし、崩れやすかったり、毛束が浮いて、まとまりのない印象になることもあるので、しっかり上手に仕上げるコツを抑えて、髪が短くてもスッキリとまとまりのあるハーフアップに仕上げましょう。

低めで結ぶのが崩れにくいポイント

低い位置で結ぶことで、髪が短い方でもパラパラと髪が落ちてきたり、崩れてくるのを防ぐことができます。耳より前にある顔にかかる髪は後れ毛として残しておくと、自然なニュアンス感のある仕上がりに。

バランスを見ながらちょうど良い好みの量を後れ毛として残しておきましょう。

ギュッときつく結ばない

きつく結びすぎると、毛束が浮いてきてしまうこともあるので、低い位置でゆるく結ぶことを心掛けましょう。ロングヘアの基本のハーフアップスタイルと同様にトップを引き出し、程良くほぐすと、動きのある今っぽいヘアスタイルが作れます。

この時、引き出しすぎると崩れやすくなったりまとまりのない印象になってしまうので、少しずつ引き出すのがバランス良く仕上げるコツです。

最後はヘアピンで留める

髪が崩れやすい部分や後れ毛が気になる箇所は、ヘアピンで留めて崩れを防ぎましょう。付ける場所やつけ方を工夫することで、ヘアスタイルのアクセントになり、周りの目を引くワンランク上のおしゃれな印象が作れますよ。

可愛いヘアクリップをアクセサリー感覚で

バンスクリップなどのヘアクリップ類をアクセサリー感覚で付けるのもおすすめです。気になる後れ毛や崩れをしっかりとまとめながら、格段とおしゃれに仕上げることができます。ぜひお気に入りのクリップを取り入れて、遊び心たっぷりな周りとの差がつくヘアスタイルにチャレンジしてみてください。

次ページ:くるりんぱハーフアップが簡単でおしゃれ

SHARE