お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

エクセルでのグラフ作成方法は? グラフの種類とともに解説

武田 麻希

エクセルを使うなら、グラフの作成方法を覚えておくと活用の幅が広がります。2軸のグラフだけでなく3軸のグラフもあれば、折れ線グラフや複合グラフなどさまざまです。今回は、エクセルでのグラフの作り方や活用法を解説します。

ビジネスで数字を使ったデータを作成するのであれば、グラフを活用することで分かりやすい資料作成ができます。

エクセルを使えば簡単にグラフ作成できるので、仕事でエクセルを使う機会があるなら、ぜひ活用法を覚えておきたいですよね。

今回はエクセルでのグラフ作成方法や活用方法を紹介します。

エクセルでのグラフの基本的な作り方

エクセルでは入力したデータをもとに、グラフを作成できます。グラフの種類は多いですが、作成方法は基本的に同じです。

ここでは、エクセルでのグラフの基本的な作成方法を紹介します。

なお、こちらの記事で使用しているのはMac版のエクセルです。OSや機種によって表示や操作方法が多少異なる場合があります。

STEP1:データ範囲を選択する

まずはエクセルにグラフのもととなるデータを入力します。

その後、グラフを作成したいデータを選択してください。各項目名まで選択しておくと、後の調整が簡単に済みます。

STEP2:グラフの種類を選択する

項目を選択した後は、グラフを作成します。まずは「挿入」タブをクリックしてください。

画面中央あたりにある「おすすめグラフ」から、データに合うグラフの種類を選択して、グラフを挿入しましょう。

次ページ:グラフの編集方法

SHARE