お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

感情的にならないための10の方法! 原因やおすすめの本も紹介

大西みき

感情的にならない人の特徴

すぐカッとなる人と穏やかな人との違いはどこにあるのでしょうか。

感情的にならない人の特徴を知り、参考にしてみましょう。

(1)冷静に感情を分析できる

自分の感情や状況を冷静に分析できる人は感情のコントロールがうまく、基本的に穏やかな性格です。感情的になることはまれで、落ち着いた印象を相手に与えます。

物事を正確に把握した上でしっかりと考えてから行動や会話をするため、対人関係であまり失敗がありません。

(2)ストレス発散が上手である

好きなものを食べたり好きなことをしたりすれば、嫌な出来事やネガティブな感情からきたストレスを発散できます。

また、そのようにして自分を癒やせば、心にゆとりができます。

感情的にならない人はこまめなストレス発散で心に余裕を持っているので、いら立ちや怒りをコントロールできます。

(3)相手も自分も尊重できる

相手も自分も尊重できる人は、感情的になることもありません。

このような人は、相手を尊重し、相手の意見を受け入れることができます。

そして、自分のことも尊重しているので、自身の意見もきちんと伝えることができます。そのため、自分の気持ちを抑圧してストレスをためることもありません。

相手も自分も尊重できる人は、「考え方や意見は人それぞれ」と理解しているため、自分とは異なる考えや意見も受け止めることができます

(4)冷静な行動ができる

感情的にならない人は冷静に判断し、行動します。

どちらかと言えば慎重な人が多い傾向にあるため、感情に任せた行動はあまり多くありません。客観的な視点を持ち、アクションを起こす前によく考えるため、落ち着いて行動できます。

(5)柔軟な考え方ができる

感情的にならない人は、予想外の出来事でも受け入れられる柔軟さを持ち合わせています。

物事はいつも完璧に進むわけではないことを理解し、他の可能性も認めているため、思い通りにならなくてもあまりストレスを感じません。

次ページ:感情的にならないための10の方法

SHARE