お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

「もうだめぽ」はどんな意味? 元ネタや使い方について解説

るりは

「もうだめぽ」という言葉を聞いたことはありませんか? なぜ「もうだめ」という言葉の後に「ぽ」という言葉がついたのでしょうか。今回は、そんなネットスラングの元ネタや使い方について解説します。

「もうだめぽ」という言葉をネットやSNS上などで見かけたことはありませんか?

また、「もうだめ」という言葉の後になぜ「ぽ」がついたものを使うようになったのか、ご存じでしょうか。

今回は、スラングの「もうだめぽ」の意味や由来、使い方などについて紹介します。

「もうだめぽ」ってどんな言葉?

「もうだめぽ」とは、2000年代にネット掲示板でよく使われていたネットスラングの1つ。

では、これはどういう意味やニュアンスで、なぜこのような言葉ができたのでしょうか。さっそく意味と由来を調べていきましょう。

「もうだめぽ」は「もうだめだ」という意味

もうだめぽとは言葉のとおり「もうだめだ」という意味。自力でどうしようもないほど追い詰められた時に使います。

「もう」をつけずに「だめぽ」という言葉だけで使うこともあります。

「もうだめぽ」という言葉ができた理由

2001年にファイル共有ソフトのWinMXを使っていたユーザーが、著作権侵害で一斉検挙されるといううわさが流れました。

きっかけは、そのWinMXユーザーの1人がネット掲示板に記した「警察が家に踏み込んできた」という書き込み。

投稿者は2階の自分の部屋にいたらしく、1階で行われている親と警察の押し問答を30分程ネット掲示板に書き込んだ後、警察が自室に踏み込んできたことを告げ、「もうだめぽ」と最後に書き残してスレッド上から消えました。

当時問題になっていたWinMX使用者の逮捕が本当に起きたとされること、そして「もうだめぽ」という言葉は最後の断末魔であったのではないか、ということが話題になり、その他のユーザーにとって印象的に残る言葉となりました。

その後、「もうだめぽ」はネットスラングとしてさまざまなネット掲示板で使われるようになり、爆発的に流行しました。

なお、この時に「もうだめぽ」と書き込んだユーザーが本当に逮捕されたのかは謎のまま。現在でも、この当時に起きたことが真実なのかうそなのかは判明していません。

「もうだめぽ」を示す顔文字は?

そんな「もうだめぽ」というスラングは、顔文字と共に使われることが多い表現。ここでは、その中でもよく使われる顔文字を紹介します。

(´Д⊂ モウダメポ

モウダメポ?_φ(゚∀゚ )アヒャ

ヽ(τωヽ)ノ モウダメポ

モウ(゚∀゚)━( ゚∀)━(  ゜)━(  )━(`  )━(Д` )━(´Д`;)ダメポ

一番上に記載したのが「もうだめぽ」を表現する上でメジャーな顔文字。

とはいえ、さまざま形の顔文字が作られており、それぞれ「もうだめぽ」が持つゆるいニュアンスを上手に伝えてます。

現在では死語に近い言葉?

「もうだめぽ」という言葉は、2000年当時はネット掲示板でよく使われていました。しかし、徐々に使われなくなっていき、現在ではあまり見かけないという人も多いかもしれません。

そういう意味では死語と考えられますが、今でも使っている人たちは存在しています。

また、意味も通じやすいスラングなので、今使ってもおかしくはない言葉であると言えるでしょう。

「もうだめぽ」の使い方

では、「もうだめぽ」という言葉はどのように使えば良いのでしょうか。ここでは、例文を挙げて解説していきます。

例文

・停電で今までパソコンで作ってたデータが全部消えた……。もうだめぽ

・ソシャゲでガチャ回すのに課金しすぎた。なのに出なかった。もうだめぽ

・10社も面接したのに全部落ちた。もうだめぽ

このように自力では状況を改善することができず、絶望した時に使われます。本当にひどく落ち込んでいるというよりは、ゆるく脱力した気持ちを示すのに最適でしょう。

次ページ:「もうだめぽ」から派生した言葉って?

SHARE