お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

エクセルの重複データを削除・抽出する4つの方法

どいまちこ

ビジネスでエクセルを有効に活用している人は多くいます。しかし、データ内に重複があると信用問題につながる場合も。今回は、重複データの抽出や削除の方法を4つ解説します。ぜひ参考にしてみてくださいね。

ビジネスシーンでMicrosoft Excel(以下エクセル)は、売上や商品のデータ、在庫管理まで幅広く活用できます。しかし、入力したものが重複していた場合の修正をするには、かなりの労力が必要です。

今回はエクセルにおける「重複データの抽出や削除」をする方法を4つ解説します。ぜひ、参考にしてみてくださいね。

重複データを抽出と削除する4つの方法

エクセルの表やリストの「重複データの確認」をする場合、件数が少なければ目視でも確認ができます。しかし、件数の多い場合には見落とすリスクがあるため注意が必要です。

そこで、エクセルの「重複データ」を検索する機能を利用して、効率的に活用しましょう。

(1)「条件付き書式」から行う方法

はじめに解説する「重複データ」の抽出の方法は、「条件付き書式」を使い重複データを抽出する方法です。

「条件付き書式」は、選んだ範囲の中にある「条件を満たしたセル」のみを抽出し、修正や削除ができる方法になります。

STEP1:まずは、画像①の「重複をチェックしたい範囲」を選びます。②ホームのスタイル内にある③「条件付き書式を選択」より、④「セルの強調表示ルール」を選択し、⑤「重複する値」を押下します。

STEP2:「重複する値」のダイアログが表示されたら、⑥「OK」を選択すると重複しているセルの色が変わり、確認が可能となります。

(2)「重複の削除」から行う方法

先ほど紹介した「条件付き書式」の方法では、1つの列に対してのみ「重複」の確認ができます。

次に紹介する「重複の削除」は、複数の行を選択し、重複している箇所を自動で削除する方法です。

STEP1:まずは、①「データ」を選択し、データツール内の②「重複の削除」を選択してください。「重複の削除」のダイアログが表示されたら、重複のチェックをしたい項目にチェックをいれます。

例として、日付・商品番号・商品カテゴリーにチェックを入れて③「OK」を押します。

STEP3:結果、No.6とNo.10が重複していたため、自動的に「No.10」が削除され残数は9個となりました。ダイアログでは、残った任意の値と削除した値が表示されます。

(3)「COUNTIF関数」から行う方法

次に解説する「COUNTIF関数」は、指定する条件と一致するセルを抽出し、「条件にヒットしたセルの個数」を表示する関数です。

COUNTIF関数=COUNTIF(範囲,検索条件)

STEP1:まずは、画像①のように、関数を入れるセルを設けます。そこにCOUNTIF関数を入れ、範囲と検索条件を入力します。画像では、②のセルに「=COUNTIF(A3:A17,A3)」と入力しました。

STEP2:関数の数字が表示されたらドラッグし、結果を出したいセルまでコピーしましょう。

STEP3:重複しているものに「2」と数字が表示されました。これは、2個重複していることを示しています。「2」と表示しているセルは重複しているため、手動で「2」の表示がある行を削除しましょう。

(4)「フィルター」から行う方法

最後に解説するのは、「フィルター詳細設定」を使い、重複データを抽出してリストを作成する方法です。

STEP1:まずは、画像①の「データ」を選択し、②フィルター内の「詳細設定」を選択。

③「指定した範囲」にチェックを入れ、④「リスト範囲」と⑤「抽出範囲」を選択し、⑥「重複するレコードは無視する」を選択し、⑦「OK」を押下します。

STEP2:「商品カテゴリー」が重複することなく、抽出完了となりました。

次ページ:エクセルの機能を活用して重複データを整理しよう

SHARE